中国肉まん、ねつ造のねつ造 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年07月19日

中国肉まん、ねつ造のねつ造

先日、肉まんに段ボールを溶かして具に混ぜていたという報道がありましたが、あの報道自体がねつ造したものだったとのニュースが報道されました。北京テレビのスタッフが地方から出てきた人間にやらせたいわゆるやらせ報道だったというのです。

そもそも中国のように言論統制されている体制の国家で、自国のイメージを壊すようなねつ造番組を作って流すという事自体が意味不明だし、またそれがねつ造であったと今更発表するのもよく分からないことです。

中国の国家全体が何が本当で、何が嘘で、どこに真実があるのかさっぱり分からないような国では、すべての事象を信じることが全くできません。北京オリンピックがあるからイメージを良くしておきたいとの中国の戦略があるのかもしれませんが、中国に対するイメージはますます悪くなるばかり。

そんななか、またもや中国製の乾電池が発火したなんてニュースまで飛び込んでききましたね。

全く、中国という国はなんなのか?正直言って存在するのは結構ですが、その他の国々に迷惑をかけない国家になっていただきたいものです。

日本の民間業者も中国製品など輸入してほしくないですし、日本も国をあげて中国の製品、農産物、また不良外国人の流入を何とかしないと日本の国自体がおかしな話になってきかねません。正直な話、日本国民全体は中国に大迷惑をこうむっています。
タグ:中国
posted by MT at 06:41 | Comment(0) | TrackBack(2) | 中国問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

便座発火で問い合わせ4万件、TOTOが無料で点検・修理
Excerpt: 温水洗浄便座(ウォシュレット)と便器の一体型製品「Zシリーズ」の一部で発火が確認されたTOTOは、17日から無料での点検・修理を始めた。 使うことに価値のあるものは、使うほどに価値がでる。 ..
Weblog: 35歳女ビルオーナーのダイエット日記
Tracked: 2007-07-19 15:36

中国とイギリスの番組ねつ造問題:段ボール肉まん、視聴者参加番組:「善意」の欺瞞
Excerpt: 北京で段ボール入りの肉まんが作られているという報道はねつ造でした。 おそらく世界各地の報道機関が、この報道に釣られてしまっただろうし、特に日本ではミートホープの食肉偽装問題がタイムリーに話題になって..
Weblog: フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う
Tracked: 2007-07-19 22:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。