日記 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年09月08日

ロト6当選金、2等が3等より安い5万7100円。ありえへん

ロト6といえば、日本の数字選択式宝くじの中でも高額当選が出やすい宝くじで、キャリーオーバーがあった場合、最高で4億円の当選額をゲットすることがゲットすることができるので、人気が高まっています。

ロト6の当たりは5等まであるのですが、3等までの当選金の理論値は1等が約1億円、2等が約1500万円、3等が約50万円となっていて、1等、2等は庶民にとっては非常に魅力的な金額になっています。

昔はロト6の抽選日は週1回だったのですが、人気があったのか現在は現在は月曜と木曜の週2回になっています。自分もたまに一口200円を5回連続同じ数字で購入するのですが、なかなか当たりませんね。当てるのが夢なんですけどね。

ということで、ロト6の数字を自分が決めるときは、面倒くさいのでクイックピックというコンピュータがランダムに選んでくれるので数字を決めています。

ある雑誌でロト6を買うときはみんなが購入しそうな数字を避けるのが、高額当選への道と書かれていたので、クイックピックという方法はランダムということで、それなりに当たれば高額当選金を手に入れられる筋の選び方といえば言えなくもないですね。

ところで、2012年9月6日の第691回数字選択式全国自治宝くじロト6で、残念な、ありえない当選金額がありました。1等の当選は3口で当選金額は1億3413万1500円とそれなりの当選金でしたが、2等の当選金額が5万7100円、3等が33万8700円。なんと3等の当選金額が2等の当選金額の約6倍と逆転現象が起こってしまったのです。

ロト6で2等でも当たったら普段なら、喜びで町中を駆け出しそうなものですが、今回は2等の理論値金額の約1500万円を大きく下回る当選金額。これではよろこびも半減どころか、逆に悔しさばかりが残りそうな当選金額。

なぜ、2等と3等の逆転現象が生じてしまったのかといえば、今回は2等の当選口数が3470口、それに対して3等は702口と、2等の当選口数が3等の当選口数の約5倍になってしまったのが原因です。

そしてこの2等の当選口数がなぜこんなに多くなってしまったのかといえば、2等の当選数字が、人気の海外ドラマ「LOST」の中の劇中登場人物が宝くじに当たった数字と同じだったから、ということです。みんな数字の選び方を迷っているようで、テレビの中の宝くじの当選数字をまねちゃったみたいですね。

自分もそんなみなさんの心理もわからないわけではないですが、やはりテレビの中で見た番号だとか、ごろ合わせは数字選びに迷った時にはみんなが考えること。やはり高額当選を狙うならみんなが考えないゆな数字を選ばないといけないようですね。気をつけよう。

posted by MT at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月11日

モレスキンなどという手帳も有るようですが、2011年手帳を買い忘れた

2011年も既に11日が過ぎ去ってしまいました。アッというものお正月で、既にお正月気分もどこへやらです。

ところで、新しい年を迎えると毎年ちょっとは一念発起して新しい手帳を付け始めようという気分になるのですが、手帳を買い忘れすでに今年も10日たってしまいました。

1月始まりの手帳だと、だいたいひと月前の12月くらいから書き込めるようになっているものが多いので、本当は12月中に買っておけばよいのですが、今年はあわただしく購入できず。

かといって1月が始まり10日くらいが過ぎるといまさらなんだかとってももったいなくてなかなか買う気にもなれないのが現状です。

数年前にははやっていた(今でも使っている人がたくさんいると思いますけど)、コピーライターの糸井重里氏が手掛けたほぼ日手帳などもかったりして、「さあ今年はやるぞ」と意気込んだのですが、手帳を付けることがつづかず、終わってしまいました。

最近はモレスキンなどというスケジュール帳もはやっているそうですが、自分的には、普通の1000円程度の手帳で十分。今月中に買わないと、4月始まりの手帳を買うことになりそうです。

本屋さんなどに行くとロフトなどの店に行くと手帳が今でも所せましと置かれていますが、まめに手帳にスケジュールを書きこんだりメモしたりって人、いったい世の中の何パーセントくらいいるんでしょうか。私が思うに世間の多くの方は年中行事としてお定まりで手帳を買う人だけの人が結構多いような気がするのですが...。

posted by MT at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月03日

ゾウさん、ミャンマー人には姓がない...短い名前も長い名前も

ちょっとのどが渇いたので、あるコンビニに入りました。そのコンビニはけっこう品ぞろえもいいのでたまに利用するコンビニです。

ちょうどレジで精算する時に、レジのスタッフのスタッフの男性の名前のカードに「ゾウ」と書いてあり、ちょっと顔立ちが東南アジア系の人の感じだったので、ずうずうしくも「ゾウさんどこの方ですか?」と尋ねてしまいました。するとこのゾウさん、ミャンマーの方であるということが分かりました。

ミャンマーの方に接する機会はあまりないのですが、日本の地方都市にもミャンマー人の方が住んでいるんですね。ちょっと驚きました。

ところで、ゾウという名前が名字なのか、名前なのか、ちょっと気になって調べてみたら、ミャンマー人は苗字をもたない民族だとか。本当に目からうろこの事実です。ということはこの短いゾウという名前だけで彼の名前があらわされているんですね。

ミャンマーといえば、ミャンマーの民主化の指導者アウンサンスーチー女史の名前がすぐに浮かびますが、今まで彼女のアウンサンスーチーという名前が報道されるたびにこの名前はてっきり姓と名前の両方くっつけて発音しているんだなあと思ったのですが、ミャンマー人にはゾウさんのように短い名前の人もいれば、アウンサンス―チー女子のように長い名前の人もいるようです。(正確に言えば姓と名前の区別がない、でしょうか)

アウンサンス―チーさんの名前ですが、ウィキペディアによると「父親の名前・アウンサンに、父方の祖母の名前・スーと母親の名前・キンチーから一音節ずつ取って、付けられたものである。」ということで、こういう名前のつけられ方もミャンマーにはあるようです。それにしてもゾウという短い名前ならミャンマーには無数に見えるんじゃないでしょうかね。

posted by MT at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月20日

ブラウン管テレビ10年説。やはり当たってた

我が家にも3台ほどテレビがあります。一台は居間に置いてある23型のブラウン管テレビ。そして寝室に19型のパナソニックの液晶テレビ。そしてもう一台が応接間においてある21形の三菱電機のブラウン型テレビ。

そのうちの寝室のパナソニックのテレビは昨年、小さなテレビが壊れて買い換えたのですが、前のテレビを使ったのが約10年。そういえば、だいたい10年くらい経つとブラウン管式のテレビが壊れるので、居間のテレビが危ないと思っていた矢先、ある日突然、テレビが映らなくなりました。

このテレビ、場合によっては調子がいいと5分くらい経ってから上から徐々に映像が見えだすのですが、調子が悪いと何分経っても見えません。来年から完全に地デジに移行すると言うことで、仕方なく、テレビを買い換えることにいたしました。

しかし、ブラウン管型のテレビというのは寿命が10年に設定されているのか、ほぼ10年で壊れますね。なんなんでしょうね。もう少し長く持っても良さそうなんだけど、それだと電機メーカーも儲からないってわけですか。

いまならエコポイントもつくし、あきらめがつきますが、液晶だと26型くらいでしょうか。それにしてもタイミング的にはちょうど今が替え時、明日買いに行ってきます。

そういえば、もう1台残っているブラウン管テレビ、横の製造年をみたら2001年となってました。買い換えるならエコポイントがついている今の時期でしょうね。出費がかさみます。
posted by MT at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。