スポーツ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月30日

世界陸上、男子の走り高跳びも面白かった

昨夜、世界陸上の男子走り高跳びの決勝。テレビで見るまでは男子の走り高跳びなんて...と思っていたのですが、見てみるとなかなか面白い。

しかも、この世界陸上の男子走り高跳びを制し、金メダルに輝いたのは、まだ走り高跳びを始めて1年半のバハマのドナルド・トーマス。昨年までは走り高跳び専用のシューズがなく、スニーカーで2メートル24センチを跳んだというからすごい。

ドナルド・トーマスの走り高跳びの跳び方は解説者に言わせれば、独特の跳び方らしいが、素人目にはどこが変わっているのか分からないのだけれども、まあ高く跳べば勝つ競技なのでその姿を見ているだけでも楽しい競技だった。

ちなみに4位に終わったスウェーデンのステファン・ホルム選手の跳び方は素人の私が見ていても美しいラインと分かったが。

今日も興奮の試合が続きます。
posted by MT at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年08月29日

世界陸上5日目、男子200メートル準決勝、タイソン・ゲイ2冠に向けて

世界陸上2007大阪大会5日目、夜の部ですが、今日は決勝では、女子円盤投げ、男子走り高跳び、女子100メートル障害、女子400メートル、男子1500メートルなどがあります。

男子走り高跳びの決勝がありますが、女性にとってはイケメン揃いの試合でいいみたいですね。男性はあまり見てても楽しくないかもしれませんが...。

女子5000メートル1次予選に笑顔の弾丸娘・福士加代子が出場します。この女子5000メートルの日本記録保持者なので世界のどこまで通用するかな。しかし、5000メートルもの距離なら、スタミナ面も考えると、いきなり準決勝くらいからでもいいと思うのですが...。

また午後10時20分、最終競技に男子100メートルで金メダルを取ったアメリカのタイソン・ゲイが2冠に向け準決勝に出場。ここが見所でしょうか。

今日もテレビの前で世界一流の競技が見られそうです。
タグ:世界陸上
posted by MT at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

世界陸上、ロシアの青い妖精エレーナ・イシンバエワはすごかった

昨日の世界陸上、日本の末續慎吾選手、男子200メートル2次予選6位敗退は、まことに残念でしたが、女子棒高跳びのロシアの青い妖精エレーナ・イシンバエワ選手の跳びはすごかったですね。

あの試合駆け引きもさることながら跳躍力もすごかったです。しかも美人のエレーナ・イシンバエワ。もうちょっと鼻が低いとかわいらしい感じの美人になるんですけどね。

この青い妖精、エレーナ・イシンバエワですが、もともとはロシアで体操をしていたらしいのですが、身長が伸びすぎて体操には向かなくなってしまい、女子棒高跳びに15歳の時に転向し。

エレーナ・イシンバエワは今25歳とちょうどノリのいい時期なのですが、その当時は女子には棒高跳びはなく、男子にしか棒高跳び競技がありませんでした。陸上競技に女子の棒高跳び競技がない時代によく転向したなと思うのですが、その転向がぴたりとはまり、いまではエレーナ・イシンバエワは女子棒高跳びの第一人者です。

昨日のエレーナ・イシンバエワは4メートル80をただ一人跳んで金メダルを悠々と決めた後、世界新記録の21回目の更新を狙い、自らの持つ5メートル01センチを1センチ上回る5メートル02センチを狙いましたが、3回のトライは失敗。最後の3回目はちょっと惜しかったですが、世界陸上10万ドルの世界新記録達成ボーナスを取りそこねましたね。

しかし、昨日はテレビの前ながらいい競技を見せてもらいました。
タグ:世界陸上
posted by MT at 09:32 | Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ

2007年08月28日

末續慎吾選手残念、2次予選6位に沈む

末續慎吾選手、男子200メートル2次予選6位敗退、残念でした。

女子走り幅跳びもロシアのタチアナ・レべデワ他、熱そうですね。

為末大がでるはずだった400メートルハードル決勝も残ってます。

イシンバエワの結果はいかに。

大阪の夜はまだまだ暑い。
タグ:世界陸上
posted by MT at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。