新製品 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年02月07日

Nexus7のSIMフリーバージョンが29800円で来た来た来た。海外なら使えそうかな

Nexus7といえば、昨年末に話題になった7インチのASUSのタブレット端末。今まではNexus7、wifiバージョンが2種類しかなかったですが、この度、Nexus7の3G回線通信バージョンがASUSより2月9日より発売されます。

このNexus7の3G回線通信バージョン、SIMカードはどこのでも使えるSIMフリーバージョン。AUは通信方式が違うので、使えないでしょうが、NTTドコモ、ソフトバンクのSIMを差し込んでの使用は可能でしょう。SIMカードはマイクロSIMなので、普通のサイズのSIMだとカットして使わないと装着できません。

Nexus7の3G回線通信バージョン、記憶媒体は32GBで販売価格が29800円。先に発売されたwifiバージョンのNexus7、16GBが19800円、32GBが24800円なので同じ32GBバージョンより5000円高いわけですが、この値段差をどう見るかでしょう。

わざわざ、このためにNTTドコモなどのキャリアとSIM契約するのもお金がかかりそうですし、日本国内で使うとするなら現実的には高速通信なら日本通信のSIMカードを購入したり、そのほかの低速通信のSIMカードを買うなりしてネットにつなぐことが考えられますね。低速のものでもfacebookやtwitterくらいは使用に耐えうるようですからね。

東南アジアなどの海外で現地のSIMを購入すれば、格安で一日使い放題なんていうデータ通信専用SIMもあるので、個人的には海外に持っていくという手を使いたいですね。自分はこういったアンドロイドタブレット、wifi通信以外使うことは多分ないけど、需要はあるんでしょうかね。まあ、いろんな商品が出るのは悪いことではないんですけどね。

参考記事 iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格.... の記事
Nexus7(ASUSエイスース)の実機を店頭で触ってみました。バッテリー交換は8400円 の記事
     Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品

2012年12月19日

アマゾンkindle fire(キンドルファイアー)HDをedionの店舗で触ってきました

アマゾン(amazon)が満を持して日本のタブレット市場に投入したアマゾンkindle fire(キンドルファイアー)HDがいよいよ、12月18日発売されました。

まあ、ネットのamazonで注文したら、しばらく発送が遅れるように書いてあったので店舗にも当然ないだろうと思いきや、ありました、ありました。実店舗に在庫があるのには驚きました。店員さんがいてKindle Fire HD 32GBの写真を撮る機会がありませんでしたが、このアマゾンkindle fire HD、商品の札を見るとまだ5、6個在庫があるようでした。

さてアマゾンkindle fire HDのスクリーンを見たのですが、きれいですわ。自分の持っている中華パッドも一応、IPSディスプレイなのですが、ムラもなく美しい。GOOGLEのnexus7同様、きれいなディスプレイです。

実際、アマゾンkindle fire HDの操作をしてみたのですが、どうやらデモンストレーションモードで、wifiの電波は飛んでましたが、ネットにはつながっていなかった様子。なのでちょっと触っただけですが、サクサク滑らかな動きで性能はかなりよさそうでした。また後日、違う店舗で触ってみたいと思います。

私は家電量販店のedionの店舗で見たのですが、そこでは32GBのメモリーの機種が19800円で売ってましたが、32GBでこの値段なら買ってもいいかな。中華パッドがあるのでそれを使いまくってからしか、買えませんが、購入意欲がわく製品でしたよ。

参考記事Nexus10(ネクサス10)の日本発売を発表。次から次へと出てくるな の記事
     iPadに勝るものない背面カメラ。中華パッドの背面カメラは役に立たない.... の記事
     楽天kobo touch(コボタッチ)をただで送りつけてきた。年会費10500円の楽天プレミアムカードだから... の記事
     iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格.... の記事
Nexus7(ASUSエイスース)の実機を店頭で触ってみました。バッテリー交換は8400円 の記事
     Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品

2012年12月17日

出前一丁チップス、日清食品ではなくコイケヤから。開けた瞬間ごま油のいい香り...

出前一丁と言えば日清食品が誇る、インスタントラーメンの金字塔。1968年に販売以来、変わらぬごま油の香りとあのしょうゆ味がいいマッチング。じぶんは煮込んで、火を止める数十秒前に卵を入れてかき混ぜてそのまま器に入れ替えて食べるのが大好きですが、あの出前一丁の香ばしい香りは天下一品です。

出前一丁、香港などアジアでも結構売れていますが、あの味がわかるのはやはりアジア人に共通といったところでしょうか。西欧人にはわからないだろうな。そんな中、スーパーでこんな商品を発見。

出前一丁チップス(コイケヤ)写真1.jpg 出前一丁チップス。さっそく購入して食べてみました。パッケージを開けた瞬間、ごま油のいい香りがフワーッと鼻をくすぐります。

出前一丁チップス写真.jpg 出前一丁チップス、食べてみると確かに出前一丁と同じくしょう油の味がします。ポテトチップスと同じ形ですが、若干厚めのポテトチップスで、歯触りも少し硬め。なので、パリパリ感があるポテトチップスという感じです。

食べ始めはかなりごま油の香りがしますが、食べているうち味に慣れてきて普通のポテトチップスと同じ感じになってしまいますが、そのあたりはどんなおいしいもの食べても一緒。おいしいものも、本当においしいと思えるのは食べ始めだけですからね。

今回は昼だったので、ビールと一緒に食べられませんでしたが、今度は出前一丁チップス、ビールと一緒に食べたいとおもいます。絶対、ビールに合うよね、この出前一丁チップス。今度、試してみようっと。


posted by MT at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品

2012年10月24日

iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格....

iPad miniがとうとうアメリカ現地時間の10月23日にアップルから発表されました

iPad miniのディスプレーのサイズは7.9型。iPadのスクリーンサイズの9.7インチよりかなり小さいサイズ。Wi-Fiモデルで308グラムとかなり軽い。この重さは先日発売されたgoogleのネクサス7の画面サイズが7インチで340グラムですからこれと比べてもかなりの軽さ。これはiPad miniの厚さがiPhone 5より薄い7.2ミリというところから来てます。

ネクサス7と違うところは、バックカメラがちゃんとあるということ。しかもiPadと同じ500万画素の裏面照射型オートフォーカスカメラを内蔵してますから、照度が多少足りなくても意外ときれいな写真が撮れると思います。まあ、この大きさでカメラを撮ろうとする人がそれほど多いとは思いませんが、あるに越したことはない。

しかし、このiPad miniのお値段、Wi-Fiモデル16GBの物が28800円。この値段微妙だな。アップル社自身が「iPadにできるすべてのことを。何一つ省かず小さくしました。」とホームページに書いているように、スペック的には何一つ不満はないですが、お値段が。ネクサス7の19800円に比べても割高。どっちがいいでしょうね。

この7.9インチのタブレットですが、個人的に持ち歩くにはちょっと大きいと思いますね。このiPad miniとほぼ同じの8インチのタブレットを所有していますが、持ち歩くにはかなり大きくて、重い。ただ、このiPad mini、かなり薄く、そして軽く作ってあるので、この点は解消されているかもしれません。

Wi-Fiモデルの予約受付は10月26日より。店頭に出たらさっそく触ってみよう。
参考記事Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。