企業 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2010年05月26日

「日本海床や」の大庄と社長らへの過労死訴訟。当然ですね

全国で「日本海床や」を展開経営する大床。この「日本海庄や」石山駅店(滋賀県大津市)で働いていた吹上元康さん(当時24歳)が死亡したのはこの店で過重勤務だとして両親が訴えていた訴訟。

訴えられていたのはこの法人としての「大庄」(東京)と平辰社長ら役員4人で慰謝料など約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁でありました。

判決ではこの「大庄」と役員ら4人に対し、約7860万円の支払いを命じました。その理由は安全配慮義務違反。企業は社員に労務の提供にあたっては労働者の生命・健康等を危険から保護するよう配慮すべきというのが安全配慮義務ですが、これを著しく怠ったと言うことで、当然の結果でしょうね。

企業だけでなく役員に対しても賠償責任を認めた司法判断は珍しいということです。

それはともかく、この企業、残業時間が80時間に満たない場合、基本給から不足分を控除すると規定していたということですが、こんな規定をしていていいのか、問題ですね。

吹上さんにういては死亡まで4か月間の時間外労働は月平均100時間以上、過労死の月80時間超の労災基準を上回り08年12月に労災認定されたということで、労災基準を上回る労働時間を超えないと基本給からその分引かれるとは一体全体なんなの?どんな就業規則をつくっとるんじゃ。

ちなみに厚生労働省の平成13年12月12日発表の脳・心臓疾患の認定基準によれば「発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価できることを踏まえて判断すること」とされていますが、その労災認定基準の1ヶ月あたり80時間というボーダーラインの時間外労働をしないと基本給からお金が引かれるとはまったく矛盾してますね。

こんなブラック企業に、いくら仕事がないからとおいそれと働くのもどんなもんかと思います。モンテローザ系の居酒屋も時間外労働問題で摘発されているように、やはりこの手の外食産業、長く働ける職場じゃないですね。

ところで、この大庄の社長、平辰社長、庄やグループのホームページの採用情報の社長あいさつの中で企業理念として「創業以来変わらぬ私たちの理念は、食を通じて『人類の健康と心の豊かさに奉仕する』ことです。」などと述べておりますが、客の方ばかり向いて社員はないがしろってことでしょうか。

ホームページの中では大庄キャリアステップなどといって企業としての大庄内での出世の流れも書いてあるのですが、80時間残業しないと基本給から不足分を引くなどといったブラック規定を一方で作っておきながらホームページでは体裁を繕っていいこと言って人材を集めるこの手段。人間らしく生きたい人には、やはり入社すべき会社ではないんじゃないですか。

参考記事餃子の王将の新人研修に密着。まるで自己啓発セミナー...の記事
モンテローザ、白木屋など経営会社が失業者を最大500人雇用。話題づくりでしょの記事



posted by MT at 07:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 企業

2010年05月13日

すき家のゼンショーが過去最高の売上高予想。丸亀製麺と並んで出店ラッシュ

すき家と言えば、吉野家と松屋とならぶ牛丼チェーン店大手御三家のうちのつ。その牛丼チェーン店すき家を運営するゼンショーが2011年3月期連結決算予想を発表しました。

すき家のゼンショーの売り上げ予想は前期比10.3%増の3685億円で最高売り上げ高を更新する見通しとなりました。この売り上げを達成すればガリバー外食産業の日本マクドナルドホールディングスの売上高を上回るとかで、外食産業としては最大手にのし上がりそうな勢いです。すき家の牛丼、恐るべし。

牛丼チェーン店では吉野屋がこのところ一人負けの様相だそうですが、確かに私の地元ではこのところすき家の新規店があちこちにぽこぽことできあがっており、その出店ラッシュぶりは非常に目立ちます。それにくらべ吉野家はいっこうに店舗が増えていない、と比べメニューのバリエーションもけっこうあって、店を選択する側も入りやすい。それに比べ吉野家の店舗は増えているイメージは全くないですし、メニューもシンプル。

吉野家が嫌いでもないんですが、やはり店舗が多いと、どこへ行っても入りやすいのですき家を選択することが結局、多くなってしまいますね。それで思い出しましたが、すき家と同じくらい増えているのが、うどんの丸亀製麺。この丸亀製麺も安さと手軽さを売りにしており、このデフレ経済下では大いに家計を助けてくれて、いつもお世話になってます。

やすくて早い、やはりこれからも格安の牛丼やうどんは需要が高まるでしょうね。



posted by MT at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2010年04月15日

日本航空JAL、世界の主要航空の定刻到着率ランキングトップ。長所を伸ばせ

経営再建中の日本の翼・日本航空JALが世界の主要航空会社の中で、定刻通りに到着した確率がランキングトップだったそうです。

私もいくつかの航空会社に乗ったことはありますが、そういえばそうかもしれない。というか、日本の航空会社は全日空も含めて定刻運航率はかなり高いのじゃないでしょうか。

このランキングですが、情報会社コンデューシブ・テクノロジーが提供するサービス「フライトスタッツ」のまとめたもので、日本航空の国際線は90.95%の確率で定刻通りに到着し、業界平均の78.31%を大きく上回ったということです。90.95%とはよく考えればすごい数字で、特に空の場合、気象条件や空港で事故があった場合などは飛ぶことさえないわけで、この点では日本の航空会社は優れていますね。

とはいっても、地域別に見た場合は欧州ではKLMオランダ航空が定刻到着率90.7%と他でも地域別にみた場合は90%以上の航空会社もあるようですけど、世界中での到着率でみれば日本航空はトップ。こういう定刻運航は日本のお家芸なのでしょうか。


日本の場合、鉄道もそうですが、定刻運航というのがある意味常識で、この理念が航空業界に持ちこまれているわけですが、インドなどの国々の鉄道に乗ってみるとわかりますが、定刻通りに出るのはまれ。そういった途上国のエアラインはフラッグキャリアでさえ、ランキング下位というのは想像に難くないですね。

現在、経営再建中の日本航空。こうした長所をもっと前面に出していくのも一手かもしれません。いずれにせよ、お客さんに多く乗ってもらわないと旅客運送業はどうしようもない話ですから、こうした信用面とサービス面で一層の向上を図るしかないでしょう。
posted by MT at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業

2010年04月11日

餃子の王将の新人研修に密着。まるで自己啓発セミナー...

餃子の王将を経営する王将フードサービスの5日間の新人研修に、テレビが初めて密着取材したと言うことで、放送を見ていました。

餃子の王将と言えば、並み居る外食産業の中、不況と言われる現在でも1日180万個の餃子を売り、全国で550店舗を展開。年商は665億円で、売り上げの方は7年連続で右肩上がり。今年は女性70人を含む過去最多の250人を受け入れると言うことで、絶好調の企業。

そんな中、このガリバー外食産業、餃子の王将はどんな新人研修を行っているのか、神奈川県の足柄山で行われた新人研修の中身は?

ううん、やっぱりというか、世間でよく行われているスパルタ軍隊式の新人研修でした。卒業したばかりの新人に人格をまったく失わさせるような形の研修と思いました。

みんなの前で大声を出させる、8秒以内で社訓を大声で読ませるなど、見ててうんざりするような新人研修内でした。餃子の王将は店長に権限を持たせ、その店独自のメニューなど、店長にかなりの権限を持たせる外食産業としても有名ですが、あのやり方はその権限委譲をして売り上げののばし続ける餃子の王将にしては、新入社員の個性を奪いロボットのような社員にしているような気がしてなりませんでした。

学生から社会人になった若者たちにとっては、ショックそのもの新人研修なのでしょうが、あんな新人研修を行ってもなんだか意味がないような...。自分だったら絶対に耐えきれない研修内容でしたね。

餃子の王将で新入社員が店長になるのは平均7、8年かかると言うことですが、そこまで我慢できる社員はあの中にいったい何人いるのでしょうか?

番組の中で居酒屋「和民」のワタミ株式会社の代表取締役会長・CEO 渡邉美樹氏がコメントで、「ああいった研修も企業文化ですからね」と言葉を濁していましたが、あのような研修の内容が王将の企業文化だとしたら、いくら職がなくてもごめんこうむりたいですね。
posted by MT at 09:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 企業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。