日記 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2009年01月26日

大阪王将のギョウザの方がおいしいような気がする...

大阪王将のギョウザを食べてみました。

大阪出張の際、たまたま飲みに行こうと大阪・キタ梅田の町に出てみたのですが、行ったことのある飲み屋に行ったらどこもかしこも休み。仕方なしにホテルの部屋に帰る途中、大阪王将の文字を発見したので、「ビールのつまみに買っていこ」ということで2人分のギョウザを購入してホテルの部屋に戻って食べてみました。

大阪王将のギョウザ、焼き加減も程良く焦げていてなかなかうまい。にんにくもかなり利いていて、この大阪王将のギョウザ、なかなか自分に合ってます。ビールのつまみにもぴったり。

大阪王将のお店、実は私の住んでいる周辺にはほとんどなく、あるといえば元祖の「餃子の王将」。こちらの京都王将のギョウザも正直言ってギョウザの中でもかなりうまい部類にはいるのですが、なんとなくこちらの大阪王将のギョウザの方が焼き加減が焦げ目もちょっとついてて、大ぶりのような気がしました。

いつも食べ慣れていないので、こちらの大阪王将のギョウザの方がうまく感じたところも若干あるのですけどね。

ラーメンやチャーハンといったほかのメニューの料理を食べたことがないのでどうなのか分かりませんが、大阪王将のほかのメニューも次回、大阪に行った際は食べてみたいと思います。

それにしても大阪王将のギョウザ、生活協同組合でも購入できるようで、そちらの方でも販路を拡大しているようですね。

posted by MT at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月09日

春夏冬二升五合、こんな日本酒ボトルもあったのか

新年もそうそう、知り合いが鏡抜きをするというので、お正月そうそう暇をしていた私はお酒をよばれに参りました。

鏡抜きというとお祝いに酒だるのふたを木づちなどで割って開ける動作をいうようですが、そこまで大きな日本酒ではありませんし、木樽ではないので正式には鏡抜きではありません。

しかし、これまで私は一度も見たことがない大きなボトルに入った日本酒です。今まで見たこともない大きさの日本酒のビンに驚いたのですが、内容量はというと二升五合といいます。

二升五合というと一体全体何リットル?と思ったら一升が1.8リットル、五合が0.9リットルということで、二升五合は4.5リットルとのこと。冷えええ、こんなボトルが存在するとは。

ということで、ボトルでの鏡抜き?を行い、酒盛りが始まりました。そして、その鏡抜き新春飲み会の主催者の方が「春夏冬二升五合」とホワイトボードに書き込み「これ、「なんて書くか、しってますか?」と訊きます。

私はぽかーんと口を開けたまま見ていると、「春夏冬ということで、秋が抜けていますね。ということで、これはあきないと読みます。二升五合は升升と升が2つでますます、五合は半升なのではんじょうとよみ、よって、しょうばいますますはんじょう、です」と説明してくれました。

ほおお、と私は感心するばかりでした。商売人は色々縁起を担ぎたいもので色々と考えるものですね。春夏冬二升五合か。なかなか「奥深いもんですね。

それにしてもあの4.5リットルの日本酒。よくも半分、一日で飲んだものだと自分でも感心してしまいました。おいしい日本酒でした。
posted by MT at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月10日

京都・まざあぐうすの抹茶ロールケーキ。探すのに苦労しました

京都・まざあぐうすの抹茶ロールケーキって知ってますか?

久々の京都出張ということで、そのことを妻に話したらグルメ雑誌の1ページを切り取ったものを渡され、「このまざあぐうすの抹茶ロールケーキを買ってきて」と請求されてしまいました。

正直な話、まったくこの洋菓子、まざあぐうすの抹茶ケーキなんて知りませんでした。

このグルメ雑誌の切り取りをみるとなにやら、あの女優の雛形あきこが京都へ仕事で行った時にはいつも買ってくるのがこのまざあぐうすの抹茶ロールケーキ、と書いてあります。

そして京都での野暮用が終わり、いざ京都からの帰路に就く前に「まざあぐうすの抹茶ロールケーキ」を買わないといけないことを思いだし、雑誌の切り抜きに書いてあるまざあぐうすの本店(京都府京都市北区平野宮敷町)に電話すると若い女性が電話に出て「京都駅のコンコースのキオスクで販売している」とのこと。何番線のホームのキオスクなのか訊ねるとそれはわからないというので、とにかく近くのキオスクに行くとなし。ホームのコンコースの上へあがったキオスクを探しても他者の抹茶ケーキしかありません。

再度、まざあぐうすの本店に電話して尋ねるとさっきの女性が出て、再度上司に確認したらしく「新幹線のホームのキオスクもしくはHarves京都で売っています」との返事。

そりゃそうですね、芸能人が在来線にのって移動するわけないし、在来線の切符しか持っていない庶民とは違います。

在来線のチケットでは新幹線のホームに入れないので、再度、お土産買い忘れましたとJRの窓口のお姉さんにチケットを見せて、改札口を飛び出し、京都駅の南口の方へ走ってみました。階段を降りてすぐのところにたまたまあたりをつけていたあたりへ降りていくとHarves京都というお土産売り場ありました。

漬物売り場のお姉さんに「まざあぐうすの抹茶ロールケーキ、どこで売っていますか?」と聞くと食品館ですとのことで、やっと冷蔵されたまざあぐうすの抹茶ロールケーキがありました。

汗だくだくになりながらやっとの思いでゲットした京都まざあぐうすの抹茶ロールケーキ。地元へ着くまで大切に胸に抱えて戻りました。そして妻と子供にはおいしく召し上がってもらいました。なかなか京都の洋菓子ということで、おいしかったです。

わざわざ京都まで行かなくても通販で取り寄せられますので、興味ある方は通販で買ってみてください。

posted by MT at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月08日

JR西日本の普通列車、運転手さんと車掌さん、両方とも女性の方でした

JR西日本のとある普通列車に乗ってみました。

その列車は4両編成の普通電車で、駅から駅を約30分ほど運行する短い時間の運行列車でした。

私はその電車の1両目にたまたま乗ったのですが、1両目に乗れば当然、普通列車ですから運転手さんがガラス越しに目に入ります。

運転席を見てみると女性が入っているので、車掌さんかなと一瞬思ったのですが、あれれそのJRの制服に身を包み、制帽をかぶったJRの職員さん、電車を運転し始めたではありませんか。

車内のアナウンスも女性の方で、この4両編成の電車は運転手さん、そして車掌さんの2名とも女性のペアでした。

なかなかJRも含めて電車の運転手さんは女性の運転手さんを見たことなかったので、前の女性の運転手さんの一挙手一投足を見ていましたが、前方確認の合図、スピードの確認仕草など非常にまじめにてきぱきと行っていました。

ある意味、電車の運転手さんも細やかな動作や確認など女性の方があっているんじゃないかな。

それにしても今時いろんな分野への女性進出は躍進めざましいですが、男性がメインの運転手さんの世界へも進出したかと思った次第でした。
女性の運転手さんもなかなか凛々しいね。

電車がその電車の目的駅について、私も鞄を持って急いで乗り継ぎ列車へ歩いていくとちょっと自分思った鞄が人に当たってしまって「すいません」と顔をを後ろに振り返ると、その方はさっきの女性運転手さん。向こうも会釈をしてくれましたが、その女性運転手さんはなかなか顔立ちの綺麗な、すてきな女性でした。もっともっと電車の運転手の世界でも女性が活躍してほしいですね。
posted by MT at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。