クラタペッパー。カンボジアでは超有名な日本人の名を冠した黒胡椒 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年04月20日

クラタペッパー。カンボジアでは超有名な日本人の名を冠した黒胡椒

クラタ...。この名前を聞いて何を思い出しますか? 自分は昔、テレビドラマGメン75でも活躍し、その後、香港映画にも多数出演しているアクションスター倉田保昭氏(古いなあ)を思い浮かべますが、そうじゃないんです。

クラタ...カンボジアではこのクラタ、とっても有名らしいんです。このクラタ、カンボジア語じゃないですよ。日本語のクラタです。日本でも有名な、食卓でもよくみかける、ある調味料のブランド名です。

どんな調味料と言えば、黒胡椒です。黒胡椒って、今や世界で生産量が一番多いのが、1999から2011の調べでは圧倒的にベトナムが1位。2位がインドネシア、3位がインドと続きますが、カンボジアはベスト5にも入っていません。

しかし、その昔、カンボジアと言えば、世界でも屈指の味の黒胡椒を作っていたとか。それがポルポト政権の間に国土は内戦のためにボロボロとなり、カンボジアの黒胡椒はいつの間にか消えてしまったということでした。

ところがある日、その黒胡椒に目をつけたのが、日本人の倉田浩伸氏。カンボジアからいろんな食物の輸出を手がけてみたものの、失敗続きだった倉田浩伸氏。あるとき、彼が昔の文献を読んでいたら、カンボジアがかつて素晴らしい黒胡椒を生産していたこと気づきました。

そして当時3本しか残っていなかった黒胡椒の木を探し出し、その3本の木から接ぎ木をして、現在は大きな胡椒畑にまで木を増やしていったそうです。

そのクラタのブラックペッパーが世界的に認められるには紆余曲折あったそうですが、今や黒胡椒の一大消費国ドイツでもその名を知られる存在となっているそうです。

そんな世界にも名を知られる黒胡椒のブランド・クラタをカンボジアで育て上げた倉田浩伸氏。カンボジアで起業しよう、と思い立ったきっかけが以前、ボランティアでカンボジアへ派遣された時に見たカンボジアの人たちの貧しさだったそうです。

貧しいカンボジアの人たちになんとか仕事をさせてあげたい、雇用を生み出してあげたいと思ったのが、倉田浩伸氏がカンボジアで仕事を始めたきっかけでした。先日のH.I.Sの澤田社長ではないですが、起業して成功する人は、世のため人のためというものがないと幸せな成功に成功するのは難しいようですね。利己のためだけに起業する人はどこかで落とし穴があるようですね。カンボジアで黒胡椒を見事復活させた倉田浩伸氏、なんかこういう人を応援したくなりますね。

クラタの黒胡椒、日本でもアマゾンなら送料無料で買えるということで、自分も購入してみようかな。クラタペッパーは完熟の胡椒を選りすぐっている胡椒なので、他の胡椒とはちょっと違うようですよ。

参考記事澤田秀雄氏、いい生き方してる。アンビリーバブーでH.I.Sの創業秘話やってました の記事


posted by MT at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。