前厚生労働省のお役人、なにをいまさら、そんなの当然じゃない? ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年09月14日

前厚生労働省のお役人、なにをいまさら、そんなの当然じゃない?

厚生労働省九州厚生局の松嶋賢前局長(59)が社会福祉法人の前理事長(80)から高級車や多額の現金を受け取っていた問題で、同省は13日、松嶋前局長に対し、局長在任中の給与など10カ月分に相当する約1000万円を自主返納するよう要請した。前局長は応じる方針で誓約書を提出した。

処分対象とならない退職後の国家公務員に対し、国が事実上の懲戒ともいえる給与返納を求めるのは異例。

厚労省は現金授受などについて「国家公務員倫理法に照らせば、在職中ならば停職10カ月に相当する」と判断。10カ月分の給与と手当計1063万円の自主返納を松嶋前局長に求めた。

                   (NIKKEI NETより抜粋)

国家公務員倫理法というものの詳細はよく分からない。しかし、亡くなったこの松嶋前局長の奥さんと、社会福祉法人の前理事長の奥さんがいとこ同士という理由だけで、3台も立て続けに高級乗用車をくれるなんていくら親戚同士とはいえおかしいとおもいませんか。

少なくとも私の回りに親戚同士でそんな高級なモノをプレゼントする人なんて見たこともございません。

しかも、毎年会うたびに10万円をもらっていた?毎年子供の結婚式があってお祝いをもらうわけじゃあるまいし、また子供の駄賃じゃあるまいしいい年齢の人間がなにを訳の分からないいいわけをしているんですかね。

自宅を改築したときのローン1500万円を返していない?借りていたんじゃなくてもらったんでしょ。日本語の言葉遣いが違いませんか?

セルシオ(高級乗用車)と現金1500万円は社会福祉法人の前理事長に意向を示した?今更返しても、車は分かるけどお金は返すかどうかなんて分からないですよ。

給与の10ヶ月分にあたる1063万円を国庫に自主返納するよう誓約書もとったという話ですが、国民感情としてはそんなこと当然で、世の中にはもっともっと甘い汁すって寄生しているトンデモ役人がたくさんいると思うんですけど....。


posted by MT at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。