企業 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2010年01月19日

g.u.へ行ってきた。ユニクロシューズも初めて見た

g.u.(ジーユー)といえば例の990円ジーンズで話題を呼びました。その親会社のユニクロといえば、今や絶好調企業の一つに数え上げられるアパレル企業。そのユニクロが作ったセカンドブランドのg.u.の店舗に初めて足を運んでみました。

g.u.(ジーユー)の店舗ですが、たまたまいけそうな範囲にあるのは1店舗のみ。我が家からは50キロほど離れています。ユニクロのようにあちこちにあるわけでなく、しかも店舗もユニクロの郊外型の大型店に比べ、若干こじんまりとした店舗でした。

中に入ってみると今まで見たことがないユニクロの作る靴も置いてあり、なるほど値段を見るとかなりお得な値段。それで靴のタグを見てみると奇妙なことに「FOOT PARK」という靴屋さんの名前が入っており、どういうことかとしらべてみたら、このg.u.を展開するユニクロの完全子会社株式会社GOVリテイリング、靴小売りをFOOTPARKを展開する株式会社ワンゾーンを母体としてできた会社らしいです。知らなかった。どうりでお店も元はFOOTPARKらしき店の外観でした。

肝心のアパレルの服の方はといえば、なんだか見た感じユニクロよりも3割ほど定価が安いように見受けました。品ぞろえは店舗の大きさもあるのですが、やはりユニクロの方が豊富。

g.u.話題のあの990円ジーンズは見なかったのですが、親会社ユニクロお得意の限定商品を3点お買い上げ。締めて2540円、ジャンパーとフリースジャケット、それからタートルネックのインナーを購入。3点でこの価格ですからかなりお買い得にお買い物をさせてもらいました。

耐久性はどうかわかりませんが、まだまだ冬物を使える季節なので。今年はこのg.u.商品を使い切りたいと思います。それにしても、g.u.、もうちょっと店舗が多いといいんですけど、わざわざ足を延ばして買いに行くのはちょっと?かもしれませんね。
posted by MT at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 企業

2010年01月07日

サイゼリアって今まで九州になかったの?

サイゼリアといえば、イタリア料理が安く、気軽に食べられるファンミリーレストラン。すでに全国各地に出店していると思っていたのですが、このたび福岡県の郊外のショッピングモール内に九州初のサイゼリアの店舗を3月18日にオープンさせるそうです。

サイゼリアのミラノ風ドリアやぺペロンチーノはサイゼリアのメニューの中でも特にお値打ちで定番商品なのですが、九州地方の人が今までこのサイゼリアを味わったことがないというのもちょっと意外な話でした。

このデフレ経済の中、ドリアを食べてパスタも取って、そして赤ワインも飲んで1000円でおつりがくるレストランもなかなかないだけに、地元の人に知れ渡ればかなりいけるんじゃないでしょうか。

かくいう私も、サイゼリアではよくお世話になる方で、ここの平日の日替わりランチもドリンクバーがついて600円とかなりお得なのでよく入らせていただいております。

昨今流行りのハンバーグレストランもいいけれど、サイゼリアのミラノ風ドリアやパスタも捨てたもんじゃないですよ。
posted by MT at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2009年12月24日

日本電産サンキョーがスピードスケート金メダルに2000万円。パフォーマンス?

いよいよ盛り上がりを見せ始めている冬季オリンピックのバンクーバーオリンピック。

スキーのモーグルフリースタイルの上村愛子など非常にメダルの期待もかかる選手もいて、注目度も結構高くなりそうな、このバンクーバー大会。スピードスケートはというと、一部選手には期待もかかっていますが、金メダルはなかなか難しい状況ではないかと思うのですが。

そんな中、日本電産・永守重信社長の意向でもって、日本電産サンキョーの所属選手が金メダルを獲った場合、親会社の永守社長個人からは1000万円、会社側からは1000万円の2000万円の賞金を出すことを決めたそうです。銀メダル、銅メダルもこれに準じて賞金を出すそうです。ある意味太っ腹?

そういえば、この親会社の日本電産の永守重信社長といえば、以前「休みたければ辞めればいい」という発言を行い、労働者を鬼のように働かせるある意味働きたくない会社の経営者で、この発言でかなり非難されたタコ社長さんですね。

この永守重信社長のオリンピックでのメダルを獲った選手には大盤振る舞いする行為、はたして金メダルを獲れないことを見越してのパフォーマンスなのか、この社長独特の「金のためなら一生懸命働け」という考えなのか、そこのところはよくわかりませんが、選手にとってはぶら下げられたニンジンで、ありがたいことでしょう。

日本電産サンキョーといえば、昔はスピードスケートでは名門の三協精機製作所であの清水宏保も在籍していたのですが、この会社も企業買収で規模を拡大してきた日本電産の傘下にいつのまにか収まってしまっていたんですね。
参考記事日本電産の社長、「休みたいなら辞めればよい」発言。こんなタコ社長の下では働きたくない の記事
posted by MT at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2009年12月14日

ユニクロの1万円くじ、初めて引いた。当然、はずれでした

ユニクロの創業60周年を記念して行われているファーストリテイリング60周年記念キャンペーンの1万円がその場で当たる、例のキャンペーンですが、いままでこのキャンペーンが始まってからは一度も5000円以上、ユニクロで商品を購入していなかったので、当然、くじも一度も引いたことがありませんでした。

あまりこのくじに興味がなかったのですが、たまたまパンツがほしかったので近くののユニクロへ家族で行きました。土日だと、すごい人でレジにもかなりのお客さんだったのですが、平日の月曜日午後に訪れたユニクロはかなりすいていて快適でした。

やはり土日のユニクロは土日限定商品があって、普通の平日に買うよりかなり安い物があるとあって非常に混雑するのですが、それさえ気にしなければ、平日にいけるならいった方が快適でいいですよ。

ところで、私がパンツを1990円分、そして妻が3980円分ばらばらに購入したのですが、これで5000円以上と言うことだったのですが、レシートの合算はだめ、と思い込んでいていたので気にしていませんでした。ところがよくレジのところを見ると、その日に限ってはレシートの合算もOKとの表示があったので、ただで引けるならとくじを引いてみました。

結果は「残念。またのご来店を心よりお待ちしております」でした。いくら10万人に当たるといってもなかなかあたらないでしょうね。10万人に1万人と言うことは10億円のトータルですが、儲かっているユニクロにとってはたいしたことない金額なんでしょうね。

10万人に当たるといっても、発行している枚数はいったいいくらなのでしょうか。そのあたりも公表してほしいところですね。

このユニクロのキャンペーン、12月31日、大晦日まで行われるそうです。
posted by MT at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。