携帯電話会社にひとこと言いたい ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年09月21日

携帯電話会社にひとこと言いたい

昨今、携帯電話キャリアのソフトバンクモバイルがボーダフォンを買収
したあと、980円という価格ホワイトプランという通話料金プランを発表し、そしてナンバーポータビリティー制度の導入もあり、かなりの顧客を他の携帯電話キャリアから獲得した。

ソフトバンクモバイルの価格攻勢に一定の効果を見たせいか、他の携帯キャリア、最大手のNTTドコモとauも入った月からいきなり基本使用料金半額にするプランを発表、巻き返しをはかっている。

自分自身、auを使っている。先日、携帯ショップにて新型携帯を見てみようと足を運び、値段を聞くとともに料金プランについて聞いてみた。実は10年近くもauを使っており、長く使っているユーザーときのう、きょうから使い始めた新規ユーザーで何か、メリットは違うのか?と訪ねたところ、販売スタッフの答えが「以前ほど長く使っている人のメリットはありませんね。何かあるといったら2年間いないに解約した場合の違約金がいらないことくらいでしょうか」。

いや、auの場合、いきなり半額になるプラン「誰でも割」の場合、2年以内に解約すると一定の違約金が取られるのである。しかしそれでは長く使っているauユーザーは何のメリットないのではないだろうか?

当然、各ユーザーにとって基本料金の値下げはうれしいことで、また新規ユーザー獲得も必要なことである。しかし、長く使っているユーザーが一番、大事なんじゃない?固定客ですよ、固定客。固定客をないがしろにしてどうするのか?と思うのですがね。

商売の基本から言えば昔からのお客を大事にするから使うわけであって、もう少し長期ユーザーに対する恩恵を与えるべきではないでしょうか?

おそらくNTTドコモにせよ同じようなことだろうと思う。ちょっと各携帯電話各社はもう少し考えて商売して欲しいですね。
posted by MT at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(3) | 社会一般
この記事へのコメント
こんにちは・・・。長い間お付き合いのあるユーザーを大切にしなさい!ってご意見賛成です。

ユーザーは会社よりも料金や機能など目先の判断で選んでしまうことが多いですから、
MNPが導入されしばらくは目先の販売戦略に捉われるのも仕方ないかもしれませんね。

私は、「その内固定客を維持する方向に変わること」を期待してauを使っています。
Posted by 女神 at 2007年09月22日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56519902
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

携帯の料金プラン・料金体系が変わる?
Excerpt: 携帯の料金体系が変わるらしい。どうやら1円ケータイも無くなるらしい・・・。 「携帯の端末代金・通話料を明確にしよう」というプロジェクトが総務省で着々と進行、ドコ
Weblog: Melody Talk
Tracked: 2007-09-22 00:24

【 ホワイトプラン 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: ホワイトプランに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-09-22 01:28

0円、1円ケータイをなくすと言うことは?
Excerpt: 携帯電話。その普及度は目を見張るほどになった。 そして、その牽引役の一つが端末の安価での提供にあったことは間違いないと思われる。多少、通話料が安くとも初期コストとしたの端末購入価格が5万円もになった..
Weblog: もっともっとこんな日記ですが
Tracked: 2007-09-22 16:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。