話題 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年06月04日

マダムシンコの会社では貢献した社員にベンツを贈る。ベンツくれても有難迷惑ではないか

マダムシンコといえば、大人気の洋菓子店「マダムシンコ」を経営する会社カウカウフードシステム社の社長。最近はテレビでもバラエティー番組に頻繁に出演しているので顔を覚えている方も多いと思います。

そんなマダムシンコの洋菓子店「マダムシンコ」では、年末になると社員にマダムシンコの直筆の手紙を添えて落とし玉を現金で支給するらしい。その総額なんと2000万円。年末になると銀行員が1000万円の札束を毎年、持ってくるようです。パート社員にも配るらしいですが、その額は3000円から100万円。お年玉で100万円もらう人ってどんな人だ、いったい。

そしてこのマダムシンコでは、社員の中で5年以上在籍する会社への貢献者にはベンツをプレゼントするというイベントがあるらしい。今まで5人の写真にベンツがプレゼントされたそうで、それも事前に知れらされず。500万円ほどのベンツがプレゼントされるそうです。

しかし、ベンツは確かに高級車で欲しい人、乗りたい人にとっては憧れの車かもしれません。ステータスの象徴ともいえるしね。ただ、ベンツなんて贈られても困る人もいるでしょう。だってベンツなんて任意保険だってバカにならないし、部品も安くないので車検の時も必然高くなる。維持するだけでもけっこうお金が飛んでくんです。

そんな金食い虫のベンツをプレゼントされても、社長からもらったものだから転売できないし、ある意味迷惑な場合もありそう。どうせプレゼントをもらうなら、やはり現金が一番だわな。車は誰にとっても必需品とは限らないですからね。



posted by MT at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2013年03月13日

ロト7が1等賞金8億円で新登場。1口300円はどうかと思うが、夢がある

ロト6といえば、1から43の43個の数字の中から、自分の好きな任意の6の数字を選び、その6つの数字がぴったり合えば、見込み当せん金は約1億円。キャリーオーバーで前回からの繰越金があれば最高4億円、ない場合は最高2億円の賞金があたる夢のある宝くじです。

年末ジャンボ宝くじとか、サマージャンボなどの通常の宝くじと違って自分で数字を選択できるので、そのあたりが昔からの宝くじファンにも、若い人にも受けているんでしょうが、この度、その上を行く賞金額、1等賞金額最高8億円のロト7が2013年4月から新発売されることが発表されました。

ロト7ですが、1から37までの数字を7つ選び、その7つの数字がぴったり合えば、賞金4億円、キャリーオーバーが発生していれば最高8億円の賞金が当たるとあって、それなりに人気になるでしょうね。

ロト6が1口200円なのに対してロト7が1口300円。ロト6が1週間に2度の抽選に対してロト7が1度の抽選と違いはありますが、なかなか興味深いですね。

先日、そのロト7の発表会が行われ俳優の妻夫木聡と柳葉敏郎がその8億円分のダミーの札束とともにステージに上がっているところを見ましたが、意外に8億円って少ないっですね。ダブルベッド位の大きさで厚みのある束ができそうかな、と思いましたが、ちょっと意外でした。

このロト7、毎週金曜日に抽選され、第1回は4月5日kらだそうで、ちょっと楽しみですね。


posted by MT at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2013年01月26日

バイアグラとお茶を一緒に摂るとガンに効く? 食べ合わせの妙ですね

バイアグラといえば、ファイザー製薬が開発した男性用機能障害治療剤。世界的にもヒットした製薬品なので男性諸氏で知らない人はいないでしょう。

そのバイアグラ、ED(Erectile Dysfunction)薬の一つ。EDは勃起不全などを意味します。このED薬と緑茶などに含まれるカテキンの一種である、「エピガロカテキンガレート(EGCG)」を併用して投与すると、がん細胞を死滅させ、高い抗がん作用を発揮することを九州大学の研究チームが発見したそうです。

こうしたED薬とカテキンの組み合わせを考えて、研究した九州大学の研究チームもなかなか発想力がゆたあだと思いますが、日本の研究もまだまだ捨てたもんじゃないですね。

実験ではヒトの乳がん細胞をマウスに移植し、2日に1度の割合で投与したそうですが、その際はがん細胞が16日で異滅したそうです。ちなみに胃がんやすいぞうがん、ぼうこうがんでも同じような効果が得られたそうなので、これはかなり期待が高いですね。

これからこのED薬とカテキンの併用投与による臨床実験をアメリカで行うそうですが、早くこれが実用化されれば多くの人が救われるだろうに。

ここではどのED薬かは書いてないですが、それってお茶と一緒にバイアグラを摂れば、ガンを治すことができるってこと?でしょうか。しかし、副作用が。この場合、バイアグラが本来の目的とすることが副作用にあたるともいますが、毎回投与されるたびにその気がないのに、体が反応したら収まりがつかなくなる....。


posted by MT at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2013年01月07日

すしざんまいが大間のマグロを初競りで1億5440万円で落札。ライバルは来年から初競りに不参加

本店を東京都中央区築地の置く「すしざんまい」の運営会社が築地市場で5日の行われた水産物の初競りで、222kgの本マグロを史上最高値となる1億5540万円(1キロあたり70万円)で競り落としました。

この東京築地市場の初競りでは昨年もこの寿司チェーン店「すしざんまい」が競り落とし、今年は2年連続で競り落としたわけですが、昨年の1キロあたり21万円、総額5649万円に比べると約1億円もアップしているということで、これはちょっとやりすぎって感もなくもないですが。

もちろん初競りで競り落すことによる宣伝効果は抜群で、この店「すしざんまい」も競り落としたマグロをお店で出すことでたくさんの人がやってくるでしょうが、それでもこの価格異常な値段ですね。

ちなみに築地市場で競り落とされたマグロですが、競りの価格の80%が釣った漁師さんの懐に入るそうです。すなわちこれを釣った青森県大間の漁師さんの元には1億2000万円程度が入るそうで、釣った漁師さん、宝くじに当たったようなもんですね。

今回も競りに参加して、すしざんまいと、実質2社での戦いとなったライバルの香港の「板前寿司」。あまりの高値に来年からはこの初競には参加しないことを表明しており、来年からはこんな高値はつかないと予想されます。自分的には100円回転寿司で十分なので、こういうマグロが口に入ることはないでしょうが、しかし、このマグロの値段には本当にびっくりしますね。


posted by MT at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。