グルメ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2011年11月17日

西友で価格390円のボジョレーヌーボーを解禁日11月17日に購入。安い

2011年11月17日の今日はボジョレーヌーボー解禁日。毎年この11月の第3木曜日あたりになるとテレビでもわいわいがやがやとボジョレーの解禁の話が話題になるので気になりますが、基本的にはあまり意識はしていませんでした。

でも、今日も朝からボジョレーヌーボー解禁日の話がテレビでも取り上げられ、各地でイベントも行われていたようで、それにつられてしまってテレビで紹介していた西友のボジョレーヌーボーを購入してきました。西友で買ってきたのは「フランソワ・フッシェボジョレー・ヌーヴォー」。

西友ボジョレヌーヴォーフランソワ・フッシェ写真.JPG西友ボジョレヌーヴォー390円格安写真.JPG

この西友の販売するボジョレーヌーボー、なんと価格が390円と安い。もちろん390円のボジョレーヌーボーはハーフボトルで、大きさは375mlと普通に売られているボジョレーヌーボーと比べて半分ですが、それでもこの価格はうれしいですね。

西友390円ボジョレ・ヌーヴォー写真.JPG とりあえず、375mlサイズだけではさみしいのでスタンダードの750mlも購入。こちらは690円でしめてボジョレーヌーボー2本で1080円なり。

西友では他にも青っぽいラベルの「フランソワ・フッシェボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーボ」という商品も販売していましたが、こちらはちょっぴり値段が高くハーフボトルで650円。ワインの味の違いはよくわからないので、やはり安いので十分ですね。

もちろん最近のボジョレーヌーボー、コスト削減と手軽に廃棄できることからペットボトル入りのワインになってますが、ボジョレヌーボーは寝かせるものではなく、新鮮さが命ですぐ飲むわけでペットボトルでも全然問題なしです。

いつもは夕食にワインなってパターンは多くないですが、今日はボジョレーヌーボーでちょっとリッチに乾杯です。

ちなみに酸味が強いボジョレヌーボー。温度は10度くらいにして飲むのがよいとか。氷を入れたりすると甘みが増しておいしくなるようですよ。おためしあれ。

参考記事ボージョレ・ヌーボー、20日に解禁。最近飲んでないね の記事

posted by MT at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2011年07月24日

すき家の牛まぶし。いろいろアイデア絞るね

一昨日は土用の丑。その土用の丑の日を一日過ぎてしまいましたが、やはりこの時期、一度はウナギを食べてみようと、牛丼で有名なすき家へ向かいました。

牛丼のすき家といっても、ウナギが食べられるのです。とすき家には行ってメニューを見ていたら、ちょっと気になるメニューが目に入ってきました。

すき家の牛まぶし写真1.JPG


それがすき家の新しいメニュー、すき家の「牛まぶし」。まさしくウナギのひつまぶしをまねて作ったというか、牛版ひつまぶしといってもいいでしょう。

それまでうな丼を食べるつもりが一気に気が変わって、この牛まぶしに注文変更。

すき家の牛まぶし写真2.JPG


ひつまぶしは3段階ですが、このこの「牛まぶし」、最初にそのまま食べて、半分食べたら付いているだし汁をかけて残りをいただくとのことで、食べてみましたが、まあ、それなりにおいしかったです。

2度目を、といわれたらやはり普通の牛丼の方がコストパフォーマンスが高いと思いますが、一度は話のネタに食べてみるのもいいかもしれません。まだ食べてない方は一度、すき家の「牛まぶし」、お試しください。


posted by MT at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2011年04月18日

やまとの味カレーのデカバージョン、バリデカ味カレー。食べ応えあります

ヤマトのバリデカ味カレー写真.JPG


やまとの味カレーってしてますか? このやまとの味カレー、子供の頃から食べていますが、なんというか、非常にできたスナック菓子で、カレー味が独特で食べ出したらとまらない、やみつきになるスナック菓子です。

このやまとの味カレー、カルビーのかっぱえびせんにも似た形のカレー味のお菓子ですが、昔は街のおばあちゃんがやっている駄菓子屋さんでよく食べたものです。最近でこそ駄菓子屋さんも少なくなってきましたが、百円ショップやスーパーでも見かけるので今でもよく買って食べるのですが、この前、やまとのバリデカ味カレーなるモノを発見、さっそく食べてみました。

味は変わらぬ、あのやみつきカレー味、でも大きさが約倍、食べ応えありました。夕食のあとにビールのおつまみで食べたのですが、あっという間に全部食べちゃいました。やはりうまいね。
しかもバリデカですから、ボリューム満点です。

このやまとの味カレーですが、どこで作っているのかよく見てみたら長崎県佐世保市の大和製菓というところ。佐世保と言えばジャパネットたかたくらいしか、思い浮かびませんが、それと並ぶ企業が佐世保にありました。

このやまとの味カレー、類似品もけっこう出てますが、類似品は類似品、なかなかやまとの味カレーに似た味にはなりますが、どこか違う。やはりオリジナルの味はオリジナルにしか出せないってことでしょうか。

これだけ長く続くロングセラーお菓子、やまとの味カレー、これからもビールのおつまみに食べることでしょうね。

posted by MT at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2010年10月01日

中日ドラゴンズ、労せずして2010セリーグペナント制覇

小粒納豆ドラゴンズ 小杉食品 写真.JPG

中日ドラゴンズマジック1としていましたが、広島に阪神タイガースが負けたことで、中日は残る1試合を残して戦わずして2010年のセリーグのペナントレースを制覇しました。敵ながらおめでとう。

昨日、阪神タイガースが横浜ベイスターズに負けたことで、阪神の優勝の目はなくなったと思いましたが、今日になるとはちょっと早かったですね。あっけない中日ドラゴンズの優勝でした。

決して中日ドラゴンズというチームが嫌いなわけではないですが、それでも何となくいやなのはいまだにあの落合博満という人物が監督を務めているということ。

いつもむすっとして、チームが勝ってもちょっとミスがあると素直に勝ったことを喜ばず、そのミスを不機嫌そうに取り上げる、そういう落合監督が好きになれないわけですが、それでも彼が監督になってからBクラスになったことってあったけ?だからこそ、中日も不人気な監督ながら落合監督を切れないわけですが、それにしても人気がなくても実力があるというは否めません。阪神タイガースはこれで巨人と2位を争うわけですが、2位は死守してもらわないと甲子園でクライマックスシリーズが行えない。

それはそうと、今日たまたまスーパーマーケットに行ったら普段見慣れない納豆を見かけました。小粒納豆ドラゴンズと書いてあってパッケージにドアラやシャオロン、パオロンは描かれていました。今まで1回も小粒納豆ドラゴンズ、このスーパーで見たことないので、この優勝を目前に便乗して売っちゃおうと仕入れたものと思われますが、こんなパッケージがあるんなら普段からおいとけばいいのにね。

阪神タイガース、今日も負けちゃったけど、ジャイアンツには負けてほしくないねえ。

参考記事阪神・矢野燿大捕手の現役引退セレモニー、すばらしかった の記事




posted by MT at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。