社会一般 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年10月10日

マリオン・ジョーンズ、メダル5つ剥奪、賞金も没収...

アメリカきってのアスリートだったマリオン・ジョーンズが、シドニーオリンピックの陸上競技で獲得した3つ金メダル、2つの銅メダルを没収される。形としてはマリオン・ジョーンズ自らが返上するということだが、事実上の没収です。

今回の件は、マリオン・ジョーンズがコーチから渡された禁止薬物「クリア」と呼ばれる一種のステロイドを接種していたことを自ら認めての対応。また、朝のニュースではマリオン・ジョーンズが獲得した賞金も没収される可能性があり、数億円にも上るともいわれます。

いまや、一昔前と違って陸上競技はいわば食える競技。それも世界一、オリンピックメダリストともなれば、スポンサーがつき収入は数億円なんてことは当たり前の世界。

今回のマリオン・ジョーンズの事件もお金に目がくらんだ陸上選手のなれの果てを見ている気もするし、なんだかカナダのベン・ジョンソンの顔も思い浮かびます。

お金は当然、誰でも欲しいものですが、スポーツでドーピングやったら、結果はよくても後から名誉も金も失いますってことですね。正々堂々とトレーニングして自分自身と闘って、才能なければ仕方ないってことですね。
posted by MT at 17:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | 社会一般

ホンダがビジネスジェット機ビジネス

車で有名な世界のホンダがジェット機ビジネスの参入するとのことです。

先日書いた次期国産ジェットのMRJのような旅客機とは一線を画す小型ビジネスジェット機市場への参入。超小型航空機「ホンダジェット」は7人乗り。

世界経済が堅調なことと、ヨーロッパや中国などの富裕層が増えていることから今後のマーケットの拡大が期待されている。

ホンダは三菱重工が1988年以来のビジネス機生産。ただこの約4億2000万円の価格は高いと思うが、富裕層なら購入できる?

全く縁のない話ではありますが、日本の航空機生産が進んで、大空を日本製の飛行機が飛ぶのを見てみたいです。
posted by MT at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年10月09日

小中学生うつ有病率4%、中1で10%超社会に問題あり

小学4年生から中学1年生の一般児童・生徒に医師が面接して行った北海道大学研究チームの調査で、うつ病とそううつ病の有病率が4.2%にのぼったとのことです。

一般に会社に勤める会社員の有病率が2から3%といわれ、一度でもかかった人がたしか15%くらいいると言うことで、うつ病に限って言えば、社会人より多い傾向?いやこれって危機的状況というか、どうなんでしょうね。

中学1年生になると10.7%とすごい高い率になりますが、小学校でも学年が高くなるほど高い有病率という調査結果。

うつ病は特別な病気ではなく誰でも罹患する病気なのですが、この問題は国が一丸となって取り組むべき問題ではないでしょうか?本来なら子供であればのびのびと遊ばせて、明るく健やかに育てたいものですが、将来のことを考えると子供も自身にもいろんな不安要素が降りかかりストレスが溜まっているんですね。

この問題を解決するには日本自体が抱える暗い社会全体から見直さないとどうしようもない問題かもしれません。
posted by MT at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2007年10月08日

中田英寿、ドバイから 中田ってけっこう頭いい

元サッカー日本代表・MF中田英寿が昨夜のテレビで久々にドバイからの中継で顔を出していた。

今、中田英寿は世界を自分探しの旅の途中で、現在までに46カ国・地域の92都市を回ったとのことで、その途中で例の朝青龍とのモンゴル親善サッカーに出たとのことだった。

番組を見ていて思った、中田英寿ってなかなか洞察力が鋭くて頭がいいなあと。頭がいい人って話しているのを見ているとわかるでしょ。

ところで、中田英寿、まだまだ旅を続けるらしいが、インタビュアーの「今まで旅でいくら使ったですか?」の質問に「僕は分かりません。会計士に聞かないと」との答え。ということはカードで支払い?インタビューの中でホテルなんかに泊まっているところも映してましたが、すごい衣装が掛けてあったので、けっこういいホテルに泊まっているみたいで、もちろん途中でいろんなイベントに出ているので収入がないわけではないんでしょうが、我々庶民の「旅」とはちょっと感覚が違うように感じた。

そりゃ、若くして数億円の年収を稼ぎ、今でも知名度抜群の中田英寿、安宿旅行のような1泊1000円なんて宿には泊まらないでしょうね。

しかし、中田英寿の生き方を見ていて羨ましいと思った一夜でした。
posted by MT at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。