ガラケーを中古で買わないといけないなんて。スマホは要らない ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年08月05日

ガラケーを中古で買わないといけないなんて。スマホは要らない

自分、現在、auの携帯電話を利用してます。現在、流行のスマートフォンに乗りかえるつもりは全くありません。今、使用しているガラケーの携帯電話も使い始めてそろそろ4年くらい経つので、そろそろ気分転換に携帯電話も機種変更したいなあ、と思い始めました。

そこでちょっとauのホームページでガラケーすなわちフューチャーフォンの機種を調べてみたら、なんと今年発表の最新モデルがありません。新しいものでも、本格的にところが、全然知りませんでしたが、auはカタログでも昨年発売の2012年夏モデルしかありません。しかも、1種類は韓国メーカー・パンテック社製。そして1種類は京セラのお年寄り向けの簡単携帯、もう1種類が京セラの製品。欲しい機種が全くありません。

仕方がないので、ネットで白ロム携帯も見てみましたが、新古といわれる白ロムは2万円から3万円します。高い。3、4年ほど前なら1万円以下の未使用新古のガラケーがけっこうあったのに、それも今はあまりない。いつの間に携帯がこれだけ高くなってしまったんでしょうか。

ということで、とりあえずネットで売っていた比較的状態の良い中古のカシオのガラケーを購入、これを今後使っていくつもりです。しかし、携帯各キャリア、これから稼ぎ頭のスマホに移行させようといろんなキャンペーンを行ってスマホに買い換えさせようとするんだろうけど、自分はスマホに移行しようとは思いません。だって、どう考えても通信料が月々高いですからね。それに必要ないですしね。

ちょうど、先日NECが今後、スマホの生産をやめるが、普通の携帯の生産は続けていくとの発表がありました。これからますますスマホの時代ではあるだろうけど、スマホを使いたくないユーザーのためにもガラケーの生産はやめないでほしですよね。




posted by MT at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371024700

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。