次期国産ジェット ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2007年06月19日

次期国産ジェット

パリの航空ショウで次期国産旅客機、三菱重工MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の実物大模型が披露された。

国産旅客機といえば、随分前のプロペラ機YS11型機を思い出させますが、今回は当然の事ながらジェット機で、従来の同型のジェット機よりも20lの燃費オフを目指して開発してするとのことで、日本人としては楽しみです。

私は小型ジェット機というのには全く乗ったことがなく、小さい飛行機は揺れるなどちょっと乗りたくないのに加えて、先日のボンバルディア機の車輪が出なかったりマイナスのイメージがあるのですが、日本製ジェットが出てきたら一度は乗ってみたいと思います。

ただ海外旅行や、国内旅行では、どうしてもジャンボジェットなどの大型機に乗ることが多いので、100人ほどの乗員の飛行機に乗る機会というのはあまり多くないです。こういった規模の飛行機は離島へ行く便や地方都市へ行く便が多いんでしょうね。そうなるとさらに乗る機会が全くないというのが実状です。

とにかく開発が順調に進んで、世界に日本の翼が飛ぶところを見るのは楽しみなことですね。






posted by MT at 07:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
この間は、私のサイトにコメントありがとうございました。
MRJは私もすごく心躍らされます。そしてパリ航空ショーにはすごく行ってみたかったです。
ちなみに
http://itempo.jp/airline/column/as_column011.html
のサイトで私の好きな方がMRJについてコラムを書いてくれています。もしよかったら見てみてください。
Posted by マグドネル at 2007年06月23日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。