グルメ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年05月21日

やきそば牛丼をすき家で発見。B級グルメに大御所企業が進出ですか

昼食時にすき屋へ入ってみました。最近は吉野家も牛丼並盛を280円に値下げしたので、牛丼チェーン店の元祖吉野家へ入る機会が多く、すき屋ヘ入る機会がめっきり減っていたので、久しぶりのすき屋での牛丼並盛。もちろん280円です。

すき家のやきそば牛丼B級グルメ写真.JPG 注文した牛丼がやってきて、牛丼を食べながらふとメニューに目をやると、むむ、何? やきそば牛丼? なんだこのB級グルメ度は。このやきそば牛丼、秘伝のソースがついている期限限定のどんぶりだそうで、早めに食べないとなくなっちゃかな。

牛丼の吉野家が牛丼並盛を他社と横並びの280円に値下げしたことで、味でいえばやっぱり牛丼は吉野家が一番おいしいと思う自分としては、牛丼食べるなら吉野家へ行っちゃうようになってしまいました。すき屋としては真っ向から吉野家と味で勝負しても吉野家の牛丼に勝ち目がないとみているのか、こうした牛丼メニューのバリエーションを増やしています。

すき屋はこのほかにも牛丼メニューにカレー南蛮牛丼、高菜明太マヨ牛丼、おろしポン酢牛丼、白髪ネギ牛丼、ねぎ玉牛丼、キムチ牛丼などなど牛丼メニューを奇をてらった形で展開。オーソドックスな牛丼メニューの吉野家とは対照的な展開を見せてます。

選択肢が多いというのは、顧客にとってはありがたいのかもしれませんが、牛丼に関しては自分は普通の牛丼で十分。牛丼の値下げ合戦で、最後に笑うのは吉野家か、すき屋か、はたまた松屋か? 安いのは我々にとってありがたいことですけどね。


タグ:すき屋
posted by MT at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2013年01月15日

インガンダルマ、脂が乗ってて甘みもありすごいおいしい刺身になるらしい。でも、食べるとお尻から脂がとろーり

インガンダルマって魚知ってますか? 昨夜テレビを見てたらこのインガンダルマっていう魚のことをやってました。

インガンダルマ、いかにもおどろおどろしい名前の魚ですが、このインガンダルマって名前、大東諸島で呼ばれている方言で、一般的にはバラムツやアブラソコムツという名で呼ばれているそうです。

このインガンダルマ、そのテレビ番組によるとむちゃくちゃ脂が乗ってって、むちゃくちゃ美味しいらしい。しかも甘みがあってとろとろで、一度、食べだすとハシが止まらないらしいです。マグロの大トロはむちゃくちゃ美味しいですが、それよりもうまいようです。見た目は高級牛肉の脂身って感じです。

番組ではわざわざ沖縄の市場までスタッフがインガンダルマを探しに行きました。ところが沖縄の市場にはインガンダルマは売っていない。なぜか。インガンダルマは厚生労働省の食品衛生法によって販売が禁止されているからだそうです。

なぜ、販売禁止なのか。実はこのインガンダルマ、とろとろの甘い旨みのある脂身が普通のわれわれの食べる魚の脂と少々違うらしい。このインガンダルマの脂身の油脂成分がワックスエステル、いわゆる蝋(ロウ)ということらしいのです。このワックスエステル、人間の体内では消化することができないのです。

そしてこのインガンダルマのうまい、とろとろの脂身をある程度の量食べると、食べたその夜、もしくは翌朝、お尻の穴から知らないうちにとろりとろりと消化されない油脂成分のワックスエステルが流れ出すらしいのです。しかも、便意とは全く関係なしにこれが流れ出すらしい。

その番組では、インガンダルマが捕獲できるという南大東島へインガンダルマを探しに行きました。そしてインガンダルマを食べるスタッフは紙おむつのパンパースを履いていざ出陣。そしてインガンダルマを分けてもらえる漁師のもとへ訪ねていき、そのとろとろの刺身を食べてました。みな一様に脂がのって、ハシが進み、完食です。

食べたうちのスタッフの一人が翌日、このワックスエステルがおむつに流れ出していることを確認いて番組は終わりましたが、世の中にはそんな美味しいけど、禁断の魚があるんですね。ちょっとびっくりしました。

このインガンダルマ、南大東島では魚を食い散らかす害魚として定期的に捕獲されるそうですが、流通禁止なので購入することは基本的には無理。でも、基本的にふぐのように毒を含んでいるわけではないので、個人的に食べたり、漁師さんに分けてもらうことは可能のようです。一度、この美味しい禁断の深海魚、インガンダルマを食べに南大東島へ行く、ってのも面白そうですね。

南大東島、サトウキビが特産品というし、このサトウキビを使ってできるラム酒がまたうまいらしい。インガンダルマを肴にラム酒、一度、飲んでみたいね。お尻は気になるけど。

参考記事すしざんまいが大間のマグロを初競りで1億5440万円で落札。ライバルは来年から初競りに不参加 の記事


posted by MT at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2012年12月20日

コメダ珈琲をMBKパートナーズ、投資ファンドが買収。コメダは東海エリアだけでいい。だから価値が生まれる

コメダ珈琲といえば、名古屋を中心とする東海エリアをメインとした珈琲チェーン店。コメダ珈琲店、ほとんどのお店がフランチャイズ店の形態をとっている企業です。

そのコメダ珈琲店をアジア大手買収ファンドのMBKパートナーズが買収する方向で、同じくコメダ珈琲店の筆頭株主で買収ファンドであるアドバンテッジパートナーズと交渉の検討に入ったということです。コメダ珈琲店の筆頭株主がすでに買収ファンドになっていることさえ知りませんでしたが、なんだかこういうファンドがかかわってくる企業展開って好きじゃないね。

もちろん企業側は資金調達のために、ファンド側は上場利益や転売による利益のために絡んでくるんでしょうが、正直言ってたかだか珈琲屋さん。珈琲の味にこだわり、店主のこだわりが出ている珈琲店だからこそ、お店にお客さんが惚れ込んでお店に来るわけでしょ。

まあ、今の経営者もうまくて、チェーン展開ながらも意外にお店にコメダらしいカントリーな雰囲気などを醸し出しているし、お客さんに愛されるようなお店作りをしているので、それはそれでいい。

ただ、今後、ファンド側は将来、中国、韓国、台湾などへコメダ珈琲を進出させて企業価値を向上させるとみられる、ということで、そんな突拍子もない海外への進出などやめてほしい。東海圏内から出るだけでも、そんなもんやめとけ、と思うのに海外? やっぱりコメダ珈琲のシロノワールは名古屋へ来て、コメダへ入って食べていきなさい、と考えるのは料簡の狭い考えか。

いくらフランチャイズで、お店を増やせば本部が儲かるはいいが、やっぱりコメダ珈琲の良さは名古屋を中心とする東海圏にきて食べてちょう、ということだと思うんだけどね。
参考記事コメダ珈琲のたっぷりアイスコーヒー。1.5倍で長居できます の記事


posted by MT at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2012年07月26日

コメダ珈琲のたっぷりアイスコーヒー。1.5倍で長居できます

コメダ珈琲といえば名古屋発祥の喫茶店です。中部地方にはとりわけ店舗が多いので、休憩場所としてよく使わせていただいてます。

コメダ珈琲たっぷりアイスコーヒー写真.JPG そんなコメダ珈琲のメニューの中でもとりわけ自分が好きなドリンクメニューがたっぷりアイスコーヒー。なんのことはない、単なるアイスコーヒーですが、マグの大きさがジャンボで、通常サイズの1.5倍。

普通のアイスコーヒーだと、ちょろちょろコーヒー飲んでても意外と早くコーヒーなくなっちゃって、水のお代わりで長居しなけりゃいけませんが、1.5倍あるとけっこう時間もちます。

コメダ珈琲店、もちろんホットにもたっぷりホットコーヒーがありますので、冷たいのが苦手な人はそっちもいけます。いずれもレギュラーサイズより100円くらい高いだけです。コメダ珈琲クリームソーダ写真.JPG コメダ珈琲、夏にはこんなクリームソーダもあるので、コーヒー飲めない子供さんを連れて行っても、OK。

コメダ珈琲ミックスジュース写真.JPG また、ミックスジュース等のフレッシュジュースはこんな入れ物に入って出てきます。もしコメダ珈琲に行くことあったらチャレンジしてみてください。

写真はないですが、コメダ珈琲のコーヒーのおともの定番に、シロノワールという有名なデザートがあります。シロノワール、芸能時にもファンが多い一品で、デニッシュ生地のパンの上にソフトクリームが乗っていてこれに甘いシロップをかけて食べるのですが、これが絶品。ソフトクリームの冷たい感触は夏にも行けるし、寒い冬でもおいしいデザートです。

ぜひぜひ、どこかでコメダ珈琲のお店を見かけたら、一度お召し上がりください。おすすめです。

posted by MT at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。