IT関連 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年10月24日

iPad air(エア)を発表。5万1800円から、高すぎる....

年末が近くなってくると次々と新機種が発表されるタブレット端末市場。そんな中、業界の雄、アップルが新しいタブレット型端末のiPadの最新機種、「iPad Air(エア)」を発表しました。

最新機種「iPad Air(エア)」ですが、既存のiPadの液晶ディスプレイサイズ9.7インチと同じ。ただ、薄さが1.9ミリ薄い、7.5ミリ、重さがなんと183グラム軽い469グラム(wifiバージョン)となっていて、従来モデルよりも容積比での76%になっています。小さくて軽いってことは何事にも代えがたいかも知れませんね。

「iPad Air(エア)」、これだけ軽くなって、軽量化、薄型化によりバッテリー容量も減っているにもかかわらずバッテリーの駆動時間はwifi使用時最大10時間、携帯電話ネットワーク利用時で最大9時間と従来機を同じ、さすがにappleですね。

ところがこのiPad Airの値段を聞いて驚きました。一番安いタイプのiPad AirのWi-Fi版16ギガバイトの価格が5万1800円。どう考えても高い。このiPad Airのディスプレーの大きさが9.7インチなので単純には比較できませんが、2013年版の「Nexus 7」(ディスプレーサイズ7インチ)が16ギガバイトバージョンで2万7800円なのと比べると2倍近い値段がするので、これでは手が出しづらいですね。

円安などの影響で新型「Nexus 7」も旧モデルよりも8000円も値上がりして2万7800円になってます。このiPad Airの5万1800円はいかにも高すぎる。このiPad Airで仕事をする方も世の中にはいると聞いていますが、大方のユーザーは遊びに使うくらいじゃないでしょうか。せいぜい、メールをチェックしたり、写真を撮ってSNSにアップしたりするくらいが関の山で、それにこんなバカ高いiPadを使うのはよほどのアップルファンですね。

今年の最新「Nexus 7」、背面カメラも付いたし、機能面でもかなりアップしているので、画面は小さくてもこちらで十分だと思うんだけどね。自分はそれよりもさらに安いタブレット端末使ってますが、まったく不満ないですよ。バカ高い「iPad Air(エア)」ですが、日本でどれくらい売れるでしょうね。ちょっと見ものですね。

posted by MT at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2013年09月26日

サムスンの腕時計型端末「ギャラクシーギア」。売れるのか? 疑問だな

韓国サムスン電子が本国、韓国など世界58カ国で腕時計型端末「ギャラクシーギア」を発売しました。価格は299ドル。日本では10月にNTTドコモ発売されるそうで、最終的には140カ国で発売するそうです。

このサムスンの腕時計型端末「ギャラクシーギア」ですが、サムスンのスマートフォンとの連携で、この腕時計型端末でメールをうけたり、会話ができたり、カメラも撮ることができるそうです。確かに、バッグからスマートフォンを取り出さずに腕時計型の端末で通話できたりメール確認できるのは便利かな。

しかし、299ドルも払ってこんな腕時計型端末を買う人いるのかな。よほどの新し物好きしか買わないような気がするけどどうなんでしょうね。

しかし、聞くところによると腕時計型端末に関しては米クアルコムも参入予定、アップルも開発を進めているということで、それなりの需要があると見込んでいるんでしょうかね。

個人的には携帯やスマートフォンで電話したり、メールしたりするのがスタイルとして慣れているので、トランシーバーみたいに腕時計で話している姿というのは電話というイメージと結びつかないんですが、世の中、たまに予想もしないものが流行ったりするのでわからないな。

トレンドは作るものですが、この腕時計型携帯、なんだか流行りそうにもない気がしますけど、どうなんでしょうかね。

posted by MT at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2013年08月05日

ガラケーを中古で買わないといけないなんて。スマホは要らない

自分、現在、auの携帯電話を利用してます。現在、流行のスマートフォンに乗りかえるつもりは全くありません。今、使用しているガラケーの携帯電話も使い始めてそろそろ4年くらい経つので、そろそろ気分転換に携帯電話も機種変更したいなあ、と思い始めました。

そこでちょっとauのホームページでガラケーすなわちフューチャーフォンの機種を調べてみたら、なんと今年発表の最新モデルがありません。新しいものでも、本格的にところが、全然知りませんでしたが、auはカタログでも昨年発売の2012年夏モデルしかありません。しかも、1種類は韓国メーカー・パンテック社製。そして1種類は京セラのお年寄り向けの簡単携帯、もう1種類が京セラの製品。欲しい機種が全くありません。

仕方がないので、ネットで白ロム携帯も見てみましたが、新古といわれる白ロムは2万円から3万円します。高い。3、4年ほど前なら1万円以下の未使用新古のガラケーがけっこうあったのに、それも今はあまりない。いつの間に携帯がこれだけ高くなってしまったんでしょうか。

ということで、とりあえずネットで売っていた比較的状態の良い中古のカシオのガラケーを購入、これを今後使っていくつもりです。しかし、携帯各キャリア、これから稼ぎ頭のスマホに移行させようといろんなキャンペーンを行ってスマホに買い換えさせようとするんだろうけど、自分はスマホに移行しようとは思いません。だって、どう考えても通信料が月々高いですからね。それに必要ないですしね。

ちょうど、先日NECが今後、スマホの生産をやめるが、普通の携帯の生産は続けていくとの発表がありました。これからますますスマホの時代ではあるだろうけど、スマホを使いたくないユーザーのためにもガラケーの生産はやめないでほしですよね。




posted by MT at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2012年09月03日

スーパーWi-Fiという新無緯線技術ががアメリカで始まった。気になりますね

スマホを持ってないので、外でネットをしようとすれば、必然Wi-Fiをつかってのネット接続が多くなります。

小さなWi-Fi接続機器を所有していますが、別途Wi-Fiの接続プロバイダーを契約を結んでいるわけではないので、もっぱら外での接続はfree spotなどの無料スポットを探すことになりますが、日本はあまり無料Wi-Fiスポットが充実していないので、探すのに一苦労です。

海外ではけっこう無料Wi-Fi施設もあるので、使いやすいですが、日本はWi-Fi更新国といってもいいかもしれません。Wi-Fiの電波ですが、遮蔽物の多い町中ではせいぜい100mくらいしか電波が届かないので、ちょっと不便といえば不便な代物です

そんな中、アメリカではスーパーWi-Fi(Super Wi-Fi)と呼ばれる新たな無線通信技術が一部地域でサービスを開始したそうです。

このスーパーWi-Fi、テレビの未使用の電波帯域、すなわちホワイト・スペースを使っての無線LAN技術ですが、今までのWi-Fiが100mくらいしか電波が届かなかったのに対し、数km先まで電波が届くということと、高速のネット接続が可能ということ。遮蔽物があっての電波が遠い易いということで、Wi-Fiユーザーにはありがたい技術ですね。

個人的にも今後もスマートフォンを持つ予定がないことから、この技術、日本でも導入されないものかなあ?と私は待ちわびていますが、日本ではいつのことになることでしょうね。


posted by MT at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。