デューク更家のモナコでのチップの多さには驚きました、年収いったいいくらなんだ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年04月17日

デューク更家のモナコでのチップの多さには驚きました、年収いったいいくらなんだ

テレビを見ていたら、モナコ在住のウオーキングドクター、デューク更家氏の奥様、由美子さんの生活ぶりが映しだされていました。

デューク更家氏といえば、その独特のウオーキングで、ダイエット、健康が手に入れられることができるということで、一世を風靡した人物で、今でも日本各地でウオーキング教室を行なっているし、書物の印税や講演会など、収入がかなりあると思われます。おそらくですが、年に数十億の収入があると思われます。

そのデューク更家氏、家があるのはモナコ。モナコヘ家族揃って移住してしまってます。日本でもデューク更家氏の母校である大阪経済大学の客員教授を務めたり、講演会を行ったりウオーキング教室を開催していますが、その全てがいわゆる出稼ぎ。

モナコのもう数年にわたって居住していますし、家族も全員、モナコにいるということから、いわゆる日本での税制上のいわゆる非居住者としての扱いで、日本で払っている税金といえばゼロではないですが、おそらくかなり低いと思います。

一方、モナコの税金も超安いことで知られてますね。テニスのベッカムやいろんな有名人セレブが母国の高額の税金を逃れてこの国へ移住してきます。

このモナコ、住むには本当のお金持ちしか居住できません。まず、安定した収入があってかつ資産が10億以上あるなど厳しいルールがあるので、資産がないと居住できません。もちろん我々、一般ピープルには無理なことです。もちろんデューク更家氏、これくらいは持ってる。まったく余裕でしょう。

ところが、このモナコ、いたるところでお金がかかる。デューク更家氏の奥様、由美子さんもモナコの生活に密着していました。

この国では外へ出るとき、個人も景色と一緒でゴージャスに着飾らないとモナコの人間として見てもらえないようで、上から下、バッグに至るまでたかが近所の郵便局に出かける時でさえグッチで全身着飾って出かけてました。

また、どんな時もサービスを受けた人間にチップを渡すのが習慣のようで、デューク更家氏と奥様、娘さん2人が夕食を食べにホテルへ出かけた時に、ホテルの車を預ける人に20ユーロ(約2400円)、ドアマンに20ユーロ、夕食のサービスマンに20ユーロと、この日の夕食だけで3万円以上のチップを渡していました。お金持ちだらけの国だけにチップの金額だけでも相当な出費になるでしょうね。もちろん車も安物では周りのモナコ居住者に馬鹿にされる。なので、デューク更家氏の奥様、3000万円のベントレーに乗り換えたらしいです。

それでも、この国に住む理由は、それは個人の所得には所得税を課していない国だからでしょう。日本の高額所得者は所得税、住民税と厳しい累進課税を課されて国から搾り取られる金額がすごい額になるでしょうが、モナコに住めばほとんどただ。その税金分をチップや着飾る分にまわしても痛くも痒くもないというもの。

そもそも日本もこれから高額所得者に対してもっと税金を課していこうなんて方針らしいですけど、お上もわかっちゃいないね。どんどん金持ちは海外逃げてっちゃうよ。

まあ、それはそれとしてデューク更家氏、あれだけのセレブ生活ができるのは羨ましい限り。あやかりたいものですね。

posted by MT at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355734740

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。