また中国製品、子供服から発ガン物質 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月21日

また中国製品、子供服から発ガン物質

ニュージーランドで販売されている中国製の子供服から、発がん性が確認されている化学物質ホルムアルデヒドが大量に検出されていたことが分かり、ニュージーランド政府は20日、緊急調査に乗り出した。

 同国の民間テレビ局TV3の消費者番組に依頼された政府系機関の研究員が、一般の小売店で販売されている羊毛や木綿製の子供服から、安全とされる量の900倍に相当する濃度のホルムアルデヒドを検出したという。

 同テレビによると、この量のホルムアルデヒドは、がんのほか、皮膚炎や呼吸障害を引き起こす可能性がある。同テレビは21日に番組を放送する予定で、それまでは商品名などは明らかにしないとしている

                   (以上読売新聞より)

いやいや、今度は食べ物ではありません。服です。以前、おもちゃからの鉛の話がありましたが、また中国の毒物ばらまきです。

しかも、安全とされる900倍の濃度ということで、末恐ろしい。今日本に出回っている衣料品の何十%が中国製でしょうか。ある調査では世界シェアの70%が中国生産衣料品のようです。あまりにもひどすぎる。怖いです。

特に子供服はいろんな刺激に対して敏感です。皮膚炎や呼吸障害を引き起こす可能性?なにを言ってるんですか、それってとんでもない大問題ですよ。

我々は知らず知らずに中国製品を買っていますが、極力、中国製品を避けて通るような生活をしないとどんどん身体がむしばまれていくような気がします。消費者は自ら防衛しないと本当にまずい時代です。

タグ:中国
posted by MT at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52150292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。