中国問題 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年05月09日

羊の肉にキツネの肉やネズミの肉を混ぜて売る中国。気持ち悪い

以前から次から次へと食品偽造問題が明らかになる中国ですが、今度は羊の肉にキツネの肉やネズミの肉を混ぜたり、それらの肉にゼラチンを混ぜて売る不届きな中国人業者が発覚しました。

中国は今年1月に食品偽装に関する一斉取り締まりを行いましたが、この時に食品偽装に関して捕まった人数が900人余り。ひどいもんですね。お金のためならなんでもってことですね。

その逮捕された中国人のうちの一人がテレビに出ていました。その中国人業者はもともと羊の肉をちゃんと羊の肉として売っていましたが、業者からキツネの肉なら安いと勧められ、それからは利益が出るキツネの肉を羊の肉として売っていたそうです。キツネの肉は安いので、これを羊の肉として売れば利益が出て儲かるってわけです。

またある羊肉のしゃぶしゃぶレストランで、記者が羊肉しゃぶしゃぶを食べたところ、その羊肉を鍋で温めだすと赤すじ部分と白すじ部分が分離してはがれました。本当の羊肉ならお湯に入れて温めても赤肉と白肉部分が分離することはないのです。

その事実をレストランの店長に突っ込むと、その店長、はじめはああだこうだと話をはぐらかせていましたが、結局は羊肉とほかの肉を混ぜた合成肉だということを白状。こんなことが中国では日常茶飯事に行われているということみたいです。

正直な話、こんな国に観光へ行く日本人の気がしれませねん。食というものは避けようにも、人間は毎日何かを食べないと生きていけないわけで、旅行へ行ったらこんなリスクを伴う国の中で絶対に食事をしないといけません。そのことを考えると、中国への旅行なんてぞっとしてしまいます。

番組の中で中国通の方がコメントをしていました。この食品偽装に関しては中国の貧困層の問題が絡んでいるとのことでした。中国国内では貧困層のモラルが、たとえ死刑になってでも、貧困よりは金になっていい暮らしができるならその方がまし、という考えがはびこっているそうです。要するに拝金主義ですね。なので、いくら食品偽装に関して中国政府が重い罰則を設けても、こういった食品に関する犯罪が後を絶たないそうです。

食品に関して海外依存度が高い自分たち日本人は、中国国内で生産されたわけがわからない食品を、いかに除外して安全なものを輸入できるかに重きを置けばいいですが、しかし、そんな中国で暮らす中国人は、毎日そんな偽装食品を食べさせられるリスクに直面しているわけで、なんだかちょっと気の毒な気もします。

中国に関する問題は食品偽装だけではないですが、あんな国に生まれたらやり切れないでしょうね。

posted by MT at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国問題

2013年03月23日

ハイアールの洗濯機、口コミ見て買ったのに1年ちょっとで壊れました。保証も過ぎてたので日立に替えた

中国の家電メーカーハイアール。1年ちょっと前に10年以上も使っていた2層式の東芝製洗濯機が壊れたので、この中国メーカー・ハイアールの2層式洗濯機に買い替えました。価格コムなどで口コミを見て、まあ、いいだろうと判断したからです。

そのときなぜ、買い替えたのかというのは、洗濯槽に水を貯めようとしても水が貯まらないので洗濯できませんでした。いまどき、2層式洗濯機も種類が少なく在庫が少ないので、安いのもあってハイアールの洗濯機を買ったのですが、1年ちょっとで脱水槽の水が貯まったままで、水が流れなくなりました。

購入してから約1年と1ヶ月。脱水槽から水が排水されず、その上、水の抵抗で脱水槽も回らない。これでは洗濯機の意味がない。そこでハイアールのコールセンターに電話して症状を話しました。ところが1年ちょっと経っているので、部品交換にお伺いしますので、12000円かかりますとのこと。正直言って、脱水槽の回転力が悪くなっていて、長く使いたくなかったこともあって、ネットで見たコジマ電気の日立の2層式洗濯機を取り寄せてもらい、買い替えました。

しかし、ハイアール、中国の白物家電ナンバー1というものの、たった1年でお陀仏。正直言って、前の洗濯機が10年以上使えたのに、たった1年。これが中国ブランドの実力なんでしょう。もう買いません、安物ブランドハイアール。

水槽から水が排水されないって、いったいどんな構造になっているんでしょうか、さっぱりわかりません。安物買いの銭失いとはこのことです。日本人は日本ブランド買わないといけないですね。中国ブランドは信頼性0だわ。ああ、いやだ。

参考記事ハイアール(Haier)(中国ブランド)の二層式洗濯機に決めた。選択肢があまりに少ない の記事

posted by MT at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国問題

2013年02月22日

日本の空気清浄機が中国で売れている。一部の方は暴利をむさぼっているというが、嫌なら買わなければいい

最近、日本のマスコミでも注目されているPM2.5。これは微小粒子状物質で粒子径が概ね2.5μm以下のものでこれを吸い込むとぜんそくや、ゆくゆく肺がんなどの健康被害の可能性もあるというやっかいな物質。

やっかいな隣人・中国は何かと難癖をつけて日本を非難するが、今回のPM2.5に関しても、中国国内では中国で操業している日系企業の工場排気が汚染源だ、などとする論評が出てるそうです。ただ日本や欧米の外資系企業は環境基準をクリアした形で操業しているようで、本当の汚染排出源は環境基準を守らず利益ばかりを追求する自国の中国企業のようです。

何かと因縁をつける中国。今回も自分ところで汚染した大気を流し、日本にまでそんなPM2.5などという健康被害をもたらす微小粒子状物質を飛ばしておきながら、誤りもしない。逆に言えば日本は被害者じゃないですか。

そんな中国国内で今、日本製の空気清浄機が売れているらしい。日本の空気清浄機といえば、最近ならシャープ プラズマクラスターなど、日本で生活していても欲しくなるような優秀な製品が多いですね。

中国でもこの中国国内の大気汚染に中国人が悩まされる中、日本のシャープを筆頭としてパナソニック、ダイキンなどの日本メーカーの空気清浄機がバカ売れしているらしいのです。

ただ、日本メーカーの販売する空気清浄器は中国国内でも値段が高いらしい。中国メーカーの空気清浄機の値段が日本円で3、4万円なのに対して、日本メーカーの空気清浄器の値段が6、7万円するらしい。その日本メーカーの空気清浄機の高さに中国の論評dは暴利を貪っているとの声もあるそうです。

しかし中国メーカーの空気清浄機の性能で満足ならそれを買えばいいだけで、日本メーカーのモノが高いというなら買わなければいい。ただそれだけじゃあいでしょうか。中国ではなんでも日本に文句をいいたがる。そんなに文句があれば、日本メーカーのものを使わなければいいのに。文句を言う筋合いではないと思いますが。矛盾ですね、かれらは中国人は。

posted by MT at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国問題

2012年09月24日

日本企業のみならずiPhone5の工場まで。カントリーリスクが高すぎる

尖閣諸島の国有化に端を発した中国での日本に対するデモ。そのデモのどさくさに紛れ、日本企業に対する中国人民のむちゃくちゃな行為。

特にマスメディアにも取りあげられていたのが、青島にあるジャスコ。あの店では暴徒となったデモ隊、並びに野次馬までもが店内をむちゃくちゃにしていった後を見ると、中国人というバカな国民の民度の低さには本当に驚くと同時に、あんな奴らばかりがいる国か、と本当に思ってしまいます。

改めて中国がカントリーリスクの高い国であり、中国の人口から考えれば、一大消費国であってマーケットも大きいですが、危険な国ということで、これからは中国から撤退する日本企業も多くなってくるのではないでしょうか。

一方、台湾の企業である鴻海(ホンハイ)の中国山西省太原にあるiPhone5関連工場で、従業員同士の衝突から約40人が負傷、この工場の操業を停止せざる得ない状況に追い込まれたようです。

この工場、現在は操業を開始しているとのことですが、給料の低いことと自殺者が多いことで知られているけっこう悪名高い工場。それはそれで問題がないわけでもないですが、いづれにせよ、日本に対する暴動と同じで、不満分子がちょっとしたことで、いざこざを起こすというところの根っこある部分は同じ。絶えず不満を心に持った人間がちょっとしたことで暴発する。中国リスクが思い切り顕在化したここ数日間ですね。

正直言って、あの国で商売するには中国独特の共産主義という体制がひとつのリスクとしてあるわけですが、それに加えて、あの中国国民の無法者どもが跋扈するようなバカな社会で、これ以上、商売していくのはいかがなものか。日本企業は他の国へのシフトも含め、これから中国から逃げ出すところも多くなるでしょうね。

posted by MT at 19:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。