ドリンク ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年11月28日

ペプシスペシャル、織田裕二のコマーシャルのトクホドリンクを飲んでみました。炭酸と甘みで食欲なくなる....

最近、コマーシャルで俳優の織田裕二がペプシコーラのコマーシャルに出ていて、何気なく、そんなCMを眺めていました。そのコマーシャルが、ペプシスペシャルのCM.

このコマーシャル、織田裕二がピザとハンバーガー、どちらか選べない男の設定でなかなか面白い演技を見せてます。昔、織田裕二が主演した東京ラブストーリーでの完治役の設定のようでなかなか笑えるペプシコーラのコマーシャルです。

このコマーシャルで宣伝しているのが「ペプシスペシャル」というトクホ、すなわち特定保健用食品です。このトクホの食品、製品ごとに消費者庁長官の許可を受けなければならないので、けっこう値段的に普通の食品より高いものが多いのです。

例えば、血圧の上昇を抑えたり、コレステロールの高めの人の値を下げたりといろんな食品がありますが、トクホの場合、ちゃんとそのデータを実験して示さなければいけないため、コストがかかるのです。なので、かけるところはそのために1億円以上もかける企業もあり、必然、そのコストが価格に反映されてくるのです。

ところがこのペプシスペシャル、希望小売価格150円と普通の値段。内容量が500mlではなく490mlなので、ここで調整してるかな。

そのペプシスぺシャルですが、脂肪の吸収を抑えるということで、ペプシスぺシャルのホームページから抜粋すると「難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにするコーラ飲料です」ということです。

ペプシスペシャル 特保 写真.JPG  先日、たまたま入ったスーパーでペプシスペシャルが100円ちょっとで販売されていたので、買ってみました。

ペプシスペシャルのコマーシャルのように、ピザやハンバーガーと一緒に食べたわけでなく、たまたま昼食で食べたうどんと一緒に飲んでみました。まったく、普通のペプシコーラと変わらぬ味でした。ただ、うどんと一緒に飲んだので、炭酸とコーラの甘みで食欲が抑えられました。ある意味、これはこれで副次的な効果があるかもしれない。

本来なら、ピザやハンバーガーなど、いかにもコーラと合いそうな食品と飲むのがいいと思うんですが、これで脂肪の吸収が抑えられれば、値段も安いし、それなりに売れそうな気がしないでもないですね。健康に気づかう人は一度、飲んでみるといいかもしれませんね。
posted by MT at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク

2010年07月11日

アサヒストロングオフとグリコのクラッツ。昼間から酔えます

アサヒストロングオフとクラッツ.JPG

アサヒストロングオフをグリコのクラッツをつまみに飲みました。昼間からのアルコールはうまかった。

アサヒストロングオフは第3のビールでリキュール類に分類され、一般的には私も何種類かこの手の第3のビールを飲んだことがありますが、だいたいがちょっとクセのあるものが多いのです。このストロングオフも飲み始めるときにちょっとした第3のビール特有のクセがあることにはありますが、飲み始めるとそれほど気になりませんでした。

このアサヒストロングオフは、アルコール度数が7度。ほかの第3のビールがほとんどアルコール度数5度の中、アルコール度数が若干高いので、やはり酔えますね。しかも低価格。それに加えて糖質60%オフということで、すっきりとしているらしい。何となく飲んでみるとそんな感じがしますね。

ローソン100でも販売していたので、早速購入。同時にグリコのクラッツという非常に香ばしいおつまみも買いました。グリコのクラッツの中ではこのペッパーベーコンが一番うまいと思いますが、これがまたビール系のアルコール飲料に合うんです。

アサヒストロングオフとクラッツで、しめて250円以下。なかなかお安く昼間から酔えたのでありました。昼間のアルコールは酔えまっせ。


posted by MT at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク

2010年05月24日

UCC缶コーヒー、ミルク&コーヒー、やはり一番おいしいのでは

ucc缶コーヒー ミルク&コーヒー.JPG


uccの缶コーヒー、ミルク&コーヒーって知ってますか?正直なところ、この缶コーヒー、uccミルク&コーヒーのあのパッケージ、物心ついたときから変わってませんね。

最近、缶コーヒーをいろいろと自動販売機で買って飲んでいるのですが、いろいろ飲んでみてもなんだか妙な甘さだったり、甘すぎたりと道もしっくりする缶コーヒーが見あたりません。

それでもたまたま久しぶりに飲んでみたこのuccのミルク&コーヒー、なんだかおいしい。それ以来、このuccのミルク&コーヒー、ちょこちょこ購入しているのですが、コーヒーのコクと甘さが絶妙です。おそらくコーヒー通と呼ばれる人にとってはあの甘さは邪道と言われるかもしれませんが、自分にとっては最高の味。

もちろんブラックコーヒーはブラックコーヒーでおいしいですが、砂糖入り缶コーヒーなら一番おいしいと思います。

190gの缶を飲んでいます。サイズによって味も変えてあるそうですが。

ところでこのuccコーヒー、ミルク&コーヒー、よく缶を見ると乳飲料。コーヒーでもコーヒー飲料でもないんですね。wikipediaから一部引用すると「乳飲料の定義は、生乳や乳製品を主原料として、カルシウムやビタミンなどを加え特定の栄養素を強化したり、果汁やコーヒーなどを加えたりして、消費者の嗜好に合わせて加工されたもの」ということ。

主原料が乳製品と言うことで、uccコーヒー、ミルク&コーヒーのまったりとしたコクの深さは牛乳から来ているということみたいです。甘いの大好きな人には一度味わってもらいたい缶コーヒーです。
posted by MT at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク

2010年04月19日

カレーラムネ、あの珍ドリンクを飲んでみた

カレーラムネ写真.JPG


木村飲料のカレーラムネなる珍ドリンクを初めて飲んでみました。

テレビなどで聞いたことがあるものの実際、販売しているところは一度もみたことがなかったこのカレーラムネ。

名神高速道路の下り線・多賀サービスエリア(SA)の売店を見ていたところ、たまたまこのカレーラムネを発見しました。ほかにもキムチ風ラムネやたこ焼き風ラムネなどもおいてありましたが、今回はこのカレーラムネをチョイス。

テレビなどではまずいなどという人もいてどんな味なのか、ちょっと気になっていましたから早速購入。このカレーラムネ160円でした。ちょうyどカレーラムネの裏の製造に関する表記を見ると静岡県島田市にある木村飲料という会社が作っているとのこと。

「インド人もびっくり!?」と書いてあるので、さっそく家へ持って帰ってむずこと飲もうと思ったのですが、息子が保育園で疲れたらしくどうしても起きてこないので、仕方なく一人で試飲。

さてカレーラムネのビー玉をぽんと押してドリンクの中に落とすと、サワーとあのラムネのさわやかな炭酸の音が聞こえます。さて一口の試しに飲んでみると....。あれれ、意外とおいしいじゃないですか。確かに飲んでからのどに落とし込むときにあのカレー独特のスパイスの味がするのですが、それもなんだか悪くない。

カレーラムネのパッケージに書かれた「カレーとラムネの不思議なコラボ」というのは間違ってませんが、これけっこういけますね。もう一度、飲んでみたくなる味わい。また行く機会があったらぜひまた買ってみたいですね。


posted by MT at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。