カシミヤ、着る物までか、中国よ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月05日

カシミヤ、着る物までか、中国よ

またか、中国か、いい加減にしてよ。食べ物だけでなく着る物まで...。

中国の毒野菜といい、毒ハミガキといい、身体をむしばむ毒だらけ食品で問題になった中国産品だが、今度はカシミヤか。

カシミアは着る物なので毒だとかそういった問題ではないが、今度は品質虚偽の問題である。

先日、「カシミア100%」表示されていた中国産のカシミアセーター、マフラーにカシミア以外の動物の毛が混ざっていることが判明し、
自主回収したが、どうもこの毛が混入されているのは意図的とのことだ。消費者としてはカシミヤ100%として買った物が他の動物の毛が混ざっていてはなはだ

この混入しているかどうかの検査が非常にコストがかかるため数社では中国でのカシミヤ製品の生産を取りやめるところもあるという。

とにかく中国製品は悪かろう安かろうなら百円ショップだけで十分(百円ショップでもそんなことは当然、許されないですけどね)。もううそつき中国製品は買いたくないです。でも、実際問題、ブランドのアパレル商品やスポーツウエアもMADE IN CHINAが大半。従って買わざるえないのです。いやだいやだ。まあ、アディダスやナイキといったところはかなり生産管理もしっかりとしていると推測はできるので多少は安心ですが。

中国に進出している大企業ももう少ししっかりした東南アジア諸国の国々に生産システムを移動させた方が企業リスクも減ると思います。日本の中小企業が中国へ出ていってだまされて帰ってくる話もよく聞くし、これだけ中国の生産品に対する問題が出てくると中国国内での現地生産も考えた方がいいと思いますね。

いま、ベトナムがなかなか工場誘致にも熱心、現地の方も非常に勤勉だと聞きます。こういった国々に拠点を移すのも中小企業の海外生産リスクを減らす一考じゃないかとも思います。


タグ:中国
posted by MT at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 中国問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アディダス CLIMAPROOF クルーネック ウ
Excerpt: <サイズについて>USAサイズですので、日本サイズより大きめです。上記のサイズ実寸表を必ずご確認下さい。プルダウンにないサイズは品切れ中です。<他のカラーへはこちらから>ブラック/ストーン・「ウェアラ..
Weblog: セーターがたくさんあります
Tracked: 2007-08-15 07:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。