政治 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2014年08月16日

ビールにいったいいくら税金かけてんだ。高いわけですな

テレビを見ていたら女優の高島礼子さんがサハリンに住む日本人に会いに行く番組をやっていました。高島礼子さんは北海道の稚内からサハリンへ、国際航路の船に乗ってロシアに向かったのですが、その客船の中の自動販売機が映されていました。

その自動販売機では、日本の500mlペットボトルのミネラルウォーターと、サッポロビールの生黒ラベルの350ml缶が販売されていたのですが、ペットボトルのミネラルウォーターの値段は150円、対してサッポロ生黒ラベルの値段が100円でした。  

えっ、ビールが100円。これ、発泡酒でもなく、第三のビールでもなく、ちゃんとしたサッポロビールのビールです。テレビの説明によると、国際線の洋上では、酒税もかからないし、消費税もかからないのでこの価格なんだとか。

確かに、洋上とは違いますが、国際線で空港の出国手続きを終えた後、本なんかを買うと消費税かかってないので、消費税がかからないのは知ってましたが、酒税もかからないんですね。そういえば、免税店のお酒なんかも安いといえば安いけど、高級酒のお酒のもともとの値段は知らないので比較できません。

ビールだったら、350ml缶はだいたい200円程度で売っているんで、そこから考えるとビールは価格に対してだいたい半分が税金ってことなんですね。すごい税金かかってますね。

タバコもお酒も嗜好品は吸ったり、飲んだりしなきゃ税金を払う必要ないんで、そりゃそれで国民全体にかかわってくる消費税なんかをかけられるよりいいですが、ちょっとかけすぎのような気がします。

まあ、普段からお酒に関しては第三のビールで100円そこそこの酒しか飲まないのでいいけど、よく考えたら普通のビールって本当に贅沢品の一つですね。でも、やっぱり発泡酒や第三のビール、味がビールと違うので、ついついたまには本当のビール飲みたくなっちゃいますよね。


posted by MT at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2013年09月06日

甘利明、世界でもっとも悪影響を及ぼす50人ではないんかい?

アメリカの大手総合情報サービス会社、ブルームバーグが公表した世界の経済を動かす「世界で最も影響力のある50人」に日本の甘利明経済再生担当相選出されたらしい。

は? なんでこんな政治家が? 自分はそう思う。

この自民党の甘利明という政治家。この甘利明の父親は元衆議院議員の甘利正氏である。甘利明、典型的な二世議員である。議員の世襲制には色々と賛否両論あるが、まあ、それはそれでよしとしよう。

しかし、この政治家に政治献金を行っている団体がブラックすぎる。貸金業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)である。この団体からの多額の政治献金をもらっていた。よって、この甘利明、サラ金業者のグレーゾーン金利撤廃に熱心であります。要するにどれだけ高い金利でも許してしまえという、国民の敵。サラ金業者の強い味方です。

そして、原子力発電の推進に非常に威積極的で積極的。どんなに日本が放射能に汚染されようが原子力を積極的に推進、自民党の原発を守る会の委員長を務める。それにパチンコメーカーのSANKYOからも多額の献金を受けている。

これだけ聞いただけでも、とんでもなく、怪しいところからお金をかき集める甘利明。こんな人間が「世界で最も影響力のある50人」に選ばれるなんてちゃんチャラおかしい。もしかして、「世界でもっとも悪影響を及ぼす50人」、の間違いではないんかい?

今も消費税は絶対あげるべきと国民をいじめる発言を行う甘利明。こ奴を支持する有権者の顔が見たい。
posted by MT at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2013年06月20日

ワタミグループの会長・渡邉美樹氏が自民党公認で参議院に立候補するようだが、自民党もおかしくなったのか

ワタミグル―プの会長・渡邉美樹氏が自民党公認で参議院に立候補するようですね。

そういえば以前、2011年の東京都知事選にも渡邉美樹氏、無所属で立候補していましたね。その当時はワタミグループ傘下の居酒屋の和民の従業員に過酷な超過勤務をさせていたり、社内文書で「24時間、死ぬまで働け」などといった社内文書を配布していたなどということは全く知りませんでしたので、東京都民でないにもかかわらず渡邉美樹氏をちょっとだけ応援していました。

ところが、そのあたりの時期からこの和民の女性従業員が過労自殺で死亡したり、会社ぐるみでサービス残業を平然とさせているという和民の企業体質を聞くにつけ、あんな馬鹿な経営者が東京都知事にならなくてよかったと後になって思った次第です。

この渡邉美樹氏、テレビでは饒舌に教育に関する理想論をのべたり、積極的な社会奉仕活動でカンボジアに学校を立てたり、表に見える部分では善行とも思える行動をとってはいるものの、自らの会社の従業員に対しては「24時間、死ぬまで働け」という暴言ともいえる、そして労働基準法をも100%無視したサービス残業強制などブラック企業さながらの従業員に奴隷ともとれる扱いをしています。

そもそもワタミグル―プ、創業者の渡邉美樹氏のワンマン企業で、渡邉美樹氏の言ったことは絶対、そして彼が経営の中枢でかじ取りを直接行っています。利潤追求が第一で、そのために社員を奴隷のように法令を無視して働かせていたことは、渡邉美樹氏自身の考えがそのまま反映された経営だったということです。

今回の自民党からの参議院選への渡邉美樹氏の出馬、総理大臣の安倍首相から直々の依頼があっての出馬らしいですが、こんな労働基準法を無視した違法ブラック企業の経営者に一体全体、何をもとめて自民党も公認したのか意味不明です。自民党もとうとうおかしくなったのか。

最近、この渡邉美樹氏がテレビに出演し、エラそうなことをしゃべっていても実に空々しいし、虫唾が走るのでチャンネルをすぐ替えちゃいますが、こんな人を今どき政治家にしていいんでしょうか。疑問符が付きます。政治家になるのなら自らが経営する会社を法令無視のブラック企業から、健全な体質にしてから堂々と立候補してほしいもんです。それができないのなら偉そうに政治家になんてなるな。


posted by MT at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2011年08月29日

民主党新代表に野田佳彦氏。あすにも第95代首相に指名、しかし、いつも盛り上がるのは...

最近、あまり政治には興味がなくなってきましたが、とりあえず今日の民主党代表選挙の行決選投票はみていました。

結果的に小沢氏が推していた海江田万里氏は野田佳彦氏に敗れ、野田佳彦氏が民主党の新代表に決定しました。明日30日の衆院本会議で第95代、そして62人目の首相に指名されます。

決戦投票は結果的に海江田万里氏と野田佳彦氏の2人になり、他の3人の候補を押していた人たちのうち、多くが野田佳彦氏に投票し、結果、得票数では海江田万里氏177票、野田佳彦氏215票。投票総数は395で、有効投票数が392、そして無効票は3という結果でした。

まあ、野田佳彦氏が民主党の新代表に選ばれたことで、小沢派だとかに関係なくバランスの取れた人事になり、管直人総理大臣よりはまともな総理になるかな、とは思いますが、五十歩百歩って感じがしないわけではない。

しかし、自民党、民主党を問わず、ここ最近の政権与党の代表選ですが、今日のまさしく代表に決まったこの日をピークとして、どんどん国民の支持を失っていくような気がします。この選挙という祭りごとで一番盛り上がり、あとはどんどん下降線の一途。

まだまだ組閣という重要な仕事が新しい民主党代表の野田佳彦氏にはまっていますが、与党代表として選出され、総理大臣の指名を受けて、組閣。ここがピークで、あとは下降線ではまともな政治ができてない、ということに他なりませんが、この野田佳彦氏、どんな手腕を見せてくれますか。

またまたあほな官僚どもにのせられての旧来通りの無駄な政治運営では、すぐに飽きられちゃうこと必至ですが、いかがなもんでしょうか。
posted by MT at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。