Amazonタブレット「Kindle Fire HD 8.9」が日本で発売。タブレットブームも鎮静化 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年02月28日

Amazonタブレット「Kindle Fire HD 8.9」が日本で発売。タブレットブームも鎮静化

Amazonタブレット「Kindle Fire HD 8.9」が日本で発売、その予約が昨日からamazonで始まっていますね。今回発売されたAmazonタブレット「Kindle Fire HD 8.9」、16GBモデルが24800円、32GBが29800円という価格設定となってます。



この大きさで、このスペック、ディスプレーが8.9インチ。iPadのディスプレーのサイズが9.7インチ、iPad miniのディスプレーサイズが7.9インチですから、ちょうど中間ほどの大きさですね。

値段はiPadのwifiのみの32GB50800円に比べて20000円以上も安いですので、Amazonタブレット「Kindle Fire HD 8.9」の方がコストパフォーマンスは高いです。

しかしアマゾンもなんでこの時期にいきなり新しい機種、Kindle Fire HD 8.9を投入してきたのかな。正直な話、ちょっと今、タブレット市場って、昨年末にかなりヒートアップタブレット市場の新製品登場ラッシュで、谷間になっていて、沈静化しているような状態。どうせ新たに大型ディスプレーモデルを投入するなら、もうちょっと宣伝してから、販売開始したほうがいいと思いますけど。

タブレットを欲しがっていた一般ユーザーは大方、アマゾンなりグーグルなりのタブレットを購入したあとで、なかなか「Kindle Fire HD 8.9」を購入しようとする消費者は少なそうな感じだと思うのですが。

売れるかな、8.9インチKindle Fire HD。ちょっと見ものですね。

参考記事アマゾンkindle fire(キンドルファイアー)HDをedionの店舗で触ってきました の記事
posted by MT at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。