社会一般 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月06日

日本経済新聞日曜版

久しぶりに日本経済新聞の日曜版を読んでみた。

社会面や、経済面はそれほど一般紙と変わらないというと語弊があるが、まあこんなものかという感じである。

それで一般紙、まあ、地元紙を私はとっているのでその新聞と比較して明らかに違うところが、求人欄の広告である。

私がとっている地元ローカルの一般紙の求人広告は、それなりの地元中小企業の求人広告が関の山でほとんどが派遣だとか、工場労働者求人、または運転手、サービス業である。

ところが日本経済新聞の求人は違う。シティーバンクの資産運用コンサルタント、HSBCのマネージャー、りそな銀行、みずほ銀行、京都銀行等のキャリア採用など。まあ、大手が多いこと。大手イコールいい会社とは全く思っていないが、やはり日本経済新聞を読む読者は一般紙のそれとは違うということか。

まったく転職などという言葉とは縁がないのでなんだが、いつもと違う新聞一つとっても面白いことに気づいたりするものだ。
posted by MT at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年08月04日

禁煙タクシー、東京都にも拡大

東京都の法人タクシーの9割、約3万4000台が、来年1月から全面禁煙になることが決まった。

東京都のタクシー車両台数は全国一なので、これからこの流れが全国的に広がりそうです。

しかし、今の今まで東京都のタクシーが喫煙可能だった事が不思議というか、何やってるんですか?といいたいところであり、全面禁煙になったのは当然のこと。

そもそも世界的な流れとして公共の場での禁煙は常識であり、タバコをすわない人への伏流煙の問題も色々と取りざたされており、非喫煙者にとって、タバコの煙は迷惑千万な話。

タクシードライバーがタバコを吸わず、客がタバコを吸う場合、ドライバーが客のタバコをガマンしなければならなかったが、これからはドライバーがいちいち言わなくてもよくなるわけです。

すでに名古屋ではタクシー車内での禁煙が始まっており、なかなかの好評ぶりみたいです。

これを機に喫煙者の人も禁煙外来で禁煙治療を受けたり、マルマンから禁煙パイポなんてのも発売されているので一度、試してみたらどうでしょう。


禁煙パイポ レモンライム味10箱(30本)
posted by MT at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年08月03日

フルキャストよ、おまえもか、というよりやっぱりか

厚生労働省は3日、人材派遣会社大手の「フルキャスト」(本社・東京都渋谷区)に対し、労働者派遣法に基づき一定期間の事業を禁じる事業停止命令を出すことを決めた。同社は同法違反で業務改善命令を受けているが、その後、同法で禁じられている港湾荷役業務に労働者を派遣していたため処分する。同日午後に同社の担当者を呼んで命令書を渡す。

 フルキャスト関係者らによると、今年5月に関西の事業所が兵庫県内の港湾エリアで複数の労働者を派遣し、ペットボトルの仕分けなどの荷役作業をしたという。労働者派遣法では、危険を伴い専門的な知識や技術を必要とする港湾運送業務や警備、建設業への派遣を禁じている。

 同社は昨年8月に神奈川県内の支店が建設現場に労働者を派遣していたことが発覚、神奈川労働局から是正指導を受けた。その後も甲府支店で警備業への労働者派遣が発覚、仙台市内の警備会社でも同様の派遣があったとして宮城県警の捜索を受けている。今年3月には、同社の全国の53事業所が建設や警備業への派遣を繰り返していたとして東京労働局が業務改善命令を出している。

 こうした中、今回新たな違反が発覚したため、厚労省は、より重い処分である事業停止命令が必要と判断した。悪質性が高いとみて、全事業所が対象になる可能性が高く、一定期間新たな派遣ができなくなる事態も予想される。同法に基づく事業停止命令は、昨年10月に大阪労働局が人材派遣会社の「コラボレート」に出している。

 フルキャストは日雇い派遣で最大手のグッドウィルに次ぐ大手で、1日に1万人を超える労働者を派遣しているという。
                      【毎日新聞より引用】

労働者派遣法は平成16年3月1日の改正ですでに製造業への派遣が解禁されている。その結果、今の製造業では平然と擬そう請負の問題などが横行、社会問題化している。

基本的に今現在、労働者派遣法においては建設業、警備業務、港湾業務、及び原則的には医療業務に人材を派遣することができない。

以前、日本では江戸時代の人夫貸しとよばれる人材仲介を生業とする人たちが存在し、昔はヤクザ稼業とされていた。建設業や港湾業などでは建設労働者がこうした昔ながらの名残で、中間搾取で賃金を搾り取られる劣悪な環境ではたらかされてきた流れを受け建設業務、港湾業務の労働者派遣を禁止している。

フルキャストは何度も建設現場への労働者派遣、港湾作業現場への労働者派遣を繰り返しており、こうした行政命令を出されても当然である。コムスンの親会社グッドウィルといい、このフルキャストといい、時代の流れにのって業績を伸ばしてきたが、その裏にはCSR(企業の社会的責任)なんて糞食らえ的な、利益追求しか頭にない経営理念があったに違いない。

人材派遣業者、とくに単純労働者派遣業者がいかにも一流企業のように大きな組織になり、世に名が知られるようになっているが、その内情たるやは単なる中小企業のそれであり、法令遵守というコトバなどまるで意に介していない気がするのだが、それが人材派遣業の実態か?

フルキャストよ、おまえもか。というよりやっぱり
posted by MT at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年08月02日

またかなづち頭のサメが

福岡県の古賀市や新宮町沖の玄界灘で1日、海岸近くでサメやエイ、計数百匹が泳いでいるのを発見、県警が海水浴客らを非難させた。サメはアカシュモクザメと見られるらしい。

何年か前に、確か島根県でもシュモクザメ、いわゆるハンマーヘッドと呼ばれるサメが発見され、日本海川の綺麗なエメラルドグリーンの海にサメが海面近くをさまよう映像を見た覚えがあるが、いつ見てもサメは怖いです。

サメの仲間でも人を襲うサメというのは限られているみたいで、このシュモクザメも人を襲うことは少ないみたいだが、そうはいってもいわゆる「人食いサメ」の仲間の一種。海水浴場にもし現れたら、自分だったら大パニックになるでしょうね。

夏シーズン真っ盛りの最中、海水浴場にとってはこのサメの到来は大打撃で、おそらく海水浴客も大激減になると思いますが、海水浴よりも人命が大切だから仕方ないですね。

今回のサメが発見された福岡の玄界灘沖は綺麗もエメラルドグリーン。綺麗なバラにはトゲがある、といいますが、綺麗な海にはサメがいるてことでしょうかね。
posted by MT at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。