企業 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年05月05日

ジャパネットたかたの福利厚生施設がすごい。天然温泉まで

ジャパネットタカタといえば、今やテレビショッピングでは知らない人がいないくらいの知名度の会社となりました。

テレビで、そしてラジオのインフォマーシャルで見ない日、聴かない日はないくらいで、あの高田明社長のぼくとつで、正直そうな話しぶりが耳についてはなれません。

そんなジャパネットたかた、もともとは現社長の高田明社長が父親から引き継いだ6坪のカメラ店からスタートし、今や従業員500人、売り上げ1500億円を誇る企業まで育て上げました。

そんなジャパネットたかた、中居正広の金曜日のスマたちへに高田明社長が登場し、今までの企業の成長をドキュメンタリー風に放送していました。

そこで驚いたのが、高田明社長が従業員のために造ったという施設。テニスコートはよくあることですが、会社の社屋の敷地にでっかい屋内体育館やジム。それになんといっても驚いたのが露天風呂。しかも、この露天風呂、わざわざ天然温泉をひいてあって、入るとお肌つるつるになるとか。社員のためにここまでやるか、というう感じでした。

正直なところ、まだジャパネットたかたで一度も買いものしたことないんですが、あの高田明社長に人柄を見ていたら、一回くらい、買ってみようかな思っちゃいました。しかし、高田社長、どれだけ有名になっても謙虚なところが好感度アップしますね。

posted by MT at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2012年04月21日

マクドナルドがコーヒーを値下げ。昔も100円だったけどね

マクドナルドがコーヒーの料金を今月20日から40円値下げして100円にしました。

プレミアムローストコーヒーをSサイズを140円から100円に値下げ。Mサイズを190円から150円に。このコーヒーの値下げで、コーヒーの購入を目的に来店した客が「ハンバーガー」などをあわせて購入するセット販売による利益を見込んでいるとのこと。

各コンビニもコーヒーの店頭販売を強化しているので、この動きにも対抗する狙いもあるとのことです。

まあ、マクドナルドのこのコーヒーの値下げ、我々ちょくちょくマックを利用するものにとってはとってもありがたいことですが、あれ、数年前は100円だったのが、120円になって、先日まで140円だったわけでしょ。マクドナルドで140円まで値上げしといてまた100円に戻す。

ある意味自作自演ですが、それほど目新しい話題でもないけど...。昔の値段に戻しただけという感じです。

いづれにせよ、マクドナルドのコーヒーの値段が安くなったということは入りやすくなったということで、消費者としてはうれしい限りですけどね。

参考記事マックのコーヒーがいつのまにやら120円に値上がり の記事

posted by MT at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2012年03月01日

ピーチアビエーションの一番機が飛び立ち、いよいよLCC時代の幕開け。中部国際空港もお願い

ピーチ・アビエーション、あのピンクの機体の一番機がランディング。

関西国際空港をベースにする、全日空が大株主の国内初の格安航空会社(LCC)「ピーチ・アビエーション」が本日3月1日、運航を開始しました。

その運航開始のピーチ・アビエーションの一番機が関空発札幌行きMM101便のエアバスA320がランディング。この関空と札幌の新千歳空港を結ぶピーチ・アビエーションの便は1日4往復、関西空港と福岡空港を結ぶ便は3往復運航。

今後は国内、そして4時間以内の海外便と相次いで定期便を飛ばす予定のピーチ・アビエーションですが、国内初の本格的LCCとしてどこまで躍進するかが見ものですね。

今後、成田空港をベースとする同じく、全日空が出資するエアアジアジャパンも今年8月から運航予定ということで、日本の空がますます熱くなるようです。

しかしながら、LCCは外国タレントと同じで名古屋飛ばし。中部国際空港を拠点とするLCCもできれば作ってほしい。中部地方に住む人間がわざわざ東京や大阪まで行ってたらそれだけで交通費がかかってしようがない。中部国際空港を拠点とする新たなLCCの設立を望むところです。

posted by MT at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2012年02月26日

U-NEXT(ユーネクスト)、電話を自分からガチャ切りとはろくな会社じゃない

日曜日の夜。夕食を食べた後、のんびりとしていると、8時ころ電話がかかってきた。

そんな時間に電話をかけてくる、だいたいが勧誘の電話だと想像できる。こちらは普通に電話に出ました。
その電話の内容はだいたいこんな感じでした。

相手側「お忙しいところ、お電話いたしましてまことにすいません。U-NEXTのカシワバラと申します。きょうはNTT電話に関するお得な情報でお電話を差し上げました」

この時点で、もう怪しい。U-NEXTという会社、この時点で何をしている会社か知らなかったが、さしずめ、光ファイバーの高速インターネットの勧誘だろうと、ほぼ断定。

こちら側「そういうお話は十分ですのでけっこうです」

相手側「そういうと申しますと...」

こちら側「現状の電話に関するすべてのこと、不満はございませんから」とここまで話すと、相手はすぐにガチャ切り。これってまともな企業の対応としてあり得ませんね。後から調べたらU-NEXTという会社、光インターネットの代理店等、いろんな業務をやっているようです。

まあ、どんな業務をやっているのか、いまいちよくわからない会社ですが、そのそも自分から電話をかけておいて、ガチャ切り。そういう会社と思ってもらっていいんじゃないですかね。こんな社員のいる会社、ろくな会社じゃないことは確かです。

U−NEXT、電話がかかってきたら詐欺と思ってこちらから切ってあげましょう。それが、こちらがストトレスためない方法です。

posted by MT at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。