競歩の山崎選手救済されず。あまりにかわいそう ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年09月07日

競歩の山崎選手救済されず。あまりにかわいそう

先日まで行われていた世界陸上の男子50キロ競歩で、日本のエース山崎勇喜選手が、競技場に入る手前で審判団の誘導ミスで1周足らずにゴールした問題で、日本陸連として「結果としてレースは成立しなかった」して、五輪代表としての救済措置は適用しない方針を明らかにした。

私も世界陸上のあの男子50キロ競歩山崎勇喜選手のレースはテレビで観戦していたが、はっきりってあそこまで一生懸命歩いて最後はバテ気味ではあったものの、日本人選手としてはかなりがんばっていた。

ところが最後、誘導員が1周まだあるのに勝手に間違えて長居陸上競技場内に導いてしまった。誘導員の仕事はきちんと誘導することだけでしょ。間違えたのはどっち?レースが成立しないのは分かるが、もうちょっと日本陸連も柔軟性を見せたらいかがなものだろう。

日本陸連としては再考の余地もあるとしているが、そんなにもったいぶらずに今すぐ決めてあげたらいかがなものか。

山崎勇喜選手もあまりにかわいそうな気がする。
タグ:世界陸上
posted by MT at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。