北朝鮮問題 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年04月13日

北朝鮮のミサイル発射が失敗。北朝鮮も認めているが...関係者は強制収容所?

北朝鮮のミサイル発射問題。朝からニュースでバンバンやってましたね。結局、北朝鮮が技術の粋を集め、作った自称ロケット、事実はミサイルの発射実験。

このミサイル、結局、途中で爆発、炎上して失敗という結果に終わりました。ということで、日本への影響は一切なし。なんだか、肩透かしを食ったと言おうか。日本は沖縄周辺に迎撃ミサイルまで配備したのに、全くの杞憂に終わったわけです。

ある意味、ホッとしたというか、何もなかってよかったと思いますが、意外だったのは、北朝鮮が昼前後のテレビニュースで、今回のロケット(ミサイル)での自称人工衛星打ち上げ実験は見事に大失敗に終わったことを認めたということ。

北朝鮮ほどの見栄張り国家が、大失敗を認めたということが驚きでした。各国の海外メディアに「衛星」まで見学させ、金日成生誕100年の祝賀行事の一つの行事として行われたこの発射実験を成功させることで、北朝鮮の国威発揚の手段として使うつもりが、見事に大失敗でしぼんでしまったわけです。

まあ、北朝鮮の技術力はそんなもん、といわれればそれで終わりですが、しかし、これだけ、おおっぴらに前もって宣伝しておきながら、失敗に終わったロケット発射。これにかかわった関係者、開発した技術者や担当責任者って、一族郎党、強制収容所送りになっちゃうのかどうか、なんだか心配ですね。国家に、そして金正恩に赤っ恥かかせてしまったわけですから。

ただ、こういうことは北朝鮮国内でひそかに行われることなので、なんとも分かりませんが、そういう非人道的なことが起こらないように祈るばかりですが、北朝鮮の闇の部分はちょっと怖いですからね...。

posted by MT at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮問題

2012年01月11日

金正男氏がフェイスブックを利用していた。名前はKIM CHOL(キムチョル)。多すぎて....

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)死亡の報道が流れてからすでに20日余りが経過しました。すでに金正日の後継者と目される金正恩(キム・ジョンウン)が着々と後継者への地歩を固めているようですが、そんな中、故金正日の長男・金正男(キム・ジョンナム)のニュースがありました。

故金正日の長男・金正男が昨年末、インターネットの世界的にも有名な交流サイト「ファイスブック(FACEBOOK)」に文章の書きこみや写真を投稿したいたことが分かったそうです。

その金正男、ニュースでは上海の高層ビルをバックに写った写真を載せていましたが、顔はまさしく金正男。

フェイスブックは確かに便利だし、つながり方もなかなか面白く、交流サイトとしてはすごくよくできていますが、北朝鮮の最高指導者でもあった金正日の長男でもある金正男がこのフェイスブックを利用していたというのには笑えます。なんというか、すごく俗物的な人物で、なんだかすごく身近に思えてしまう。

北朝鮮というある意味、閉ざされた国、情報が入って来ることが少ない閉鎖国家で、一国のトップに近い存在の人間が、非常にオープンなフェイスブックという交流サイトで、自分のことをさらけ出しているというところが面白いです。

その金正男、このフェイスブックでは「Kim Chol(キム・チョル)」という名前(これは金正男がよく使う偽名とのことですが)で、フェイスブックに書き込んでいたということで、Kim Cholという名前、多すぎてわかりませんでした。もう、削除されているかもしれませんので、あまり深くは探しませんでした。

金正男、このフェイスブックフェイスブックでは関心ごととして拉致被害者の曽我ひとみさんの夫のジェンキンスさんらの名前を挙げたり、お気に入りとして弟の金正恩を風刺したウェブサイトを登録していたということで、おそらく、結構柔軟な頭の持ち主のようですね。

現在マカオを拠点としているようですが、世界のいろんな国を見てきて、いかに北朝鮮が貧しいか、北朝鮮の政策が間違っているかよくわかっているだけにある意味、北朝鮮を冷静に見れるのでしょうね。

おそらくもうこの金正男氏、自由を満喫しすぎて北朝鮮へ帰る気はないと思いますが、フェイスブックを利用していると聞いて、なんだか親近感がわきました。


posted by MT at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮問題

2011年12月19日

金正日(キム・ジョンイル)死亡。列車の中で突然の出来事みたいで。脱北者が増える?

金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮総書記が死亡した。先日までテレビに出なかったので、どうなってしまったのかと言われていたあの北朝鮮でも有名なおばちゃんアナウンサー、リ・チュンヒさんも久々にテレビに出演して金正日総書記の死亡を伝えていました。


どうやら北朝鮮からの報道によると、金正日総書記、各地への指導へ向かう中、列車の中で心筋梗塞が原因で死亡したとの報道です。いきなりの金正日氏の死亡だったようですが、あれだけの医師群がついていながらなんだか本当に突然の死亡だったようです。前々から延命治療で生き延びていたとの公安関連からの報道もあるようですが。

日本人にとっては金正日総書記が亡くなろうがそれほどたいしたことではないけれど、マスコミがかなり大げさに取り上げて特集をやってるので、ちょっと大げさに思えますが、これから北朝鮮はどこへ向かっていくんでしょうか?

後継者の金正日の三男・金正恩氏と言うことで決まっているけれど、この突然の金正日総書記の突然の死亡でこの後継者問題にどう影響があるのか、気になるところですね。

北朝鮮の金正日総書記の死去によって、北朝鮮から逃亡する脱北者が増加するかもしれないと言うことで、北朝鮮と国境を接する中国や、韓国でも警戒体制が取られたようです。そしてドルも円に対して高くなっているようです。有事のドル買いと言うことですが、そんなところにも金正日総書記の死亡が影響を及ぼすんですね。今後の成り行きが気になるところです。

posted by MT at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮問題

2009年04月20日

デヴィ夫人が右翼とトラブル。北朝鮮を養護するとは理解しがたい...

デヴィ夫人こと、デヴィ・スカルノさんが右翼団体とトラブルになっているようです。

東京都渋谷区内のデヴィ夫人の自宅前に右翼の街宣車がやってきてがなり立てていたところ、デヴィ夫人がその街宣車に植木鉢を投げつけ右翼団体の街宣車の屋根が壊れたそうです。

そしてその街宣活動の様子をデヴィ夫人がカメラで証拠として撮影しようとしたところ右翼団体にカメラを壊されたりしたそうで、詳しい状況を警察が取り調べているそうです。ただし、被害届は出ていないとのことです。

先日、北朝鮮がミサイルを発射し日本上空を通過した際、地元の朝鮮総連の支部前に右翼の街宣車が押し掛けて、北朝鮮のミサイル発射に対して反対する街宣車での活動をしていたらしく、そのことに対して近所の人々に対して申し訳ないとの謝罪の手紙をポスティングしてありました。

朝鮮総連のその手紙には、「近所の方々に迷惑をかけてすいません」との内容の手紙ともう1枚、デヴィ夫人のブログ、デヴィの独り言 独断と偏見の4月3日のブログ「北朝鮮の人工衛星打ち上げ」がそのままコピーで載せられていました。

その中でデヴィ夫人は『日本は勝手に「長距離弾道ミサイル」「テポドン」と言っているが、実際は「人工衛星」である。 日本の政治家やいつもの評論家達が、もっともらしい顔をして色々とTVで言っているのが、滑稽である。』とかなり北朝鮮よりの発言をしていました。

デヴィ夫人のあのテポドンをして人工衛星であるといって見せる頭の中身もすごいと思ったのですが、その文章が朝鮮総連に利用されているってことは、もしかしてデヴィ夫人、どこからかの北朝鮮関連の団体から何かもらっているんじゃない?との疑念も浮かびます。

デヴィ夫人、インドネシアのスカルノ大統領夫人だった時代から北朝鮮の金日成と親交があったようで、ブログによると先日も北朝鮮を訪問していたようです。ただあのテポドン、いろんな調査をしても北朝鮮が発表しているような周波数の電波もいっさい発していないし、いくら国威発揚とはいえ、人工衛星とは北朝鮮の真っ赤な嘘。

その北朝鮮の真っ赤な嘘の片棒を担いで、あの事実上のミサイル発射を平和利用の人工衛星打ち上げなどと正当化する北朝鮮の意見をそれは正しいと発言するデヴィ夫人はいかがなもんでしょう。

右翼団体が、デヴィ夫人の自宅前に街宣車を乗り付けて、がなり立てるという行為はいかがなものか、と思いますし、言論の自由からするとデヴィ夫人が何を発言しようが勝手ですが、まったくデヴィ夫人の発言している内容自体が普通の日本人には非常に理解しがたい。

お金にはけっこうめざといデヴィ夫人、やはり北朝鮮からなにがしかのものが渡っていると推測した方がよろしいかもしれません。
posted by MT at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。