スポーツ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年08月12日

竹下佳江バレーボールの銅メダリストが元阪神の江草仁貴投手と結婚していた。どこに接点が...

バレーボール日本女子がロンドンオリンピック2012で銅メダルを獲得しました。ロンドンオリンピックの後半に来て、バレーボールでメダルが取れてよかったよかったと感動しておりました。

そんな日本女子のバレーボール銅メダルにわくニュースの中、あらと思う報道がありました。そのバレーボール日本代表チームでセッターを務めていたベテラン・竹下佳江選手と、プロ野球元阪神タイガースの中継ぎで活躍し、現在は広島カープに所属する江草仁貴投手が結婚していたというニュース。

はい? なにそれ? 竹下佳江選手は九州出身、江草仁貴投手が広島出身でその辺の接点はないようだし、どこで知り合ったんだ。まあ、もともとスポーツ選手同士なので、競技の違いはあれ、通じ合うところはあるんだろうが、かなりびっくりする組み合わせ。

しかし、ちょうど銅メダルをとったタイミングでこういうおめでたいニュースが発表されるのはダブルでおめでたい。スポーツ選手として銅メダルを獲得し、おまけに結婚という女性の幸せも勝ち取って、竹下佳江選手、今が幸せの頂点でしょうかね。

竹下佳江選手と江草仁貴のカップル、運動神経がいい者同士、ちょっと早すぎる話ですが、きっと素晴らしい身体能力の子供さんができるでしょうね。末永く、お幸せに。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120812-00000000-dal-spo


posted by MT at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2012年08月08日

卓球女子団体ロンドンオリンピック銀メダル。中国は強すぎる

ロンドンオリンピックの卓球女子団体で日本の3人、福原愛、石川佳純、平野早矢香の日本人3人娘がオリンピックで初の銀メダルを獲得し、日本を沸かせてくれました

決勝戦の相手は中国でしたが、決勝戦前に日本人選手から金メダル、という声を聞くことがなかったような気がします。中国チームがあまりに強すぎて、金メダルは無理、銀メダルで満足って最初から思っていたからかもしれません。

中国といえば卓球王国。ほかのスポーツに関してもそうですが、小さいころから各スポーツで才能のありそうな子供をエリート教育で育て上げるシステムで、メダルを量産しています。

ロンドンオリンピック女子卓球の団体戦決勝戦を見ていても、どう考えても日本チームと差がありすぎて勝てる気がしませんでした。やはり広大な中国、日本とは潜在力が違うということでしょう。しかも、子供のころから勉強などもせず、朝から晩まで卓球ばかりを教え込まれた卓球しかしらない選手ばかりですので、必然的に強い選手ばかりになるでしょう。

そういえば、日本と団体戦を戦ったドイツにも中国系の選手がいたし、ほかのヨーロッパのチームにも中国系の選手が多くいたので、各国、卓球強化のために国籍を変えさせてまで中国選手を取り込んでいるようです。それだけ中国の卓球ナショナルチームが強く、中国ナショナルチームには残れない卓球選手がほかの国に活路を見出すため国籍を変えているということでしょう。

今回の日本女子卓球の団体銀メダル。無敵の中国相手に勝てるわけない現状では最高の色のメダルだと思いますが、日本が中国に勝つ日はなかなかこないだろうな...。

posted by MT at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2012年06月20日

井岡一翔、日本初のWBC・WBA統一王座に輝く。チャンピオン同士の素晴らしい試合でした

ボクシングWBCミニマム級王者の井岡一翔選手とWBAミニマム級王者の八重樫東選手のWBC・WBA世界ミニマム級王座統一戦が井岡選手の地元、大阪のボディメーカーコロシアムで行われました。

日本人同士としては世界統一戦は初めて。この試合に勝った方が日本人初の世界統王座に輝くわけです。井岡一翔選手は23歳でおなじみボクシングサラブレット。対する八重樫東選手は29歳のベテランで、今回がWBAミニマム級王座の初防衛戦でした。

自分は途中から見たのですが、この試合、すごくいい試合で、途中から八重樫東選手の左目が晴れてほとんど見えていない状態でしたが、井岡一翔選手、見えている八重樫東選手の右目をわざとパンチすることもなくい、クリーンな戦いを展開し、結局は12ラウンド判定に持ち込んで、ジャッジは3−0で井岡一翔選手の判定勝ち。

そして井岡一翔選手が日本初の世界統一王者に輝きました。おめでとう。しかし、あまりボクシングのシステムはわかりませんが、今後、井岡一翔選手はボクシングWBC・WBA統一王者として世界戦をたたかっていくんでしょうか? 階級を上げて戦いたいとも語っていたので、そのうち王座を返上することもあるのでしょうが。

まだまだ23歳と若い井岡一翔選手、今後の活躍がますます期待できそうですね。


posted by MT at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

原辰徳巨人監督、元暴力団員に脅され1億円支払う。日記を渡したバカ女

巨人の原辰徳監督が元暴力団員に1億円を払っていたとする記事が、21日の週刊文春に掲載されるらしいです。この記事の中で、原辰徳監督が現役時代の1998年にとある女性と関係を持ち、その当時のその女性が書いた日記がどうやら暴力団とみられる人物にわたり、それを表沙汰にしないためにゆすられ原監督が1億円を支払っというもの。

週刊文春側はこのゆすった男が2人で、これが暴力団関係者だったと書いています。原監督側は金を支払ったことは認めています。しかし、巨人球団は会見を開いて「記事は事実と異なり、原監督と球団の名誉を毀損する」と発言。損害賠償訴訟を起こす方針を示したそうです。

原監督がお金をゆすられ、渡した相手が暴力団関係者かどうかはともかく、お金をこんな方法で巻き上げたのは事実。いまだにこんな手でゆするんですね。しかし、こんなことといってはなですが、昔の女性関係くらいで1区も払わなくても。報道したきゃさせとけばと思うのですが。

ま、こんなことネタにゆすってくるのは、暴力団くらいしかいないと思いますが、そもそもこんな日記を人に公開する原監督と付き合っていた女性もばかもの。先日のAKB48からHKT48に移籍させられた指原莉乃との昔交際していた馬鹿者男がマスコミに金で情報を売って大騒ぎしてましたが、世の中、とんでもない大ばか者が多すぎる。

有名人との過去のよかった思い出をばらして、スキャンダル化して金にするバカな輩ども、有名人はおいそれと恋愛もできませんね。

posted by MT at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。