話題 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2015年06月26日

ワンダーコアとライザップ、あなたならどちらを選ぶ?

最近、テレビを見ているとやたらとライザップのコマーシャルを目にします。太っていたときの人物と、痩せた後の同じ人を出演させているのですごくインパクトがありますね。赤井英和のコマーシャルは有名人を使っているだけあって特にインパクトがありますね。



まあ、そんなライザップですが、あの宣伝見ただけではいったいいくらかかるの? というのがわかりませんが、ライザップのホームページを見ると基本コースで2か月で1回50分のパーソナルトレーニングが16回で、入会金5万円+29万8000円(税別)。ということは消費税込みで37万5840円。おお、高い。

最近、そのライザップのパーソナルトレーニングの内容を暴露する記事が出てきて、そのトレーニングの内容は週2回のきつい筋力トレーニング、そして極度の食事制限、ということで、食事制限が入っていて、これがまたきつく、毎日スマホで食べたものを送ってチェックされるそうです。

それだけやれば、痩せるわね、確かに。食べるものを制限されるんだから。しかも、基本コースの中に入っていないサプリメントやらを進められたなりに買うと総額60万円にも達するという事実。しかも、入りバウンドしてもライザップは知りませんということで、リバウンドしている人もざらにいるようです。

見た目は重要だけど、痩せるためだけにそんな大金つぎ込んで、しかも、言われるままにしていると60万円の大金をつぎ込まなければならないかもしれないライザップ。最近はマスコミに叩かれいかなる理由であってもプログラム開始から30日間は全額を返金することに規約を改定したようですが、それでも入会金の5万円分は戻ってこないですね。

そして、もう一つ、最近、テレビで話題の腹筋トレーニングマシン、宇梶剛士がコマーシャルに出演するワンダーコア。最近では置く場所を小さくしたコンパクト型の剛力彩芽がCMキャラクターのワンダーコアスマートなんていう商品も出ていますが、自分の上司がこのワンダーコアを買って、毎日、数分程度、腹筋運動を行っていたところ、なんと今まで中年太りのぽっこりお腹が、いくら運動してもへっこんでこなかったのが、痩せてきて、しかも腹筋がわずかながらに割れ、しかも体重が減ったそうです。

いやあ、1万5000円程度の金額で、しかもお手軽に家でエクスサイズできて、しかも効果があるならどちら試しますか。自分なら、ワンダーコアですね。単純に値段がライザップに比べ20分の1以下と安いだけじゃなく、家で気軽にできて、しかも、もしあきらめてもものとしては残るからね。

実際、身近な人でワンダーコアを買って効果が当たっという話を聞くと、ちょっと買いたくなりました。どうしようかな....。


posted by MT at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2013年10月22日

ハロウィンは一体いつなんでしょう。思い出したころにやってくる

ハロウィンデコレーション 写真.jpg 街に出るとなんだかハロウィンの飾りであふれているような気がします。ハロウィンというと頭の中ではあのかぼちゃの顔しか出てこないんですが、いったいハロウィンって何を祝ってるんでしょうか。

かぼちゃが出てくるので、おそらくイメージとしては秋の収穫祭なのかな? という想像はつくことはつきます。ただ、40台の世代では、ハロウィン→かぼちゃ→お祭り→????、これくらいしかイメージが出てきません。

同じく西洋から入ってきたイベントであるクリスマスならクリスマス→もみのき→トナカイ→雪→12月25日→ジングルベル→ケーキなどなど、いくらでも連想できますが、ハロウィンはいかんせん、まったく自分的には定着してません。

で、ハロウィンはいったいいつなのか、調べてみると10月31日らしい。もともとはケルト民族発祥のお祭りで、秋の収穫を祝って悪霊を追い出すといった宗教的な行事だったのが、アメリカにこのハロウィンが伝わってからは、子供たちが仮装して家々を回り、お菓子をもらう、子供の楽しみな行事に変わってしまっていますね。ハロウィンが何なのか、いまさらながら、本日知りました。人間、わからないことは調べないといけませんね。

ところで、小さな子供となるとハロウィンがいつなのか、よく知ってるんですね。やはりジェネレーションギャップですね。今どきの子供が大人になるころには、ハロウィンという西洋からイベントは毎年毎年当然のごとくやってくる恒例のイベントになっているんでしょうね。

posted by MT at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2013年09月18日

JR東海がリニア中央新幹線ルートを発表。8割が地下とトンネル情緒の無い...そんなに急がなくても、ビジネスだけに使ってください

JR東海が2027年の開業を目指すリニア中央新幹線。まだまだおよそ14年も先の事ですが、そのリニア中央新幹線のルートと中間駅の所在地をJR東海が発表しました。

当初からの両起点となる東京・品川、名古屋。そしてその間の中間駅は神奈川県相模原市、山梨県甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市。この4か所の中間駅のうち、神奈川県相模原市を地下駅にするほかは地上駅、そして東京・品川駅は地下40メートル、名古屋駅は地下30メートルの深さに駅を作るということです。

地下の駅って地下鉄じゃあるまいし、情緒の無いことですね。しかも、このリニア中央新幹線、全行程の東京〜名古屋間・約286キロのうち、8割を超える部分がトンネルや地下トンネルで占めるということで、日本の狭い国土のことを考えると、この時代に鉄道を作るためには致し方ない。

しかし、リニアがいくらスピードが速くて、外の景色を楽しむような乗り物ではないにせよ、8割を超す景色がトンネルや地下の真っ暗な中では何の情緒もない。外を見ても暗闇、なんて旅はしたくないですね。こういう乗り物はスピードを競う仕事向き。旅で利用するなら話の種に一度くらい乗っておこうか、というくらいで、リピーターにはなりそうにないですね。

まだまだ先のリニアモーターカーの開業ですが、個人的にはまだ新幹線の方が利用したい乗り物です。

posted by MT at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2013年07月11日

シーモンキーじゃないか? おばけえびって、懐かしい.....再開

本屋でいい本がないかとぶらついていると、子供用の教材らしきコーナーでこんな本を発見。おばけえび飼育観察キット。



このおばけえび飼育観察キットの表紙のえびの写真を見てピンときました。君はもしかして、懐かしい、そして自分も飼育したあの、シーモンキー君ではあるまいか。

あれはまさしく小学校時代、おもちゃ屋さんやデパートのおもちゃ売り場に行くと必ずといっていいほど目にしたシーモンキーの飼育キット。最近、おもちゃコーナーを見てもシーモンキーは見たらないのでどうしているのかと思ったら、名前を変えて出てるんですね。

ウィキペディアによると、愛玩用・観賞用に改良された品種だけをシーモンキーと呼ぶようですが、このおばけえびってのもアルテミアの一種でシーモンキーとほぼ同じ品種のようです。



このジュラ伝説っていう商品も、シーモンキーと同じアルテミアということで、今でも結構いろんなシーモンキー同様の飼育キットが売られているようです。

その昔、たしかマジックでおなじみのテンヨーってメーカーから販売されていました。何種類かの粉末のパックがあって、順番通りに入れていくと卵がかえって、水槽の中でぴくぴくと小さなシーモンキーが泳いでいるのを見て、今後どうなるのか、期待を胸にしていましたが、いつのまにか、飼育をおろそかにしてしまって死んじゃったってことを繰り返した覚えがあります。

あのシーモンキーが卵からかえってぴくぴくと水の中におどりだすときの感動を子供にぜひ見せてやりたいもんです。夏休みでもあるので、子供に買ってあげて、観察させてあげてもいいかもね。
posted by MT at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。