社会一般 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2015年08月30日

発泡酒や第3のビールの税金をビールと同一にする方向。ならビールしか買わないでしょ

財務省が、現在発売されているビールと、そのほかの「発泡酒」や「第3のビール」の税率を値上げして、逆にビールの税率を減税し、すべてを同一の税率にそろえる方向で見直す方針である、とのニュースが出てきました。

現在のビール系飲料全体での税収が変わらない、350mlで55円程度の水準の税率にするそうです。ビールという定義の見直しになるわけですが、これは110年ぶりとのこと。

確かに各ビールメーカーは、ここのところ税率の安い発泡酒や第3のビールの開発を中心に行ってきたわけですが、この税率変更の方針で各メーカー、本来の「ビール」へ、開発の中心が進むんじゃないでしょうかね。

確かにここのところ、われわれ消費者も値段が安いので、酔えればいいやという考えで、「発泡酒」や「第3のビール」という税金が安い、すなわち販売価格も安いアルコール飲料を中心に飲んできました。でも、よく味わえばわかるけど、やっぱりビールのほうが絶対においしいですからね。値段が変わらないなら本当の意味でのビールが飲みたいもん。

もし、販売価格がそれほど変わらないなら、わざわざ雑味がある、味が劣る「発泡酒」や「第3のビール」なんか買う人いなくなるでしょ。もちろん、メーカーが販売価格を安く抑えれば話は別ですがね。

大雑把にいえば麦芽の使用比率によってビールと発泡酒の差が生まれ、第3のビールは麦芽を全く使わず、その他の原料、例えば穀類、糖類などの原料を用いてつくられたものとなるわけですが、やっぱりビールらしさというか、ビールの色や風味を決めるのは麦芽です。

なので、やっぱり普通の人は、現在のカテゴリーのビールが一番おいしく感じられるでしょう。普通に考えるなら、原材料の値段が変わらないなら、やっぱりビールを飲む人が多くなり、今ある発泡酒や第3のビールが衰退すると思いますが、どうでしょうね。

posted by MT at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2015年06月16日

ケリー・マクゴニガル女史のDVDブック。きれいな女性はお得です

以前、購入していてほったらかしにしてあった本を読んでみました。



アメリカのケリー・マクゴニガル女史の著書、「DVDブック 最高の自分を引き出す法 ~スタンフォードの奇跡の教室 in JAPAN」という本です。

このケリー・マクゴニガル女史の著書、確かに本なんですが、DVDがついていて、このDVDの内容が本と全く同じなのでDVDさえ視聴すれば、本の内容がわかってしまうということで、実際は本を読んだ、というよりDVDを視聴した、といった方が正しいかもしれません。

この「DVDブック 最高の自分を引き出す法 ~スタンフォードの奇跡の教室 in JAPAN」の内容ですが、ケリー・マクゴニガル女史が日本で行った講演の模様をそのまま写したもので、まあまあ、いろんな成功法則やスピリチュアル関連の本など精神世界関連本を読んだ方にとってはそれほど目新しい内容が書いてあるわけではないです。

それでもその手の本を読んだことがない人にとっては、そうなんだと思える内容なので、いろいろと人生に行き詰った方や、迷いがある方にはいい本かもしれません。

ケリー・マクゴニガル先生2.JPG 本の内容はともかく、このケリー・マクゴニガル女史、きれいな方で、もっと若いと思ったら現在37歳ということです。若く見えますね。この美貌でいろんな話をしてくれると妙に説得力がありますね。やっぱりきれいな人は何しても得ですね。



ケリー・マクゴニガル女史の著書、こっちも読まずにおいてあるので、これも読んでみましょう。
posted by MT at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2015年01月09日

リセマラとはなんだ。昔からやってたゲームの手法

任天堂3DSの妖怪ウオッチ2真打のゲームソフトを子供から借りたので、最近、ちょっとやってます。

最近のゲームはよくできているというか、ストーリー展開も絶妙。昔、初期のドラゴンクエストをやったことあはありますが、子供向けとはいえ、かなりできたゲームです。

ゲームを攻略するには、情報が必要ということで、ネットで調べたりしながら妖怪ウオッチ2真打を進めているのですが、このゲーム、妖怪を仲間につけるには1回の対戦では仲間になかなかついてくれず、しかも、ある特定の妖怪との対戦は1日限定になっていたりとかして、貴重な妖怪はなかなか仲間にできる機会も少ないんです。

そんな中、いろんな攻略方法の中で、出てきた言葉に「リセマラ」という言葉が出てきました。この言葉、おそらくリセはリセットの略だと思っていましたが、マラの意味がよくわかってなかった。

いろいろ調べると、リセットマラソンの略らしい。リセットマラソンを調べるとリセットを何度も繰り返してゲームを攻略することらしい。そんなことなら、昔、ロールプレイングゲーム系ではよくやってたな。たとえば、強い強敵と対戦したりした場合、その強敵と対戦する前にあらかじめ、ゲームをセーブしておき、負けた場合にゲームをリセット、再度、セーブした場面から戦いを始める。こんな場面、昔からよくやってましたわ。

昔はリセットする、とだけ言ってたような気がしますが、今どきだとリセマラなんて、新しい言葉が出来上がっていました。今の人は何でも短くして略すのが好きみたいですが、この言葉も知らないと意味がよくわからない言葉だね。

posted by MT at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2014年12月11日

ステノキャプショナー...そんな職業があったのか、女性が手に職をつけるにはいい仕事ですね

ステノキャプショナーって言葉知ってます? これってなに? 自分も知りませんでした。職業の名前です。

最近はデジタル放送移行に伴ってサブチャンネルで文字を即時に打っている人たちをステノキャプショナーっいいます。聴覚障害の方などや、テレビ放送などの内容が理解できるように字幕を作成する仕事です。

今日の「ミヤネ屋」ではその職業、ステノキャプショナーの方を取り上げていましたが、感心するのはその打ち込みの速度の速いこと。さすが職人という感じでした。

このステノキャプショナーの方々が使っているキーボードは我々が使っているものとは大きく違っており、10個のキーの組み合わせで素早く文字入力をするそうで、キーボード入力の達人になるには専門の学校に通って訓練を受けるみたいです。

いまや、女性が子供産んでも仕事したいという方々が多いので、このステノキャプショナー、そういう方々に大人気で、この職業に就く人、テレビでは99%が女性とのことでした。手に職という意味では、ステノキャプショナー、一度見につけたら、努力は必要ですが、一生食べていける職業かもしれないですね。


posted by MT at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。