タブレット ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年11月01日

kobo glo(コボグロ)とkobo mini(コボミニ)の日本発売が発表。楽天koboに新製品。kobo kobo arc(アーク)が気になる

楽天が今度は新製品のブックリーダーkobo gloとkobo miniの日本での発売を発表しました。矢継ぎ早に楽天も新製品を出してきたか。

楽天kobo glo(コボグロ)とkobo mini(コボミニ)の2機種、楽天がすでに販売している電子ブックリーダーkobo touch(コボタッチ)の後継機種ですが、kobo touchも1000円値下げして6980円で販売し続けていくようです。

kobo touchと同じ6インチのディスプレーを積んだkobo gloですが、kobo touchと変わったところはディスプレーの解像度が上がってより精細な、きれいな文字が表示できるようになったところと、プロセッサーの処理能力がよりいいものを使っていることでページめくりのスピードが上がったこと、そして今まで別売りだったライトを内蔵したの、暗いところでも読書ができるようになったことの3点くらいでしょうか。

確かに自分も持っているkobo touch、pdfファイルを読むときに文字がつぶれているときもあるし、ページをめくるときにタイムラグがある、そして電子インクなので暗いところで読めない、と3つの問題点を改善している感じですね。

ただ、個人的はkobo touch、無料の青空文庫を読むか、SDカードに入れたpdfファイルを読むだけなので、新しくなってもそれほど購買意欲はわかないですね。今ので十分。ただ、新しくkoboを購入する人は新製品のkobo gloの方がいいわね。

そしてkobo mini。こちらはkobo mini。こちらは単純にディスプレータイプが5インチと小さくしてあるので持ち運びしやすいというのが売りのようです。ただ、kobo touchやkobo gloのようにマイクロSDカードによるメモリーの追加ができないのでこの点がちょっと痛い。

kobo gloは今日から予約で11月15日から順次発送予定、kobo miniは12月中旬発売予定のようです。kobo gloの方は今予約すると先着1000名にマイクロSDカード32GBのものがただでついてくるらしいから、これはお得かもね。

しかし、もう一つのカラーで、amazonのkindle fire HDとほぼ同じスペックのアンドロイド端末も、楽天のホームページでは近日リリース予定になっている楽天kobo arc(アーク)の方がすごく興味あるんだけれど、こちらの発売は年内に間に合うかな....。

参考記事Nexus10(ネクサス10)の日本発売を発表。次から次へと出てくるなの記事
     iPadに勝るものない背面カメラ。中華パッドの背面カメラは役に立たない.... の記事     
     楽天kobo touch(コボタッチ)をただで送りつけてきた。年会費10500円の楽天プレミアムカードだから... の記事
     iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格.... の記事
Nexus7(ASUSエイスース)の実機を店頭で触ってみました。バッテリー交換は8400円 の記事
     Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット

2012年10月30日

Nexus10(ネクサス10)の日本発売を発表。次から次へと出てくるな

ついこの前、GoogleがNexus7(ネクサス7)を発売したばかリなのに、今度はNexus10(ネクサス10)をGoogleが発表してきました。販売は11月13日から。

このNexus10、その製品名の通り、ディスプレーサイズが10インチで、android4.2のOSを積んだタブレット端末です。Nexus7は台湾のASUS(エイスース)が製造していましたが、こちらのNexus10は韓国企業、サムスンが製造。まあ、どっちが作ってもおんなじようなもんでしょ。

Nexus10、16GBモデルが36800円、32GBモデルが44800円。高いなあ、大きさも大きいし、あまり購買意欲はわかないけどね。日本での発売はほかにNexus7の32GBモデルが発売され、今日からすでにgoogle playでは在庫ありになっています。32GBモデルは16GBモデルより5000円高い24800円。16GBを値下げして32GBが19800円になるかな、と思ってましたが、値段据え置きで残念です。

しかし、矢継ぎ早に次から次へと新製品が発売されるタブレット業界。あまりの新製品ラッシュのスピードの速さにはついていけないですね。製品販売サイクルが速いのでいつ買ったらいいか、わからないほどのスピード。まあ、欲しいと思った時に買うのがベストタイミング? なんでしょうかね。

参考記事iPadに勝るものない背面カメラ。中華パッドの背面カメラは役に立たない.... の記事
     楽天kobo touch(コボタッチ)をただで送りつけてきた。年会費10500円の楽天プレミアムカードだから... の記事
     iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格.... の記事
Nexus7(ASUSエイスース)の実機を店頭で触ってみました。バッテリー交換は8400円 の記事
     Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事


posted by MT at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット

2012年10月29日

iPadに勝るものない背面カメラ。中華パッドの背面カメラは役に立たない....

最近、次々と年末商戦に向けて発売されている7インチ型もしくはそれに類似のタブレット端末。

特に最近では個人的に注目度が高いのがamazonのkindle fireHD(キンドルファイアーHD)。プロセッサーはデュアルコアながら、その価格15800円は、同じく16GBのメモリーを積むgoogleのNexus7(ネクサス7=こちらのプロセッサーはTegra3でクアッドコア)の価格19800円と比べても4000円安い。いろいろ、この2つのタブレット端末には違いはあるものの、価格面ではどうしてもamazon kindle fireHDに目が向いてしまいますね。

ところで、この2つのandroidベースのタブレット端末にあるようでないのが、背面カメラ。いわゆるディスプレーの反対側についているバックカメラです。skypeなどテレビ電話に使うためにフロントの自分撮り用のカメラは大体の機種にはついていますが、背面カメラとなるとどうしても機種が限られてきます。

この手のタブレットで写真撮る人もそれほど多くないけれど、確かに観光地行くと、iPad両手に記念写真撮っている人も意外と存在するんですよ。あんなに大きなタブレットを両手に持ちながら。

iPadの背面カメラ、実際に使った事のある人はわかると思うけど、すごく優秀。オートフォーカスの上に、暗いところでもきれいに映るソニー製の裏面照射型のセンサーを積んでいるので、ほんとうに綺麗に映ります。今度、新しく発売されたiPad miniもほぼ同じ性能のカメラなのでかなり期待できると思いますが、いかんせんiPad miniのお値段が2万円台後半。高いですわ。

ということで、世の中には、このほかにも第三勢力のタブレット端末であるいわゆる中華パッド、中華タブレットと呼ばれるモノが存在しています。これらは中国メーカーが作っているタブレット端末を業者が輸入しているものですが、7インチ程度のディスプレーのものでデュアルコアプロセッサーを積んだものでも、1万円前後で買えちゃうのがなんといってもその魅力。

最近、評判が結構いいのがAinol Novo ElfU。これ、タッチディスプレーの反応も良くて、かなりコストパフォーマンスがいい中華パッド。自分も1台買おうかなと迷ってます。

しかし、中華パッドに興味を持つ人の中には、iPadのような背面カメラがほしいということで、背面カメラの付いた中華パッドをちょっとお金を出して購入する人もいるかと思いますが、ちょっと待った。

中華パッドの背面カメラには期待しちゃだめですよ。実際、自分もONDAというメーカーの背面に200万画素のカメラ積んだもので、背面カメラのないモデルより4000円ほど高かったけど購入しましたが、これがダメダメ。ピント合わせはもちろんパンフォーカス(焦点固定。オートフォーカスじゃないですよ)、しかも、室内に入っただけで光量が足りずに写真がブレブレで、記録程度にしか使えません。写真の色目もダメ。

とてもじゃないが、中華パッドの背面カメラで記念撮影しても、ないよりあった方がまし程度の存在で、全く拍子抜けの背面カメラ性能です。おそらく他社の中華パッドメーカーのカメラスペックをみてもほぼ同じだと思います。中華パッドのカメラはダメダメでほぼ役立たず。カメラも両立して綺麗に写真が撮りたいと思うなあ、現状、お金出してでもiPadもしくはiPad miniを買った方がいいと思います。

中華パッドに興味のあるかた、欲張らずに前面カメラ搭載のみの安いモデル買った方がお得ですよ。

参考記事楽天kobo touch(コボタッチ)をただで送りつけてきた。年会費10500円の楽天プレミアムカードだから... の記事
     iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格.... の記事
Nexus7(ASUSエイスース)の実機を店頭で触ってみました。バッテリー交換は8400円 の記事
     Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット

2012年10月26日

楽天kobo touch(コボタッチ)をただで送りつけてきた。年会費10500円の楽天プレミアムカードだから...

kobo touch(コボタッチ)といえば、楽天が満を持して市場に送りだしてきた電子ブックリーダー。

先日、発売されたiPad miniとは性質の異なる製品ですが、iPad mini発表と同日、発表されたamazonのkindle paper whiteと同じ性質の電子書籍を読むための端末として、今年7月に発売されました。

その楽天のkobo touch、同じく楽天グループが発行する楽天プレミアムカード会員の一部の人に無料で、しかも、何の前触れもなく送ってきたということで、送られてきた人はかなりびっくりしているようです。こんなの買ってないのに、誤発送か? と思った方も多いようです。

10500円の年会費の楽天プレミアムカード会員。それなりの年会費は払っているけれど、売価が7980円のkobo touchだけにおくってもらえた人はさぞかし嬉しいだろうな。

実は自分は7980円払ってこのkobo touchを購入したので、ああ、自分もただで欲しかったと思っているひとりですが、年会費10500円払ってまでもカード、新たに一枚作りたいとは思わないしね。

しかし、この楽天のkobo touch、一体全体、原価はいくらなんでしょうかね。ただで配るとは。もちろん、電子書籍を買ってもらうには書籍リーダーをただで配布し、のちのち購入してくれるであろう電子書籍の代金で利益を図ろうというビジネスモデルではあるけれど、ただ配るとは。うらやましい...。

参考記事iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格.... の記事
Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事


posted by MT at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。