元横浜ベイスターズの大家友和投手がナックルボーラーになって大リーグブルージェイズに入っていた ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年12月17日

元横浜ベイスターズの大家友和投手がナックルボーラーになって大リーグブルージェイズに入っていた

大家友和投手といえば、2011年まで日本の横浜ベイスターズ(現DeNA)に所属していた選手。日本での活躍はほとんどなくやっぱり2002年から所属していたアメリカ・大リーグ、モントリオール・エクスポズでのピッチングが強く印象に残る選手でした。

肩の故障のため、腕にメスを入れた後に横浜ベイスターズから自由契約、そして今シーズンは独立リーグのBCリーグ、富山サンダーバーズに入団したことは知っていましたが、その後、今年の12月にふたたび、アメリカ大リーグ、トロント・ブルージェイズとマイナー契約を交わしたことが発表されました。

独立リーグからマイナーとはいえ、メジャー球団と再契約ってすごいと思うのですが、その大家友和投手、いつの間にか、ナックルボーラーに転身していたということです。びっくりです。全く知りませんでした。

野球の独立リーグといっても、マスコミではほとんど騒がれませんし、取り上げられるのもほぼ、そのチームがある所在地のローカルテレビ局くらいなので、彼らがどんな活躍をしているのかさっぱりわかりませんでしたが、150キロとスピードで活躍していた大家友和投手のイメージからすると100キロ程度のスピードの「ナックルボール」という球種を投げる姿が思い浮かんできませんでした。肩にメスを入れてから球速が元に戻らなかったといいますから、大家選手が野球を続けていくならこういう選択肢しかなかったんじゃないでしょうかね。

メジャーでも屈指のナックルボーラーだったティム・ウェークフィールドなどの投球も研究して、難しいナックルボールを何とか習得した大家友和投手、来年、マイナーからナックルボール一つでメジャーへあがるとなるとなんだか夢がありますね。なんだかメジャーのテレビ中継で彼の姿が映し出させるのが見てみたい気がしてきました。ぜひとも頑張ってほしいものですね。

posted by MT at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382912517

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。