北朝鮮問題 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2009年03月26日

北朝鮮の最高人民会議代表人選挙。笑ってしまいます

北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国の最高人民会議の代表人選挙が3月8日に実施されました。北朝鮮では選挙は一大イベントで軍人は踊り、チマチョゴリを着た女性達もまちなかで踊っていたということを報道していました。

その北朝鮮の最高人民会議代表人選挙は5年に一度行われるそうで、前回の選挙もどこかのテレビのニュースで見た覚えがありました。そして今年はまた5年に一度の北朝鮮の選挙。

今回のこの北朝鮮の選挙ですが、投票率99.98%で賛成が100%。まったくあり得ない数字ですが、やはりそこは北朝鮮の一人芝居です。

まずは投票率ですが、北朝鮮からの脱北者のように選挙の時点でいない人間は戸籍から抜いて死亡者扱いにするそうです。そして選挙前1ヶ月は投票率を下げないように国内の移動を許可せず、移動許可証も発行しないようにしてしまうとのこと。ここらが99.98%の投票率につながっているようです。

その北朝鮮の最高人民会議代表人選挙ですが、北朝鮮全土の687区から一人ずつの代表人を選ぶそうですが、その選挙は信任投票で、一つの区から一人づつ立候補するもの。その投票カードには昔は「賛成・反対」の欄があったそうですが、いまはその欄がなく、代表人候補の名前だけが書いてあるそうです。

そして立候補している代表人に対して反対の人は横に置いてある赤ペンを取って×を書くそうですが、その赤ペンの横では北朝鮮の秘密警察である国家安全保衛部の人間がじっと見ており、その赤ペンを取るという反対の素振りを見せるだけでその人物はマークされるそうです。そのためほぼすべての人は怖くて赤ペンの方さえ見られないとのこと。

これで北朝鮮での最高人民会議代表人選挙の信任投票の賛成が100%の信任になるわけですね。それにしてもそこまでやらなくても...。

どっちみち情報統制している北朝鮮のようなばかげた独裁国家ですから、そんなことまでして実際の賛成を100%にしなくてもいくらでも数字の改ざんできるのに。

それにしても自国の国民に我が国の選挙はこれだけの投票率で信任される代表選挙人は100%信任された優秀な人物であると鼓舞したいんでしょうが、外国の人間から見ると普通は99.98%の投票率なんてあり得るわけがないし、そんなにしてまで投票率と賛成率を上げたいのか、と北朝鮮という国家に対して笑えてしまうんですけど...。

posted by MT at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮問題

2008年01月15日

北朝鮮、拉致も問題だが、偽タバコも

北朝鮮といえば世界のならず者国家の最たる国。国家ぐるみの拉致問題はもちろんのこと、偽ドルや麻薬によって外貨を稼いできたことはよく報道されてきた。

その北朝鮮のアンダーグラウンドの外貨稼ぎの主要産品?が偽札づくり、麻薬密売から、偽タバコづくりにシフトしてきたということをテレビのニュースでやっていました。

この北朝鮮産の偽タバコ、アメリカのマルボロなど世界的なタバコ有名ブランドがターゲットと思いきや、意外にも日本のマイルドセブンやセブンスターなどが中国でも人気で、これらの偽タバコが北朝鮮国内で手作りで作られ、中国に密輸入されているとのこと。中国の北朝鮮と国境を接する場所では、北朝鮮からの密輸入防止のために高い柵までが設置されています。

その北朝鮮製偽タバコの値段も市価の6割から7割程度と安いので中国国内でも売れるらしい。この北朝鮮製偽タバコは北朝鮮国内で生産されたタバコの葉に、中国国内で印刷されたパッケージを手作業で作っていくとのことで、以前は国家ぐるみの国営工場で偽タバコを作っていたが(当然、今も作られているでしょうが)、いまや北朝鮮政府の国民に対する統制力が効かなくなっており、北朝鮮人民が自分の家で家内工業的に作っているとのことです。

はっきり言って、偽札や麻薬などが北朝鮮から海外へでた場合、他の国としても迷惑このうえなく、北朝鮮もアメリカなどの国から非難を受け続けるリスクの高さより、よりリスクを抑えられる偽タバコ作りで北朝鮮は外貨を稼ごうとしているらしい。

偽タバコも当然、他人のブランドを使って違法に作っているわけなので、日本の日本たばこ産業などはある意味迷惑だし逸失利益もあるわけで何とかしてほしいもの。ただ、何とかしてほしくてもどうしようもならないような。

それにしてもコピー天国、そして偽ブランドを国ごと放置している中国という国家が隣の国、北朝鮮からの偽タバコの密輸に対して取締に躍起になっている現状を見るにつけ笑えるというか、なんだか中国もお互い様のような気がしますが...。

金正日総書記「日本人らち被害者もういない」?嘘つくなの記事

posted by MT at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮問題

2007年10月08日

金正日総書記「日本人らち被害者もういない」?嘘つくな

先日行われた南北首脳会談の席上で、あの金正日(キム・ジョンイル)総書記が「日本人らち被害者はもういないと」ソウル在住の外国メディア特派員と懇談中に語ったという話です。

明らかにまだまだ多くの日本人らち被害者が北朝鮮にいると推測されるのですが、金正日総書記がそう語ったというのは、もうこの話はしないということでしょうか。

まあ、今まで嘘だらけ、オオカミ少年国家の北朝鮮の言うことですから、あの国の国家元首がなんと言おうが、偽りにしかきこえない、むしろ言うことすべての逆が真実にしかきこえない国。他の国から経済的圧力等をもっとかけないと何とも解決できない話ですが、これから福田総理大臣はどういう政策でもって北朝鮮に望むのでしょうか。

なんだか福田総理大臣を見ていると腰抜け外交のような形にしかならないような気がします。もっと強硬な姿勢で北朝鮮には臨んでもらいたいというのが、国民の意思のような気がしますが...。
posted by MT at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 北朝鮮問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。