またかなづち頭のサメが ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年08月02日

またかなづち頭のサメが

福岡県の古賀市や新宮町沖の玄界灘で1日、海岸近くでサメやエイ、計数百匹が泳いでいるのを発見、県警が海水浴客らを非難させた。サメはアカシュモクザメと見られるらしい。

何年か前に、確か島根県でもシュモクザメ、いわゆるハンマーヘッドと呼ばれるサメが発見され、日本海川の綺麗なエメラルドグリーンの海にサメが海面近くをさまよう映像を見た覚えがあるが、いつ見てもサメは怖いです。

サメの仲間でも人を襲うサメというのは限られているみたいで、このシュモクザメも人を襲うことは少ないみたいだが、そうはいってもいわゆる「人食いサメ」の仲間の一種。海水浴場にもし現れたら、自分だったら大パニックになるでしょうね。

夏シーズン真っ盛りの最中、海水浴場にとってはこのサメの到来は大打撃で、おそらく海水浴客も大激減になると思いますが、海水浴よりも人命が大切だから仕方ないですね。

今回のサメが発見された福岡の玄界灘沖は綺麗もエメラルドグリーン。綺麗なバラにはトゲがある、といいますが、綺麗な海にはサメがいるてことでしょうかね。
posted by MT at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50017553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。