白い恋人、そこまでして食べたい? ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月22日

白い恋人、そこまでして食べたい?

札幌の石屋製菓が生産する北海道みやげの代名詞とも言える「白い恋人」が、北海道の各おみやげやさんから消え去ってから数日が経つ。

その「白い恋人」の18枚入り945円のタイプの物が、なにやら4999円でヤオフク(ヤフーオークション)で入札されているみたいだ。

このヤフーオークションのものは多分、賞味期限内のものと思うので、その点はいいかもしれないが、そこまでして食べたいお菓子?

私も「白い恋人」というお菓子をおみやげにもらって食べたことはあるが、そんなに美味しいという印象は全くない。それほど特徴のないものだったと記憶する。

むしろ六花亭のマルセイバターサンドのようにまったりとして濃厚なお菓子なら舌に残って何度でも食べたい。マルセイバターサンドなら天下一品のこってり味のように、やみつき状態になりそうだが、白い恋人ってそんなに後味ひくお菓子だっただろうか。

まあ、人の嗜好は十人十色、一概には決めつけることはできないが...。

マルセイバターサンド(30個入)【se50】



posted by MT at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52317227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。