発泡酒や第3のビールの税金をビールと同一にする方向。ならビールしか買わないでしょ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2015年08月30日

発泡酒や第3のビールの税金をビールと同一にする方向。ならビールしか買わないでしょ

財務省が、現在発売されているビールと、そのほかの「発泡酒」や「第3のビール」の税率を値上げして、逆にビールの税率を減税し、すべてを同一の税率にそろえる方向で見直す方針である、とのニュースが出てきました。

現在のビール系飲料全体での税収が変わらない、350mlで55円程度の水準の税率にするそうです。ビールという定義の見直しになるわけですが、これは110年ぶりとのこと。

確かに各ビールメーカーは、ここのところ税率の安い発泡酒や第3のビールの開発を中心に行ってきたわけですが、この税率変更の方針で各メーカー、本来の「ビール」へ、開発の中心が進むんじゃないでしょうかね。

確かにここのところ、われわれ消費者も値段が安いので、酔えればいいやという考えで、「発泡酒」や「第3のビール」という税金が安い、すなわち販売価格も安いアルコール飲料を中心に飲んできました。でも、よく味わえばわかるけど、やっぱりビールのほうが絶対においしいですからね。値段が変わらないなら本当の意味でのビールが飲みたいもん。

もし、販売価格がそれほど変わらないなら、わざわざ雑味がある、味が劣る「発泡酒」や「第3のビール」なんか買う人いなくなるでしょ。もちろん、メーカーが販売価格を安く抑えれば話は別ですがね。

大雑把にいえば麦芽の使用比率によってビールと発泡酒の差が生まれ、第3のビールは麦芽を全く使わず、その他の原料、例えば穀類、糖類などの原料を用いてつくられたものとなるわけですが、やっぱりビールらしさというか、ビールの色や風味を決めるのは麦芽です。

なので、やっぱり普通の人は、現在のカテゴリーのビールが一番おいしく感じられるでしょう。普通に考えるなら、原材料の値段が変わらないなら、やっぱりビールを飲む人が多くなり、今ある発泡酒や第3のビールが衰退すると思いますが、どうでしょうね。

posted by MT at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。