スポーツ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2011年07月18日

なでしこジャパン、女子サッカーワールドカップ初優勝。よく考えたらすごい

女子サッカーワールドカップで初優勝。

日本時間の今朝まで行われていたサッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会。正直言ってサッカーの女子ワールドカップなんてよく知りませんでした。

なんと言っても最近テレビでよく報道されていて、なでしこジャパンがドイツに勝った、スウェーデンチームに勝ったというニュースが流れていますが、いったい何の大会で勝ったのか、よく知らず、一昨日あたりにはじめてワールドカップと言うことが判明。

ワールドカップといえば、サッカーで言えば、世界最高峰。それが女子のサッカーというだけで一気に知名度が低くなると言うか、男子ほど盛り上がりが大きくないのは、やはりまだまだ歴史が浅いと言うこと何でしょうかね。

それはともかく、日本時間の今朝まで行われていたアメリカとの決勝戦、なでしこジャパンは延長戦まで含めて絶えずアメリカにリードを許しながらもけっきょく2−2のまま、PK戦突入。勝つならPKかなとも思っていましたが、やってくれました。

PK戦では日本のゴールキーパー海堀が3連続スーパーセーブで、なんなく日本が勝利。国際試合では一度もアメリカに勝ったことがなかったのに、このワールドカップではじめてアメリカに勝つとはいったいデータって何なんだろうと思いましたが、あくまでもデータは過去形。うれしい結果となりました。

なでしこジャパン、日本女子サッカー代表はワールドカップで初優勝。うれしいニュースですね。しばらくなでしこジャパンの話題で日本は持ちきりでしょうね。このなでしこジャパン、女子ワールドカップ初優勝で、女子サッカーという、日本ではマイナーな競技の知名度が一気に高まりそうです。

日本女子サッカー代表監督は穏やかそうな佐々木則夫監督。その指導力もどうやら後付ですが、定評のようです。ともかくなでしこジャパン、優勝おめでとう。



posted by MT at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2011年05月23日

WIN5で史上最高の1億4600万円の払戻金。競馬も熱い

WIN5といえば、競輪のチャリ・LOTOの成功にならって始めた競馬番のTOTOといってもいい高額当選が狙える馬券方式。

日本中央競馬界、JRAが今年の4月から導入した5重勝単勝式の新馬券の「WIN5」。そのWIN5で、日本中央競馬界、JRAでも史上最高金額の払戻金である1億4685万110円の払戻金を記録しました。

このWIN5で史上最高額の払戻金が出たレースの最後に行われていたレース、競馬にはほとんど興味がないのですが、何となくつけていたラジオ中継を聞いていたら、実況を担当するアナウンサーが史上最高額が出ましたと言っていたので、へえ、と思ったくらいですが、よくよく考えたらすごい金額。

このWIN5で見事5レースを当てたのは全国で6票ということで、うらやましい。うらやましいといっても馬券を買わないので何ともなりませんが、それにしてもため息が出ます。

このJRAのWIN5、全国で行われている日本競馬界のレースのうち、重傷の5レースでの一着馬をすべて当てるという馬券。昨日の該当レースは東京競馬場の10、11レース、京都競馬場の10、11レース、新潟競馬場の11レースとそれなりに大きなレースばかり。なので結経当たりそう、と素人は思ってしまうのですが、どうなんでしょう。

いずれにせよ、競馬もギャンブル。当選金がいくら高額になっても、自分の身の程にあった賭け方にとどめておかないと、ギャンブルで身を滅ぼします。熱くなるのはほどほどに。

posted by MT at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2010年11月22日

楽天・岩隈久志投手、アスレチックスと交渉決裂で来季も楽天。そんなことあるんですね

入札制度、いわゆるポスティングシステムを使って、来季からアメリカ大リーグへの移籍を目指していた東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志投手。

その東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志投手をポスティングシステムの最高額で落札したのがアメリカ、メジャーリーグのオークランドアスレチックス。メジャーリーグの中でもかなり貧乏球団なのがこのアスレチックスといわれていおり、本命のシアトルマリナーズを押しのけて最高額で岩隈久志投手との交渉権を獲得したわけですが、交渉決裂をしたそうです。

交渉決裂の原因が契約金額が折り合わないためということみたいですが、それにしても最高額入れておきながら金額での交渉決裂というのもふに落ちない。しかも、この制度を使って交渉決裂すれば他の2番手の金額を提示したところと交渉できると思っていたら、一度ポスティングシステムを使ったら翌年11月まで同制度での移籍は認められないということです。なんだか選手にとってはちょっと納得できないシステムですね。

これで自動的に楽天への残留が決まったそうで、この制度での交渉決裂は始めてということです。岩隈投手にとっては非常に残念であり、意外な結果ですね。来年中に海外への移籍ができるフリーエージェント権を獲得できるので来年には確実に思ったところと交渉できるのでしょうが、来年、フリーエージェントで海外に移籍されては球団にはお金が入ってこないし、楽天にとっても頭が痛いところでしょう。

逆に今年から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任した星野仙一新監督にとっては、先発陣が一枚加わってありがたい話で、今年は楽天も活発に新戦力補強をしているので来年は楽天がかなり暴れそうですが、実際、シーズンが始まらないとそこはわかりません。

来季はちょっと楽しそうなパリーグになりそうですね。
posted by MT at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2010年10月28日

斎藤佑樹投手は日本ハムか。ドラフト会議2010すっかり忘れてました

プロ野球のドラフト会議が今日行われました。といってもなんだかいつの間にやらドラフト会議が行われていた、という感じが否めません。

ところで注目の早稲田大学、斎藤佑樹投手はヤクルト、ロッテ、ソフトバンク、日本ハムの4球団が競合指名の上、くじ引きで日本ハムが指名権を獲得しました。斎藤祐樹投手がいったいどの球団に入りかったのかそこのところの事情はよく知りませんが、北海道日本ハムファイターズか。まあ、ダルビッシュ投手もいることだし、お金を出さないオリックスやセリーグであってもがたがたしている横浜ベイスターズなんかに比べればよかったんじゃないでしょうか。

斎藤祐樹投手といえば、高校を卒業してすぐにプロ野球に入った東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大(まさひろ)と甲子園で争ったあの場面が目に浮かびますが、すでにあれから4年、時が経つのが早すぎます。同じパリーグということで、またあの2人、斎藤祐樹と田中将大の名勝負が見られそうで、パリーグはちょっと盛り上がりそうですね。

それにしても今年は、日本シリーズの地上波テレビ放送の全国中継が1、2、5戦と行われないなど、日本のプロ野球の人気面がかなり怪しくなっています。むかしは日本シリーズといえば、視聴率の取れるプログラムだったのに、いまや日本シリーズもテレビ離れ、それに不況によるスポンサー離れで、全国ネットされない時代になってしまったんですね。なんだかさみしい話ですね。

posted by MT at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。