社会一般 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年09月27日

大相撲、なにが国技やねん。ばかげた世界だ

大相撲の時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊(たかし)さん(当時17歳・時太山(ときたいざん))が急死した問題で、愛知県警の任意の聴取に対して兄弟子の一人が、金属バットで死亡した当日に斉藤俊さんを殴ったと供述しているそうです。

しかし、時津風親方自身も見ている前で、いい大人の時津風親方が率先してしごきを指示していたと聞いて一体全体、相撲ってなんやねん、と思ってしまいました。親方といえば、品格があり弟子達に尊敬されるべき存在と思っていたのが、蓋を開けてみれば、なんらヤクザと変わらない暴力的なひと昔前の世界と同じではないですか。そもそも人を金属バットで殴るやらビールビンで殴るなんて考えられます?

なんだか聞いていたら相撲の世界では兄弟子が気にくわないことがあると弟弟子に平気で暴行するような体質があるらしい。うすうすそんなことはあれだけ前近代的なスポーツなので気がついていたが、言葉で聞かされるとほとほとイヤになりますね。

朝青龍の問題といい相撲界では色々と喧伝されているけど、結局、相撲の世界の品格だとか、精神などといった耳障りのいい言葉の裏には、前近代的な絶対服従のばかげた世界があるわけですね。

同じにするとイカンけど、まだプロレスのようにエンタテイメントを見ていた方がよっぽどすきっとするし、わかりやすい。いっちゃ悪いけど、相撲の力士から日本人がいなくなる日も来るかもしれない....。


posted by MT at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(6) | 社会一般

2007年09月26日

やっと安心してセントレアに着陸できそうです

セントレア(中部国際空港)にウミネコが大量に集まり、着陸時にエンジンにウミネコが巻き込まれたり衝突したりしたため、安全確認のため空港が使えなくなり旅客機が他の空港に回されるトラブルが今夏、何度かありました。

8月には1万羽以上のウミネコがセントレアに集結していたわけですが、このウミネコの大群が25日までに越冬のため、ほとんどが南方の越冬地に飛び立っていったということで、関係者は一安心しているそうです。

正直な話、中部国際空港セントレア開港前はまさかこんなトラブルが発生するとはまったくの想定外だったでしょうが、他の空港に回された乗客の大半にとってもそれは迷惑な話でしょう。私のように時間の余裕があるときに乗って、たまにはほかの空港も見てみたいと思う人間は別なのでしょうが。

このウミネコくん達、また来年の温かくなるころには再び日本にやってきておそらく居心地の良いセントレアにやってくるのでしょうが、今年の鳥が嫌う酢酸散布が失敗に終わったことから、来年はカラス対策に使うトウガラシ成分の散布作戦を考えているようです。

ウミネコたちが空港にやってくるのは過ごしやすいからであって仕方がないし、彼らにとったら居心地の良いところに飛んできて過ごすのは自然の摂理。

逆にウミネコくんたちにしたら、「空を飛ぶのは人間の領域じゃない、空は鳥の世界のものだ。ジャンボジェットのような大きな飛行機が空を飛ぶのは迷惑だ」とでも言いたいと思うのですが...。

いずれにせよ、事故を起こさないように安全に空の旅行が楽しめるような空港にしてもらいたいですね。
posted by MT at 08:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年09月24日

次回はまたチャンス、6億....

次回はまたチャンスです。6億円の可能性です。

サッカーくじの「BIG(ビッグ)」で4回連続当選者が出なかったなめ今のところ繰越金額が11億6283万4080円。

次回の第306回の「BIG(ビッグ)」は29日までの発売ですが、もし当選人数が少なければ一撃6億円ですよ。しかし、日本でもすごい金額のクジがあるものですが、海外の100億円超の宝くじの当選金額には足下にもおよばないですね。

あやかりたいあやかりたい。
posted by MT at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年09月21日

携帯電話会社にひとこと言いたい

昨今、携帯電話キャリアのソフトバンクモバイルがボーダフォンを買収
したあと、980円という価格ホワイトプランという通話料金プランを発表し、そしてナンバーポータビリティー制度の導入もあり、かなりの顧客を他の携帯電話キャリアから獲得した。

ソフトバンクモバイルの価格攻勢に一定の効果を見たせいか、他の携帯キャリア、最大手のNTTドコモとauも入った月からいきなり基本使用料金半額にするプランを発表、巻き返しをはかっている。

自分自身、auを使っている。先日、携帯ショップにて新型携帯を見てみようと足を運び、値段を聞くとともに料金プランについて聞いてみた。実は10年近くもauを使っており、長く使っているユーザーときのう、きょうから使い始めた新規ユーザーで何か、メリットは違うのか?と訪ねたところ、販売スタッフの答えが「以前ほど長く使っている人のメリットはありませんね。何かあるといったら2年間いないに解約した場合の違約金がいらないことくらいでしょうか」。

いや、auの場合、いきなり半額になるプラン「誰でも割」の場合、2年以内に解約すると一定の違約金が取られるのである。しかしそれでは長く使っているauユーザーは何のメリットないのではないだろうか?

当然、各ユーザーにとって基本料金の値下げはうれしいことで、また新規ユーザー獲得も必要なことである。しかし、長く使っているユーザーが一番、大事なんじゃない?固定客ですよ、固定客。固定客をないがしろにしてどうするのか?と思うのですがね。

商売の基本から言えば昔からのお客を大事にするから使うわけであって、もう少し長期ユーザーに対する恩恵を与えるべきではないでしょうか?

おそらくNTTドコモにせよ同じようなことだろうと思う。ちょっと各携帯電話各社はもう少し考えて商売して欲しいですね。
posted by MT at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(3) | 社会一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。