中国問題 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年07月13日

次から出るわ出るわの中国産

毎日のように次から次へと出る中国産のとんでもない食品の数々。よくもまあ、これだけ出てきますね。

抗菌剤を使ったウナギ、大腸菌のついたカニ。よくもまあ、これだけ問題ありの農産品を輸出するもんです。危なくて危なくて中国製の農産物は食べられません。

日本人は多少物価が高くなっても国内の農産物を優先的に買い、中国産品の不買運動をおこしてもいいほどだと思います。これは中国という国の大罪ですよ。中国が大国で、人口が多く、国が統制するのがむずかしいなんてつまらないいいわけで許される問題ではないと思います。

はっきりいってスーパーマーケットもこのような不衛生で食の安全にも多大な疑問が残る毒入り中国農産物を排除し、安全な食品を販売するのが義務ではないでしょうか?

少なくとも中国産品コーナーと国産、その他の国のものを区別して販売するのがスーパーマーケット良識ある判断じゃないでしょうか?

そもそも日本政府はこの問題に対して中国に対してもっと強く抗議してもいいのではないかと思いますが、日本は中国に対しては及び腰。しかも食品輸入大国で、食糧自給率も低い日本は何もいえないだろうな。

日本はもう一度、自国の農業政策から見直し、農業の再興をも視野に入れるべきではないか、と私は思うのですが。
タグ:中国
posted by MT at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国問題

2007年06月11日

中国産、ちょっと考えてから...

最近、中国産の商品に変なものが入っているとかで、ちょっと怖い。

数週間前、中米パナマでも中国産のハミガキ粉から、有毒なジエチレングリコールが見つかって、日本のニュースでも取り上げられていた。

特に口に入るものは気をつけないといけません。特に中国産野菜。

中国産ホウレンソウからは基準値の12倍を超える農薬が見つかったそうです。あの国の農産物は危なっかしくて口にできません。
安い安いはいいのですが、これからは絶対に買いません。本当に怖いです。

今日の朝のテレビによると、中国の共産党幹部や、富裕層は絶対に中国の一般の野菜は口にしないとのこと。彼ら向けに作られた(富裕者向け)専用の農場からの産物しか口にしないとのこと。

また、ハミガキ粉等も舶来品を使うそうです。

よくもそんなものを日本に輸出し、また日本政府も輸入禁止にしないもんですね。弱腰というか、ぎゃくに中国政府が危険なものを国外に輸出するのは中国政府の国策に見えてしまうのは私だけでしょうか?
タグ:中国
posted by MT at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国問題

2007年05月25日

中国の動物園

昨日あたりから中国のサファリパークでの結構ひどい映像がテレビで流れています。

どんな映像かというと、中国のサファリパークで虎のいるエリアがあってそこにトラックが載せてきた生きたままの牛を放り込む場面。虎が何頭もそこにいて、トラックの荷台から牛がそこに解き放れた瞬間に虎が群がってきて、その牛に襲いかかっていきます。それをサファリパークの車の荷台から見ていた中国人らしき女性の指さしてうれしそうに笑っていました。

何ともいえない映像ですが、あとからの説明によると牛のお金2万数千円をサファリパーク側に払うと、その残忍なショーを見せてくれるそうです。数千円はらうと生きたアヒルも虎のエリアに放すこともするそうです。かなりショックな映像でした。

色々考えると中国ってけっこう野蛮なところだなあという思いが沸々としています。もしかしたらというか、日本も昔はもっといろんな事におおらかで今の中国のような、今から思うとぞっとするような事もあったかもしれないけど、動物を見せるところ子供もそこに遊びに来るだろうに、生きた牛を目の前で餌にするなんて言うことは、なかなか普通の考えでできる事じゃないですね。世の中のみなさんはあの映像をみてどう思ったんでしょうかね。

あの報道が出て、中国でのあの見せ物的な動物虐待ショーがなくなることを祈ってます。
タグ:中国
posted by MT at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。