auから新型ガラケー京セラ「GRATINA」発売。ガラケーはまだ終わっていなかった。売りはバッテリー持ちの良さ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年08月29日

auから新型ガラケー京セラ「GRATINA」発売。ガラケーはまだ終わっていなかった。売りはバッテリー持ちの良さ

auがなんとガラケーの新製品を発表しました。それが京セラ「GRATINA(グラティーナ)」。

auガラケー京セラ「GRATINA(グラティーナ)」画像.jpg 

auがガラケー、いわゆるフューチャーホンを発売するのは1年ぶりです。自分的には今年のau、もうガラケーの新製品は出さないんじゃないかな、と思っていたので、この新製品の発売はガラケーユーザーにとってはいいニュースですね。昨年のauのガラケー新製品、2012年9月に販売しているので、発売時期はもともとこの時期といえばこの時期だったんでしょうね。

今回、auが販売するガラケーの新製品「GRATINA」、現在もauにガラケーを提供している京セラの製品。もう1社、auにガラケーを提供している韓国のパンテックは今年はガラケー新製品を出さないのかな? 昔のように、1年に何回も、何十機種もガラケーが発売されていたあの頃が懐かしい...。

この京セラのガラケー「GRATINA」、最大の売りがそのバッテリー持ちの良さ。通常のバッテリーより大きな1020mAhの大容量バッテリーに加えて、消費電力を抑えてくれる「長持ちモード」採用されているので、なんと待ち受け時間は約710時間と長くなっています。最近はひたすら薄くを目標に作られてきた日本の携帯ですが、携帯のサイズがたとえ大きくなっても、携帯電話のバッテリー持ちの良さは消費者が求めているものだと思うので、これは悪くはないですよね。

この京セラ「GRATINA」、選べるカラーがオレンジ、ピンク、イエローグリーン、ホワイト、ブラックの全5色で、デザインにうるさい女性にも選ばれそう。カメラ機能は並みの今どきの性能ですが、電池持ちがいいというだけでも結構なセールスポイントではないですか。

最近はスマホに押されてガラケーユーザーは肩身の狭い思いを続けていますが、もう少し、ガラケーの新しいモデルの発売が増えてくると喜ばしいんですが、それはやはり無理かな。

posted by MT at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。