世界陸上大阪大会、本日開幕、室伏広治選手に期待 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月25日

世界陸上大阪大会、本日開幕、室伏広治選手に期待

世界陸上大阪大会2007が本日、大阪・長居陸上競技場を舞台に開幕する。

9月2日までの9日間にわたり、計47種目で熱戦が繰り広げられるが、これで陸上競技世界選手権が日本で行われるのは2回目。今回が第11回目の陸上の世界選手権になる。

個人的にはハンマー投げの室伏広治選手と400メートルハードルの為末大選手に期待するが、どうなるでしょうね。よく考えると室伏広治選手はアテネ五輪の金メダリスト。なんだかかなり前の話で室伏広治選手がアテネで金メダル取ったことも忘れてしまっているが、今回も取ってみんなの記憶に残って欲しい。

今日の朝7時、男子マラソンから世界陸上大阪大会が幕を開ける。雨がじゃまだけはしないように祈りたい。

しかし、この残暑厳しい最中、いきなりマラソンとはマラソン選手もさぞかし厳しい走りになると思うし、ちょっとこの時期にマラソンとは?と思うこともあるが、脱水症状にだけは気をつけて完走して欲しいものです。

タグ:世界陸上
posted by MT at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。