パソコン関連 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2014年04月02日

radikoで全国の放送が聞けるようになった。radiko.jpプレミアム、素晴らしいが月額350円(税抜)がかかるようです

ラジオがなくてもラジオ番組がパソコンやスマートフォン、タブレットでラジオ放送が聴けるradiko.jp。

そんなradiko.jpですが、難点は聴取している地域の放送しか聞けないこと。自分は大阪のABCラジオが聴きたいけれど、地域外なので聴くことができません。。

もちろんradiko.jpは聴いている場所をを判定するで、それを欺いて聴きたい放送局の地域から聴いているように判定させるする技もあるみたいで、自分も一度チャレンジしてみましたが、うまくいきませんでした。

そんな中、新年度の4月1日からradiko.jpが、新しいサービス、radiko.jpプレミアムというサービスをスタートさせました。

このradiko.jpプレミアム、月額350円(税抜)を払えば、今まで聴けなかった放送局がエリアフリーで聴こえるようになるサービスで、一部放送局は参加していませんが、ラジコ参加の民放ラジオ68局のうち、60局とほぼ全国の放送局が聴こえるようになります。

なかなかいいサービスですが、月々350円+消費税とはいえ、よほど頻繁に聴かないともったいないですね。自分はアンドロイドでrazikoというソフトで聴いていましたが、こちらはradiko.jpプレミアムという有料サービススタートで、自分の地域での放送しか聴こえなくなってしまいました。お金払ってまで地域外の放送局を聴くつもりはないので、これからはほかのネット放送でも楽しみます。


posted by MT at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連

2013年07月31日

slate7がいよいよHP(ヒューレットパッカード)から販売。カメラ付きとマイクロSDが使えるのがいいね

ヒューレットパッカードからタブレット端末「slate7(スレート7)」の内蔵メモリー8GB版がいよいよ8月6日からHPの直販サイトで発売されます。一般量販店で売られる16GBバージョンは8月下旬販売開始の予定。

HP slate7 タブレット画像.jpg このslate7(スレート7)の8GBバージョンの販売価格は1万3860円。8GBバージョンではいかにもメモリー不足ではないか、と思われる人もいるかと思いますが、このslate7(スレート7)、実はmicroSDカードスロットを兼ね備えているので、メモリーの拡張も可能。

なぜ今までのGoogleのNexus7やAmazonのkindle fire HDなどの7インチタブレット端末がmicroSDカードスロットを備えていなかったか、不明ですが、これは便利ですね。

もう一つ、これもGoogleのNexus7やAmazonのkindle fire HDにはなかった背面カメラ(300万画素)がついていること。ただ、新型「Nexus 7 2013」には500万画素の背面カメラがついてくるので、これは時代の流れかな。

slate7(スレート7)のOSはAndroid 4.1。Nexus 7 2013には最新OSであるAndroid 4.3を搭載されるようなので、ちょっと劣るかもしれませんが、そう変わらないでしょ。

しかし、1万3860円は魅力的。8GBでも拡張性があるので、意外とslate7(スレート7)売れるかもよ。自分も欲しくなったな。買っちゃおかな。

参考記事Amazonタブレット「Kindle Fire HD 8.9」が日本で発売。タブレットブームも鎮静化 の記事
アマゾンkindle fire(キンドルファイアー)HDをedionの店舗で触ってきました の記事
Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連

2013年06月01日

iPod touch他Apple製品が円安で値上げ。買えなくなった....

iPod touchといえば、現在第5世代になったAppleのwifi専用端末。第4世代のiPod touchまでは背面カメラがしょぼいパンフォーカスの100万画素程度のカメラだったのですが、第5世代のiPod touchになってオートフォーカスもついて5メガピクセルと画素数もアップして俄然、購入してもいいかな、と思っていました。

ところが、5月31日、突然、Apple社のiPadとiPod系統で約1割から2割の値上げ。一番値上がり金額が大きかったのが、iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiの128GBモデルで6万6800円から7万9800円へ値上がりで1万3000円高くなりました。

自分も欲しかったiPod touch 64GBバージョンは3万3800円から3万9800円ヘと6000円値上がり。こんな価格だったら、ちょっとした型落ちの一眼レフのカメラも買えそうで、買う気がなくなった。欲しかったのに...。

しかし、円安なんて個人的にはいいこと一つとしてないな。会社も輸出とは全く関係ないので、会社の売り上げにもまったく影響しない。なのにいろんなモノの価格が上昇するし、海外へ行ったらレートもかなり下がっててむしろ損、アベノミクスなんてろくな話ではないですわ。円安が還元されているなんて本当に一部の人だけで、むしろ大方の人にとっては迷惑千万なんじゃないですか。

Apple、今回、iPadやiPad miniも値上げしましたが、こうしたタブレット端末は、Google Nexus7やAmazonのKindle fire HDなどアンドロイド軍勢も発売してます。しかし、GoogleやAmazonの他社は今のところ値上げしない模様。価格が高くなってもともと高かったAppleの製品がさらに高くなったわけですが、値上げしてAppleは今のような売上げを維持していくことはできるんでしょうかね。ちょっと気になるところですね。


posted by MT at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連

2013年04月10日

NAVERフォトエディターがサービス中止で使えなくなった。使えるサイトだったのに

みなさん、ちょっとした画像のリサイズやモザイクをを入れたりと、画像処理をどんなソフトウエアを使ってやってますか。実は自分はNAVERフォトエディターという、今はやりのLINEを開発したLINE株式会社のオンライン画像処理サイトを使っていました。

ところが、今日、4月10日、このNAVERフォトエディターを使って画像のリサイズをしようとこのNAVERフォトエディターにアクセスしたところ、なんとNAVERフォトエディター、今日をもってサービスを中止。何たることだ。

このNAVERフォトエディター、ネットさえつながっていれば、ソフトをインストールしなくても使用することができたので、すごく使いやすかったんですが、むちゃくちゃショックですよ。NAVERフォトエディター スクリーンショット画像.jpg 正直、このNAVERフォトエディター、色の自動調整から、サイズの縮小、モザイク、そして写真の圧縮、ちょっとした加工と写真をブログに載せる前にちょっと調整したいところがあれば気軽にできたのに...。

今まで無料で使えていたものが、いきなり中止になったり、有料化されたりすると戸惑っちゃったりするわけですが、このNAVERフォトエディターのサービス中止はかなり痛かった。一応前々から告知はされていたようですが、自分は全く知らなかったので、いきなりです。

無料で使えるソフトをダウンロードしないといかんな、さて何にしよう、迷うところです。困りました。

posted by MT at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。