フルキャストよ、おまえもか、というよりやっぱりか ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月03日

フルキャストよ、おまえもか、というよりやっぱりか

厚生労働省は3日、人材派遣会社大手の「フルキャスト」(本社・東京都渋谷区)に対し、労働者派遣法に基づき一定期間の事業を禁じる事業停止命令を出すことを決めた。同社は同法違反で業務改善命令を受けているが、その後、同法で禁じられている港湾荷役業務に労働者を派遣していたため処分する。同日午後に同社の担当者を呼んで命令書を渡す。

 フルキャスト関係者らによると、今年5月に関西の事業所が兵庫県内の港湾エリアで複数の労働者を派遣し、ペットボトルの仕分けなどの荷役作業をしたという。労働者派遣法では、危険を伴い専門的な知識や技術を必要とする港湾運送業務や警備、建設業への派遣を禁じている。

 同社は昨年8月に神奈川県内の支店が建設現場に労働者を派遣していたことが発覚、神奈川労働局から是正指導を受けた。その後も甲府支店で警備業への労働者派遣が発覚、仙台市内の警備会社でも同様の派遣があったとして宮城県警の捜索を受けている。今年3月には、同社の全国の53事業所が建設や警備業への派遣を繰り返していたとして東京労働局が業務改善命令を出している。

 こうした中、今回新たな違反が発覚したため、厚労省は、より重い処分である事業停止命令が必要と判断した。悪質性が高いとみて、全事業所が対象になる可能性が高く、一定期間新たな派遣ができなくなる事態も予想される。同法に基づく事業停止命令は、昨年10月に大阪労働局が人材派遣会社の「コラボレート」に出している。

 フルキャストは日雇い派遣で最大手のグッドウィルに次ぐ大手で、1日に1万人を超える労働者を派遣しているという。
                      【毎日新聞より引用】

労働者派遣法は平成16年3月1日の改正ですでに製造業への派遣が解禁されている。その結果、今の製造業では平然と擬そう請負の問題などが横行、社会問題化している。

基本的に今現在、労働者派遣法においては建設業、警備業務、港湾業務、及び原則的には医療業務に人材を派遣することができない。

以前、日本では江戸時代の人夫貸しとよばれる人材仲介を生業とする人たちが存在し、昔はヤクザ稼業とされていた。建設業や港湾業などでは建設労働者がこうした昔ながらの名残で、中間搾取で賃金を搾り取られる劣悪な環境ではたらかされてきた流れを受け建設業務、港湾業務の労働者派遣を禁止している。

フルキャストは何度も建設現場への労働者派遣、港湾作業現場への労働者派遣を繰り返しており、こうした行政命令を出されても当然である。コムスンの親会社グッドウィルといい、このフルキャストといい、時代の流れにのって業績を伸ばしてきたが、その裏にはCSR(企業の社会的責任)なんて糞食らえ的な、利益追求しか頭にない経営理念があったに違いない。

人材派遣業者、とくに単純労働者派遣業者がいかにも一流企業のように大きな組織になり、世に名が知られるようになっているが、その内情たるやは単なる中小企業のそれであり、法令遵守というコトバなどまるで意に介していない気がするのだが、それが人材派遣業の実態か?

フルキャストよ、おまえもか。というよりやっぱり


posted by MT at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。