ピース又吉芥川賞受賞の「火花」の印税、吉本興業が半分をピンハネ。とんでもないブラック企業じゃない ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2015年07月17日

ピース又吉芥川賞受賞の「火花」の印税、吉本興業が半分をピンハネ。とんでもないブラック企業じゃない

お笑いコンビ、ピースの又吉直樹が小説「火花」が芥川賞を受賞しました。純文学新人作家の登竜門にして、最高の栄誉をものにした又吉直樹。お笑い芸人が芥川賞を取ったのは初。すごいですね。

その小説「火花」、電子書籍でちょっとだけ安いので買おうかどうか迷っていますが、それはさておき、その又吉直樹の「火花」、今現在64万部が売れているらしく、その印税収入は約8300万円ほどになるとか。そしてニュースを見たら、そのうち所属の吉本興業を経由して又吉直樹自身には4000万円ほどが入る予定、と書いてありました。

なに、8300万円のうち、半分の4300万円を吉本興業がピンハネするの? 吉本といえば、芸人の間でピンハネがひどいと評判ですが、本を出した印税までぼったくる? とんでもない会社やな。

昔、着ボイスでレーザーラモンHGに億単位の金が入るはずのところを、500万円ほどしか払わなかったという笑えない話もあるようで、あんな会社の所属芸人になっても夢ないよね。お笑いの方でマージン搾取するのはわかるけど、小説の印税のピンハネはとんでもない話のような気がする。お笑い芸人もやっぱり所属事務所は選んだ方がいいですな。

なんだか、又吉直樹が小説で芥川賞を取ったといういい話が、吉本興業のピンハネ話で「又吉直樹がかわいそう」に、と思ったのは自分だけでしょうかね。


posted by MT at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422530149

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。