スポーツ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2010年10月01日

阪神・矢野燿大捕手の現役引退セレモニー、すばらしかった

阪神タイガースの矢野燿大捕手が引退表明をすでにしていますが、昨夜は阪神タイガースの阪神甲子園球場での試合は今シーズン最後。そしてその本拠地・甲子園球場で矢野燿大選手の引退セレモニーが横浜戦のあとに行われました。

横浜ベイスターズとの一戦は9回表に頼みの藤川球児投手が横浜の村田に逆転の3ランホームランを打たれ、これで阪神タイガースの自力優勝の望みはなくなり、中日にマジックが点灯、今日にでも中日ドラゴンズのセリーグ優勝が決まるわけですが、そのあとに行われた矢野捕手の引退セレモニー。

横浜ベイスターズの村田選手と内川選手から花束をもらい、同僚の阪神の選手は選手会長・鳥谷選手、同年代の金本選手、下柳選手、そして新井選手から花束をもらい、非常に感動的な場面でした。

マイクを使っての挨拶では、最高の野球人生でした、という言葉を何度も話していましたが、阪神タイガースに入団してからの活躍は阪神ファンあら誰もが忘れません。中日ドラゴンズで7年、阪神タイガースで13年と思えば阪神での選手生活の方がかなり長かった矢野選手です。やはり阪神の矢野のイメージを誰もが持っていると思います。

またこの場に戻ってきます、と宣言していた矢野燿大選手。人望も厚く、人気もある矢野選手ですから将来、阪神のコーチ陣として必ずかえってきてくれると思います。再び甲子園で矢野燿大選手の縦縞姿を見たいと思うファンも多いはず。必ず甲子園に帰ってきてよ、矢野選手。

参考記事阪神、矢野燿大捕手、今シーズンで引退。残念な限り の記事

posted by MT at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2010年09月03日

阪神、矢野燿大捕手、今シーズンで引退。残念な限り

阪神タイガースで長年、キャッチャーを務めた矢野燿大(あきひろ)捕手。中日ドラゴンズの山本昌投手とともにアラフォー世代で、中日ドラゴンズ時代、星野監督とともにバッテリーも務めていた矢野選手。

その阪神タイガースの偉大な女房役だった矢野燿大選手が今シーズン限りでの引退を決め、阪神タイガース球団もこれに同意したそうです。

阪神タイガースに移ってからの矢野捕手といえば、守って良し、打って良しのイメージがあり、特にチャンスに強いイメージがいまだに頭に残っていて、まだまだやれるとの思いもあるのですが、さすがに一昨年オフに右ひじの手術と、今年に入っての城島健司捕手の阪神入団が大きく響いたようです。

それにしても阪神での全盛期を知っているファンにとっては、今岡のロッテ移籍、赤星の引退とともに非常に残念なニュースではありますが、阪神時代に野村監督から教わったID野球はまだまだ後世の阪神の捕手には必要な人材。一度、外から阪神を眺め再びコーチ陣として阪神に戻ってきてほしいですね。

今年はペナントレースで優勝する勢いのある阪神タイガース、このままなら来年も真弓監督続投が濃厚ですが、もし星野監督が阪神の監督になれば、この矢野選手、首脳入り一番候補でしょうね。
posted by MT at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2010年06月15日

W杯日本対カメルーン、1-0でまずは1勝、勝ち点3。寝不足

FIFAワールドカップ南アフリカ大会4日目、日本代表チームが初めて登場した日本対カメルーン戦。

日本時間のよる11時から始まったこの試合、もちろんというか、初めて登場するのだからと最後までテレビ観戦。前半39分に右サイドの松井大輔選手がドリブルの切り返しで左であげたクロスに本田圭佑選手が見事に左足で決めた1点を最後まで守りきって日本が初戦勝利で勝ち点3。すばらしかったです。

カメルーンはごたごた続きでなにやら戦力がダウンしていると聞いていましたが、まさか勝てるとは思いませんでした。いい出だしですね。次のオランダ戦はちょっと分が悪そうですが、がんばってほしいですね。

ところで、あのワールドカップ南アフリカ大会の会場で、観客が吹いているラッパ、ブブゼラ。試合中、ずっとあのうるさい音が鳴っていてなんだかずっと会場にハエが飛んでいるようで気になってしかたないですが、ああいう音関係は多少は規制してほしいです。

しかし、最後の方は断続的にカメルーンが怒濤の攻撃で日本は守りに一生懸命で、見ている方もはらはらどきどきで結局、最後まで集中してみてしまいました。世の中の人は自分と同じく寝不足で今日は昼間にうとうとする人も多いのでしょうね。それにしても気分がよろしい朝ですね。

参考記事ワールドカップ南アフリカ大会がいよいよ開幕。アディダスの公式ボールが違うらしい の記事
posted by MT at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2010年06月11日

ワールドカップ南アフリカ大会がいよいよ開幕。アディダスの公式ボールが違うらしい

ワールドカップ南アフリカ大会がいよいよ今日開幕します。4年に一度とのサッカーのワールドカップと言うことで、世界中盛り上がるわけですが、なんだか日本では過去のワールドカップよりもいまいち盛り上がってないような...。

日本がサッカーワールドカップに初出場のころはそれなりに新鮮さもあり、一般の人も物珍しさからワールドカップに注目が集まっていたのですが、もうそろそろ本格的なサッカーファン以外はちょっとさめちゃったのかも。

ところで、今回のワールドカップ2010南アフリカ大会のアディダスの公式サッカーボールですが、なにやら前回とはちょっと違うみたいです。前回の2006年のドイツ大会ではアディダスの公式サッカーボール、14枚のパーツから作られたものが使われていたのですが、今回の南アフリカ大会では8枚のパーツのサッカーボールになったそうです。

これによって縫い目が少なくなることによって空気の乱れが大きくなり、無回転で打ったボールが大きく揺れるとかで、野球で言うナックルボールの状態のようになり、フリーキックなどの得意な一流選手はこれをうまく使って揺れるフリーキックを駆使してくるんじゃないかとか。

このアディダスのサッカー南アフリカ大会公式球、名前をジャブラニ(JABULANI)というそうで、ドゥールー語でお祝いという意味だそうで、重量は前回と変わらぬ940gだそうです。このアディダスのサッカーボール、ジャブラニですが、今シーズンJリーグでも使われているそうで、その点、もしかしたら日本にちょっとはちょっとは有利かも...。

それにしてもサッカーボール一つとっていろんな技術開発が行われ次から次へと出てきますが、このサッカーボール、これを機会に売れるんでしょうね。

参考記事W杯日本対カメルーン、1-0でまずは1勝、勝ち点3。寝不足 の記事


posted by MT at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。