社会一般 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年06月19日

次期国産ジェット

パリの航空ショウで次期国産旅客機、三菱重工MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の実物大模型が披露された。

国産旅客機といえば、随分前のプロペラ機YS11型機を思い出させますが、今回は当然の事ながらジェット機で、従来の同型のジェット機よりも20lの燃費オフを目指して開発してするとのことで、日本人としては楽しみです。

私は小型ジェット機というのには全く乗ったことがなく、小さい飛行機は揺れるなどちょっと乗りたくないのに加えて、先日のボンバルディア機の車輪が出なかったりマイナスのイメージがあるのですが、日本製ジェットが出てきたら一度は乗ってみたいと思います。

ただ海外旅行や、国内旅行では、どうしてもジャンボジェットなどの大型機に乗ることが多いので、100人ほどの乗員の飛行機に乗る機会というのはあまり多くないです。こういった規模の飛行機は離島へ行く便や地方都市へ行く便が多いんでしょうね。そうなるとさらに乗る機会が全くないというのが実状です。

とにかく開発が順調に進んで、世界に日本の翼が飛ぶところを見るのは楽しみなことですね。




posted by MT at 07:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年06月17日

眼鏡市場

メガネといえば、どこの眼鏡屋さんを思い出すでしょうか?

メガネスーパーメガネの三城

実は私がよく通る道沿いにメガネトップという店があり、看板と店舗をいきなり改装しだしたので、また需要がなく、店舗を他の業種に替えるのか、と思っていました。

ところが、テレビのCMで分かりました。メガネトップから眼鏡市場へ店替えするのです。

眼鏡市場といえばぺ ヨンジュンの宣伝でも有名で、オールインワンプライス、18900円のお店です。それが受けたのか、既存の店舗よりかなり売上げが上がったため、メガネトップから眼鏡市場への変更を加速させているようです。

ネーミングと店舗イメージ、価格戦略、それで売上げが上がるというのはなかなかおもしろいですね。時間があれば眼鏡市場に入ってみたいと思います。
posted by MT at 08:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年06月16日

猪瀬さんが東京都副知事に

東京都の石原慎太郎知事(73)は15日の定例記者会見で、作家の猪瀬直樹氏(60)を
副知事に起用することを正式に発表した。

東京都副知事は4人目だそうである。

石原慎太郎氏といえば、非常に何でもすっきりした口調で物を語る人である。私は彼の発言には非常に同調できる。むかし、石原慎太郎氏が三国人発言をして非難に晒されたときがあるが、正直言って多くの日本人の本音を素直に語っていた。

一方、猪瀬直樹氏は昔の道路公団の問題で色々と暴いて、はっきり物いう人の一人で非常に頼もしい。そういえばあのころの道路公団の総裁は最近、全く俎上にあがってこないが、どうしてしまったんだろう。

この二人の超激辛コンビに今後もぜひ、注目してみたいと思う。
posted by MT at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年06月15日

関口会長が立候補

あの元メイテックの関口房朗ベンチャーセーフネット会長が参議院選挙に国民新党から立候補するそうである。

関口会長といえば、昔はメイテックを追い出され、いまは自分で起こしたベンチャーセーフネット会長であり、競馬のフサイチシリーズの馬主でも有名である。いわば、六本木ヒルズに居を構える超大金持ち。

国民新党がそんな関口会長を党公認候補にした。

わたしは前々から思うが、自分を含めてあまり貧乏人は政治家にならない方がいいと思う。政治に足を突っ込みたまさか当選しても、金に目がくらみ汚職に走るといったことがままあるのである。もちろん本人の心がけ次第であるが、それでも権力には向こうからすり寄ってくる物である。

関口会長の人間性うんぬんについては私は知らないが、超が付くほどの大金持ちならそんな小金に目がくらむまい。

ただ、庶民感覚が分かるかどうか、そこが問題である。関口会長も元はといえば自分で身を起こし、苦労してきた人物。その辺の庶民感覚を忘れていなければなあ、と思う次第である。
posted by MT at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。