話題 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年11月14日

モンキーコーヒー、なんだか飲んでみたい

台湾にモンキーコーヒーっていうコーヒーがあるということをテレビでやっていました。

モンキーコーヒーってどんなコーヒーなの?って最初は思ったのですが、読んで字のごとくモンキー(サル)がコーヒーの赤い実を食べる、そのあとに実だけ食べてコーヒーの種の部分を吐き出すので、それを拾って焙煎して出したコーヒーということです。サルの唾液が混じっているけどそのあたりはどうなのかな。

でもそのコーヒーは、バニラの甘い香りで、非常にうまい味らしいのです。そんなコーヒーならぜひとも飲んでみたい...。

ところが、色々見てみるとどうもモンキーコーヒーのオリジナル?はアフリカの非常に珍しいコーヒーで、サルがコーヒーの実を食べたあとフンをする、そのフンのなかから消化していないコーヒーの種を取りだして、そのコーヒー豆のことをモンキーコーヒーと呼ぶそうです。

ちょっと待てよ、と思いました。前者、台湾のモンキーコーヒーとアフリカのモンキーコーヒー、呼び方は一緒なれど、個人的に見ると全くイメージが違ってきます。

サルが口に入れて食べられなかった種の部分ならまだしも、サルのフンから採取したもので入れるコーヒーでは...。やはり人間としてはチョとアフリカ産は...。

個人的に見れば非常に興味ありでモンキーコーヒーを飲んでみたいのですが、できればこの台湾モンキーコーヒーとアフリカのモンキーコーヒー、両者ののみ比べがしてみたいですね。ただ、アフリカ産は最初の1杯だけでいいやなどと思う次第です。


posted by MT at 06:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2007年11月08日

ニンテンドウDS「DSテレビ」予約受付でアクセス殺到

先日、発売を発表したニンテンドウDS用のワンセグ受信アダプター「DSテレビ」が、本日午後1時から受け付け開始ということで、その直後から、任天堂の予約のホームページがアクセス殺到で非常につながりにくい状態になったようです。

任天堂の広報では、予約状況の詳細はまだわからないとのことですが、なんだか順調に予約が入っているみたいですね。

しかし、まったく買う気がなかったのですが、そんなに人気があるなら予約も入れたいような気がしてくるから、人気があるものの関連商品は宣伝するだけで相乗効果があるのがわかりますね。


posted by MT at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

インドの8本手足のある少女、無事に手術が成功

インドのバンガロールの病院で、ラクシュミちゃんという手足が8本ある少女の分離手術の24時間以上かかって行われ無事成功したそうです。

分離手術というと以前、枯れ葉剤の影響で結合してしまったベトナムのドク君、ベト君が日本で手術を受けました。彼らは頭が二つあり、人としても2人で、分離した結果、片一方のベト君?だったかが脳に障害を受け、長く煩ったまま先日亡くなりました。

こちらのインドのラクシュミちゃんは、頭は一つで人としても1人ということでベト君ドク君とは違う状態だったものの、そのままでは10代までは生きることができないと言うことで、今回36人の大医師団での大がかりな手術だったようです。

しかしながら手術成功と言うことでよかったですね。しかし、写真を見るとかわいらしい顔をした女の子です。こういう人たちも長生きができるようにったということで医療の発達というのはめざましい面があることを改めて実感するニュースでした。
posted by MT at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2007年11月04日

レッサーパンダの風太の子供の双子、名前決まる

立ち姿が話題になったレッサーパンダの風太、その風太と雌のチィチィとの間に生まれた雌の双子の名前が公募によって決められた。

千葉市動物公園の来園者による投票で決定した名前は姉が「風美」、妹が「風鈴」とのことだ。この2匹、現在は母親のチィチィと3匹で暮らしているとのことだが、その理由がレッサーパンダの雄は子育てをしない習性があるためとのこと。

このレッサーパンダ特有の雄は子育てしないという習性の話を聞いたとき、人間と対比してどうなんだろうと思った。

腹を痛めて子供を産むのは女性、男性は基本的には痛みも分かち合うこともできないし、せいぜいその場に立ち合うだけである。そんな意味ではやはり子育ての基本は腹を痛めて子供を産んだ母親だと思うし、それだけ子供に対して思い入れがあるのは女性ではないだろうか。それ故に動物的見地からいうと子育ての基本的なメインの役割は女性だと思う。

しかし、人間はレッサーパンダと違って大脳皮質も発達していて社会生活もある。人間らしさはそれ故にあるのだが、やはり男親は男の子の、女親は女の子の手本となるべき姿を見せて、人生の先導者とならないといけないなあ、なんてレッサーパンダの子育てしない雄の習性を聞いてちょっと思ってしまったトピックスだった。
posted by MT at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。