スポーツ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2008年03月07日

高橋尚子、名古屋国際女性マラソンで北京への切符をつかめるか

高橋尚子選手(ファイテン)が走る名古屋国際マラソンが近づいてきました。高橋尚子選手、Qちゃん、北京オリンピックへの最終切符を見事もぎ取ることができるのでしょうか。

北京オリンピックへの女子マラソン、日本代表の最終選考レース、名古屋国際マラソン2008が日曜日に行われます。日本人の女子マラソン蓮はすでに世界陸上で3位の銅メダルをとった土佐礼子選手と、2004アテネオリンピックの女子マラソン金メダリスト野口みずき選手がすでに北京オリンピックの代表に決まっています。残る枠はただ一つ。

この名古屋国際女子マラソンで、高橋尚子選手、いい上位成績を残さないと北京オリンピックの代表は難しいとのことです。かつての2000年シドニーオリンピックでは金メダルという最高のメダルを取った高橋尚子選手。年齢的にも北京オリンピックは高橋尚子選手にとっては最後のオリンピックレースになるでしょう。

今回は高橋尚子選手用に、アシックスもスペシャルシューズを開発したらしいです。靴だけでどうにかなるようなレースではありませんが、新しいシューズは高橋尚子選手の成績向上のバックアップにはなっているでしょう。

前回のアテネオリンピックでは日本代表選考に洩れてしまった高橋尚子選手、ここは是が非でもいい成績を叩き出し、できれば、この名古屋国際女性マラソンで優勝してすっきりと北京オリンピックへの切符を撮ってほしいですね。高橋尚子選手には、前回のような涙は流してほしくないものです。
posted by MT at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年01月30日

ハンドボール女子北京五輪アジア予選、韓国と実力差がありすぎた

ハンドボールの北京オリンピックへのアジア予選が昨夜、東京の国立代々木競技場で行われました。日本代表・女子ハンドボールチームは韓国チームに完敗でしたね。

試合が終わってみれば韓国相手に日本21対34韓国。あまりの大差でした。昨夜はテレビのニュースで韓国に1対3で負けていて、その時点で「ああ、やっぱり韓国との実力の差はありすぎるな」と序盤時点で中継は全く見なかったのです。

というのは過去の韓国との対戦成績4勝35敗1分けと大きく負け越していることから、まあ、女子の方が実力差がありすぎるということでそれほど期待してなかったのも事実です。

「中東の笛」問題で再び、北京への切符がみえてきた日本女子ハンドボールチームですが、今回は残念。でもまだ3月の世界最終予選が残っていてそこで上位に行けば北京オリンピックへの道が開かれています。

そして今日はいよいよ男子のハンドボールアジア予選。こちらも強い韓国に対して12勝24敗2分けの通算成績らしいですが、しかし790年以降2分けをはさんで15連敗中とのこと。昔は強かったが、今は日本も圧倒的に不利のようです。

しかし、今回はとりあえずホームの日本での試合です。なんとか日本人の応援が後押しして勝ってくれると、とも思うのですが...。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080129-00000149-mai-spo


posted by MT at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ

2008年01月27日

福士加代子、大阪国際女子マラソン失速で北京遠のき高橋尚子がほくそ笑む

福士加代子、大阪国際女子マラソン、急に失速。弾丸娘の北京への切符は0パーセント。名古屋にかける高橋尚子は、これでで安泰のような気が...。

今日、寒空の中で行われた北京オリンピックの女性マラソン選考会も兼ねた大阪国際女子マラソン。大阪市・長居陸上競技場を出発したランナー達から早々と抜け出した弾丸娘の福士加代子(ワコール)、見ていたらいきなり前半でぶっちぎりのトップでした。


半分の折り返し地点まで、いやほぼ30キロ地点までは絶対、福士加代子の独走優勝の気配が漂っていました。ところが30キロをすぎたあたりから雲行きが怪しくなってきて徐々に遅れ、自分がちょうどトイレに入っているときアッという間に35キロ間際でイギリスのマーラ・ヤマウチにぬかれ、結局、終わってみれば福士加代子、19位の惨敗でしたね。

35キロをすぎたあたりの福士加代子は前半とはまるで別人で、まるでジョギングしているかのようなペース。そしてトラックに入ってきたときは何度も何度も足がふらふらで転び、ゴール前10メートルの所でさえ転んで、なんとかゴールできた福士加代子。最後は痛々しいゴールでした。

福士加代子にとっては初マラソンでペースがつかみきれなかったのかもしれませんが、あの後半の失速で今回は福士加代子、何かを学び取ったのでしょうか。2位に入った森本友(天満屋)が2時間25分34秒で日本人最高でしたが、タイムもそれほどすばらしいモノでなく、高橋尚子はほっとしているんじゃないでしょうか。

今度の名古屋国際女子マラソンで、高橋尚子は北京オリンピックへの切符をかけるわけですが、高橋尚子も、伏兵と目された福士加代子が消えて、よっぽどぶざまな走りをしなければ北京オリンピックへの道が近づいたように思うのですが...。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000009-maip-spo
posted by MT at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年12月13日

福留孝介外野手、メジャーリーグカブスへ、その額4年で53億円

中日ドラゴンズからフリーエージェント(FA)宣言していた福留孝介外野手が、自分自身の声で移籍先の球団をアメリカメジャーリーグのシカゴカブスの方向で考えているとのコメントを残しました。

そしてその福留孝介外野手とシカゴカブスの契約は、大リーグの公式ホームページによると契約年数4年、年俸総額4800万ドル、日本円に換算して約53億2800万円、1年あたりに直すと13億3200万円なり。

1年で13億3200万円ですよ、福留孝介外野手の年俸が。では1日、365日で割ってみましょう約1日あたり365万円になります。日給365万円....。いやはや。

実は以前、オリックスからポスティングでシアトリマリナーズへ移籍したイチロー選手の初年度の年俸が約6億円、昨年の怪物、レッドソックスの松坂大輔でさえ876万ドル(約9億6400万円)といわれていたのに、あっさりと、1年でその金額を超えてしまいました。

一説によると日本のジャイアンツも4年で30億円を超えるオファーを福留孝介外野手に出していたようですが、そんな金額もメジャーの金額に一蹴されてしまった感じがします。ジャイアンツもメジャーには流石に勝てない気がします。

メジャーリーグを見渡せば、ニューヨークヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手のように10年で300億円以上の契約選手もいるので上には上がいるのですが、いやはこの福留孝介外野手の契約金額には日本中驚いているの違いありません。

以前は、日本人がメジャーリーグに行くことさえ難しかったのに、やはりあの野茂英雄投手がこの日本人のメジャー行きへの扉を開いてくれたのだと思います。

プロ野球選手にとって何が自分の力の証明になるのか?と問われたとき、尺度と言えば年俸くらいのものになってしまうのでしょう。自分がどう評価されているのか?という唯一の尺度は、究極的には年俸というものしかないといっても過言ではないでしょう。

阪神の藤川球児選手も、来季オフのポスティングでのメジャーリーグ行きを球団に求めたようですが、日米の球団が出す年俸の限界というものを日本がもっと引き上げない限り、今後、ますますアメリカメジャーリーグに野球版アメリカンドリームを求めて出ていく選手が増えるに違いありません。今回の福留孝介外野手へのこの高評価も日本人プレイヤーたちに勇気を与えたような気もします。

今回の福留孝介選手の場合、シカゴカブスは当然、福留孝介外野手がカブスに入ることによって球団に入るテレビ放映の権利料やコマーシャル料など経済波及効果も含めての年俸だと思いますが、はたして福留選手がどれだけ来季、活躍するのか、見ものですね。


posted by MT at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。