社会一般 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年09月04日

ロックスターは命が短いことを裏付けた

今年、没後30年を迎えた米ロック歌手エルビス・プレスリーら、北米と欧州で1956〜99年に有名になったロックやラップなどのミュージシャン100人の享年や死因を調べたところ、売れてから5年以内の死亡率が、同じ年齢、性別、人種の一般人の約3倍に上ることが分かった。英リバプール・ジョン・ムーアズ大の研究チームが4日、英医学誌の電子版に発表した。

スターの平均死亡年齢は北米で42歳、欧州で35歳。売れてから3〜25年後では、死亡率が1.7倍だった。ロックスターは短命との印象があるが、数字で裏付ける調査は珍しい。死因のトップはがんで20%を占め、心臓など循環器疾患も14%だったが、酒や麻薬類の過剰摂取が19%、事故死が16%、酒や麻薬類の常習による慢性疾患が8%、暴力の犠牲が6%もあった。

背景には、60〜70年代にロックのイメージがセックスやドラッグ、アルコールと結び付いていたり、一部のラップが暴力をあおる内容だったりするほか、常に強いストレスにさらされる環境がある。研究チームは、スターの行動はファンや将来のミュージシャンへの影響が大きく、悪循環に陥っていると指摘。音楽業界が改善に取り組むよう提言している。

                     (時事通信より引用)

やはりというか、ロックスターというか自由奔放、反体制といったイメージがあるが、そこに売れてくるとお金が集まる。お金があれば女性も寄ってくるし、うまい酒も飲める。ステーキ、たばこ、ドラッグ何でも来いというわけか。

サラリーマンとすればお金にはかなり興味があるが、ある程度年齢を重ねるとあまりに自由奔放な生活はしたいと思わないが、彼らにとってはそれが特権。しかも、そうした酒、たばこ、女性、ドラッグと言った噂はロックスターにとっては伝説の一つになってしまうからこれまたたちが悪い。

お金があっても健康を損ねたら何にもならないが、一昔前までのロックスターはイェエイ、シェケナベイビーの世界で健康なんてくそったれ、酒と女とドラッグだ、ゴーイングマイウエイ、I am a superstarといったところかな。

なんだかローリングストーンズミック・ジャガーの顔が浮かんできたのは私だけか?

しかし、健康な生活が一番です。

posted by MT at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会一般

2007年09月03日

今度は宿題代行ときたか、なんとも

今度は宿題代行か...

「読書感想文」から「自由研究」まで、夏休みの宿題を片づける「宿題代行業者」が登場し、賛否を呼んでいる。メールなどで届いた依頼に、アルバイトの学生らが有料で応える。多くの小中学校で夏休み最後となる今週末は“駆け込み客”が殺到しているというが、「家庭学習の習慣を身につけるという本来の趣旨に反している」と、教育関係者は批判的だ。

インターネット上で宿題代行サイトを主宰するのは大阪市内の20代の男性。このサイトには東大や京大、阪大、関関同立など全国の有名大学生らが多数、登録している。

算数の文章問題は1問500円、読書感想文は2万円で引き受けるほか、大学生のリポート(2万円〜)や卒業論文(30万円程度)まで幅広く手がけている。

そのほか、夏休みの宿題の定番である工作(5万円)や自由研究(2万円)なども請け負っており、これまで実際に「アリの研究」や「河川敷の水質調査」などを提供したという。

依頼は主に親からで、「子供の宿題が期限に間に合わないから」という理由がほとんど。中には小学生本人から注文が来たこともあるという。メールやFAXで受けた依頼を、業者を介して登録学生に発注。高額バイトとして一部の学生に人気があり、中には月20万円以上稼ぐ学生もいるという。
(sankei web 9/1より抜粋)

いやいや先日書いた日記で卒論の代行業者の話を書かせてもらったが、今度は小中学生の夏休みの宿題ときたか。

記事によると小学生本人から依頼もあるが、ほとんどがその親からの依頼ということで、まだまだ救いの余地があるが、この親どものお金を払えばいいという発想がなんだか気に食わんね。そんなもの本来自分で考えるものだろうが、それでもできないのなら親が手伝って一緒に子供のために考えてあげるもんでしょうが。今どきの親はそんなことも考えてあげられないのだろうか。

なぜ自由研究があるのか。それは自分で考え自分で研究していく、自ら考えるという発想を養うため。ただでさえ日本の詰め込み教育が批判されているのに、自由研究という生徒の自主性を重んじた研究の場まで金で解決してどうするわけ?なんだか世の中歪んでるね。

posted by MT at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会一般

2007年09月01日

太平洋に浮かぶキリバス沈没、深刻

地球温暖化に伴う海面上昇により、国土が水没の危機にひんしている太平洋の島国キリバスのアノテ・トン大統領は「我が国は早晩、海に沈むだろう」と明言。〜読売新聞より

この太平洋に浮かぶ国キリバスという島国のことを以前テレビで見たが、毎年だんだんとこのキリバス共和国が地球温暖化の影響によって海に沈みゆく運命にあることを知った。

今や、大統領までもがこう名言している。もう海に沈むのも時間の問題だろう。しかし、これはキリバスだけの問題ではない。日本も人ごとでなく地球温暖化に対して色々な影響があることを覚えておかなくてはならない。

それにしても自国がなくなる運命というのは、当の本人たちにとってはどのような気持ちなんだろうか。なんだかすごく切ない気がする話である。
posted by MT at 14:54 | Comment(2) | TrackBack(1) | 社会一般

厚生労働省、前九州厚生局長のいいわけはちょっと通らないと思うけど

厚生労働省九州厚生局の松嶋賢前局長が、社会福祉法人の「」枚方療育園」の山西悦郎前理事長から現金や、車をもらっていた問題で、この前局長が、山西悦郎前理事長から自宅リフォーム代として亡くなった妻名義で1500万円借りていたということだ。しかも、この1500万円を未だ返していないと言う。

この借金は退職金で返すつもりだったらしいがそれもまだ返しておらず、しかもいままで高級乗用車を3台ももらっているということだ。その高級乗用車も中古車と言うことだが、2,3年落ちのトヨタセルシオやキャデラック。結構な値段じゃない?

この厚生労働省九州厚生局の松嶋賢前局長はこのことに対して山西悦郎前理事長は妻同士が親戚で国家公務員倫理法に抵触しないと思ったとしているが、そうじゃないでしょ。

すくなくともこの社会福祉法人が厚生労働省の方から建物の増改築の費用として助成金を10億円以上ももらっている立場で、この前局長はその助成金をだす可否を決定できる立場にあって、親戚だからと言ってお金もらったら、贈賄の疑いをもたれるのは当たり前。

それにいくら親戚同士と言ってもその間で餞別を一方的に毎年のようにもらっておいてそれっておかしいと思いませんか?いい大人が毎年、お小遣いもらっているようなもんですよ。

だいたいにおいて国家公務員という職業を選んだときにそのような疑わしい行為をいっさい行わないのが、昔はともかくとして、今は常識。そんな中、厚生労働省の大甘な管理体制、危機意識はどうなってるんですか?そんな意識持った国家公務員は今すぐ辞めて、民間に行きなさい、民間へといいたくなります。税金で食わせてもらっておきながら訳の分からない行為をして欲しくないですね。

そもそもまだ1500万円さえ返してないけど、それってもらったと同じじゃない?何だかなあ、と思う事件ですね。
posted by MT at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。